< >

モーツァルトの二つのコンチェルト

いよいよ今回のコンサートシリーズの
メインプログラムです☆
期待感が膨らみます~♪♫

IMG_2432_convert_20120716192110.jpg


NEC玉川ルネッサンスシティホール
モーツァルトマチネ第10回
東京交響楽団
指揮 ユベール・スダーン

モーツァルト フルート協奏曲 第1番 ト長調 K.31
       (フルート 高木綾子)
       フルートとハープのための協奏曲 K.299
       (フルート 高木綾子、ハープ 吉野直子)
       交響曲 第31番 ニ長調「パリ」K.297


Brava~♫♪
Bravo~☆
ソロ、オケともにとても素晴らしい演奏でした。
帰るのを1日延ばして良かったです~

まず、オケの音が違う。
昨日と一昨日も良い演奏だったと思います。
が、今日は弦の音がまるで違う。
木管、金管も・・・
ラッパはトランペットもホルンも古い形の楽器でしたが、
それだけではありません。

どうして?
指揮者が、コンサートマスターが違うから??


フルートコンチェルト・・・

高木さんはオペラシティの時の方が
乗っていたかもしれません。
あの時は綾子節全開でノリノリの演奏でしたが、
今日は次もあるのでやや抑えめなのでしょうか、
どちらかというとさらりとした感じ。
それでも、楽しくはずんで、
オケに沿って流れるように。
心に沁み入るカデンツァと、
力強いヘルムート・ハンミッヒ。
やっぱり綾子さんでした。

フルートとハープ・・・

こんなに泣ける曲だったとは。
1楽章最初のふたりのデュオで、
ジーンときてしまいました。
この二人だからこそなのでしょう。
目配せや、時に口パクで言葉を交わして。
まさに世界を作っていました。

カデンツァなど、ふたりだけの所はもう涙、涙・・・
喜ばしく、寂しげで、心の底まで沁み入りました。
そして最後は、美しく盛り上がりました。

吉野さんのハープは絶対に最高♪♪
高木さんもこの曲の方がのってたと思います。
この二人の共演のCDはないのでしょうか?
あれば速効で買うのに!


コンチェルトが終わっておしまいかなぁと思ったら、
最後の「パリ」がまた素晴らしい♪♪

出だしの一撃、音が違う!
コンサートのメインでは
モーツァルトはもう一つつまらないと思っていました。
その考えを打ち破る、素晴らしい演奏。
美しい響きのままエンディング。
この指揮者とオケに感謝です。
また絶対に聴きに行きます。


IMG_2433_convert_20120716192138.jpg



そして指揮者から
「Ladies & Gentlemen・・・」と説明のあと
アンコールは、パリの第2楽章改訂版を。
本当に素晴らしい演奏会でした。

IMG_2434_convert_20120716192946.jpg

とても幸せになれました〜♪♪





関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
blog list
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
検索フォーム
レース情報
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ