< >

仙台フィル 第315回定期演奏会


0094_仙台フィル315定演2_convert_20180121093105


仙台フィルハーモニー管弦楽団 第315回定期演奏会

指揮:高関 健
ヴァイオリン:青木 尚佳

ベートーヴェン:「レオノーレ」序曲第3番
ハチャトゥリアン:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調
シベリウス:交響曲第5番 変ホ長調 作品82

日立システムズホール仙台コンサートホール

0097_仙台フィル315定演5_convert_20180121093222


仙台フィル、見事な演奏でした。
弦はきれいで、
木管は名人芸を堪能、
金管は迫力があるも乱れず、
打楽器も完璧。


0099_仙台フィル315定演7_convert_20180121093246


ソリストもあれだけの演奏にまだ余裕。


0101_仙台フィル315定演9_convert_20180121093328


そして、演奏している方々以外の
スタッフの皆さんのご努力による楽しいホールの空間。


0102_仙台フィル315定演10_convert_20180121093440


この全体が
仙台フィルハーモニー管弦楽団の実力と感じられました。


0103_仙台フィル315定演11_convert_20180121093530


これもヴェロさんとの12年間の積み重ねの成果なのでしょうか。
退任が残念で、残念でなりません。


0104_仙台フィル315定演12_convert_20180121093618


演奏は素晴らしかったけど今回の曲は私には今ひとつ。


0105_仙台フィル315定演13_convert_20180121093733


ロシアの曲は大好きだし、
フィンランドの森やフィヨルドも感じられたけど…

お下品さ満載の曲といつまでも始まらない曲といった感じ。

レオノーレのトランペットのバンダが印象的でした。


20180119仙台フィル第315回定期_convert_20180121092822







3年連続で!初詣は筑波山🎍


0011_✩山門_convert_20180120215935


今年も筑波山へ初詣。
3年連続の快晴での新年初登山となりました。


0034_✩ロープウェイと霞ヶ浦_convert_20180120220556


このメンバーがフルでそろうのは昨年7月の尾瀬以来。


0063_✩日光連山_convert_20180120221259


久々の登山で、

①テンションが高い人、
②身体が鈍って息切れが激しい人、
③登山靴を忘れてスニーカーで登ってる人、

皆さんそれぞれ楽しんでいました(笑)


0054_✩富士山アップ_convert_20180120220846


今年も皆んなでたくさん登れたらいいな。


0081_下山_convert_20180120221609




12月の読書まとめ

12月の読書メーター
読んだ本の数:12
読んだページ数:3540
ナイス数:114

神の子(下) (光文社文庫)神の子(下) (光文社文庫)感想
面白くて一気に読ませる大作ではあるものの、読む前の想像や期待とは異なった軽い娯楽小説でした。解説の意見とは違って、私は”Aではない…”の方のジャンルを読みたかった。大変だろうが、ぜひこれからはその路線で。ハッピーエンドで救われました。
読了日:12月03日 著者:薬丸 岳
ウェルカム・ホーム! (新潮文庫)ウェルカム・ホーム! (新潮文庫)感想
血の繋がっていない家族の話が2編。どちらも良かったが特に小島さんと娘の話に涙。出来過ぎの結末ではあるが、苦労した母とそれを裏切らなかった娘。全てをハッピーエンドにまとめてもらってとってもうれしい。タケシさん家のノリくんは作文が上手過ぎ。我が家の息子もこんなに出来る子だったら親の悩みも少なかったんだろうな。
読了日:12月10日 著者:鷺沢 萠
ナベちゃんのヨメナベちゃんのヨメ感想
Amazonプライムのおまけにしても酷すぎる駄作。一応読めるが、なんなのこれ?こんなくだらない話を書くことに大切な才能を使って欲しくない。
読了日:12月10日 著者:辻村 深月
正しいストーカー殺人 警部補 姫川玲子 (Kindle Single)正しいストーカー殺人 警部補 姫川玲子 (Kindle Single)感想
これもAmazonプライムのおまけ。おまけの域を出ないものの昨日のよりははるかにマシ。いつものおなじみシリーズで分かりやすいからだけなんだろうけど。
読了日:12月11日 著者:誉田 哲也
天上の飲み物天上の飲み物感想
これまたAmazonプライムで無料。ありきたりだけどストレスなく読める。この超短編、ショートショートシリーズ、作品というよりは作文と言った方が良い。
読了日:12月12日 著者:三浦しをん
暁の寺―豊饒の海・第三巻 (新潮文庫)暁の寺―豊饒の海・第三巻 (新潮文庫)感想
まさに起承転結の転の部、前2巻までの空気感から一変。タイからインドへと輪廻転生の本質を考察する難解な第1部。官能と耽美な世界の第2部。バンコク市内やバンパインなど、行ったことのある場所が出てきてなんとか読み通せたが、インドから先は私の理解力では言葉の表面をなぞっただけで終了。途中、懐かしい人達が登場しほっとする場面もあったものの、フィナーレは怒涛の展開に息をつく暇もなく圧倒された。いよいよ次の巻で完結だが怖しいことになりそうな予感が。
読了日:12月16日 著者:三島 由紀夫
吉田自転車 (講談社文庫)吉田自転車 (講談社文庫)感想
予想外に面白かった。坂道を心拍数を上げて走るのも達成感があっていいけど、こういう日常生活に合わせたのんびりした乗り方にもあこがれる。だけど、ロードバイクだと盗難が心配で自転車を離れてゆっくりできないんだよね。
読了日:12月17日 著者:吉田戦車
なぜ、あの人の周りに人が集まるのか?なぜ、あの人の周りに人が集まるのか?感想
無料本。楽しく読める良いお話でした。MBAの美人女性が経営する不振のコンビニを昔ながらのおばぁさんが立て直す話。思いやりやおもてなしの前提として、ハード面や品揃え、立地などの基本がなきゃダメ。それでも私なら、年に1度の温泉旅行やリゾートホテルでなくコンビニの場合は、おもてなしの店よりも近所で混まない安い店に行くと思う。
読了日:12月17日 著者:志賀内 泰弘
夏のかけら夏のかけら感想
表紙に惹かれてダウンロードしたタダ本。無料なのに損した気分。物語というよりは単なる説明文を読まされている感じ。短編なのに1/4にも到達せずに挫折。Amazonもこんなのプライムにラインナップしてやらせのレビュー載せておくとは、信頼丸つぶれ。
読了日:12月19日 著者:幸田 玲
代償 (角川文庫)代償 (角川文庫)感想
こんな悲惨な物語は読みたくなかったのに…という第一部をようやく乗り越え、何ともじれったさが残る第二部へ。死んで楽をさせるなよという思いを最後はなんとか叶えてもっらたものの、それでも”代償”では言葉の意味として弱いのではないかと思う。こんな悪魔は死刑の上をいく苦しみを与えて、生まれてきたことを後悔させる必要がある。悪意を持った計画的な犯罪者、特に少年の同様の犯罪者にはこうした例は多々あるのではないかと思う。そんな奴らに人権などはない。少年であれ更生などさせる必要はなく、世の中からの排除が正しい処置だと思う。
読了日:12月22日 著者:伊岡 瞬
犯罪者 上 (角川文庫)犯罪者 上 (角川文庫)感想
怖いけど面白い。下巻も楽しみ。
読了日:12月29日 著者:太田 愛
犯罪者 下 (角川文庫)犯罪者 下 (角川文庫)感想
幾重にも重ねられた予測不能のストーリー。圧倒的なスピード感。怒涛の場面展開は映像感たっぷりでまるでドラマを見ているよう。最後もぎりぎりハッピーエンド。エンターテイメント感満載でとても面白かった。次の”幻夏”も購入済み。でも、タイトルはこれでいいの?
読了日:12月31日 著者:太田 愛

読書メーター

続きを読む

福島県立医科大学管弦楽団 第39回定期演奏会


3020_朝のライド12_23_convert_20171223215912


福島県立医科大学管弦楽団 第39回定期演奏会

A.ドヴォルザーク「スラブ舞曲第1番」
P.I.チャイコフスキー 幻想序曲「ロメオとジュリエット」
A.ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界より」

福島市音楽堂 大ホール


3023_医大定演_convert_20171223220043


今回もお見事な演奏でした。

いきなり総員でぶっ飛ばす。
ロミオとジュリエットも金管が頑張る。

だけどやっぱり新世界。

イングリッシュホルンも、
フルートも、
ティンパニーも、
みんなが頑張ってるのが分かる。

だからこその感動。
涙でした。

シンバルもちゃんと見てました。


3025_医大定演3_convert_20171223220259


昨年プロかと思ったヴァイオリンの方、
2vnの後方にいらっしゃいました。


DNw8W9HU8AEb58d_convert_20171223220652.jpg



2917年11月の読書まとめ


11月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:2020
ナイス数:74

冷蔵庫を抱きしめて冷蔵庫を抱きしめて感想
面白く気楽に読めて一気でした。暇つぶしにはちょうどいい。1編だけ意味不明な物語がありました。
読了日:11月05日 著者:荻原 浩
ブラック オア ホワイトブラック オア ホワイト感想
真面目な浅田さん。ちょっと難しくて入り込めなかった。ここ10年近く現実が悪夢ばかりなので、白い枕をもらってせめて夢の中だけでも幸せになりたい。
読了日:11月12日 著者:浅田 次郎
岳泉会のよくばり温泉マウンテン岳泉会のよくばり温泉マウンテン感想
こんな山登りが大好き。まねしよう。
読了日:11月12日 著者:岳泉会
夕映え天使 (新潮文庫)夕映え天使 (新潮文庫)感想
良い物語とそうでもないもの半々。どこかで知ってるような設定もあって、それを懐かしさと言うのかもしれないが全体的には今ひとつ。最近当たりに巡り会えないなぁ。
読了日:11月22日 著者:浅田次郎
満願 (新潮文庫)満願 (新潮文庫)感想
怖かった。完成度が相当高いと思う。特に最後の話がよかった。それ以外の作品も一気に引き込まれる。一編ごとに読み終わってふーっと深いため息。没頭できる本でした。
読了日:11月22日 著者:米澤 穂信
神の子(上) (光文社文庫)神の子(上) (光文社文庫)感想
思っていたのと違った内容。一気に読み進んでいます。
読了日:11月25日 著者:薬丸 岳

読書メーター



ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
リンク
blog list
検索フォーム
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
レース情報
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ