< >

2017年1月の読書まとめ

2017年1月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1922ページ
ナイス数:115ナイス

自転車冒険記---12歳の助走自転車冒険記---12歳の助走感想
こっちこそが少年記でした。とは言っても、大人目線の都合のいい話であることは変わりなし。年末年始に一気読みするにはいいけどなんか素人くさい。特に大人の話はありきたりのエピソードの寄せ集めって感じでシラケる。
読了日:1月1日 著者:竹内真


スティグマータスティグマータ感想
途中までいつものパターンに終始し”もうこの物語も限界か”と思えたが、終盤の山岳コースに入り一気にスピードアップ。まだまだいけるとういところを見せつけてくれた。1回くらい勝たせてやりたいな。次回作が待たれる。
読了日:1月2日 著者:近藤史恵


銀輪に花束を (小学館文庫)銀輪に花束を (小学館文庫)感想
自転車も好きだし盛岡も好きだけど、本当につまらなかった。クラシック音楽もバッハも好きで、ゲバントハウス四重奏団のベートーベン弦楽四重奏曲全集のCDも持ってる。竹沢恭子は知らないけどメンデルスゾーンもチャイコフスキーも良く聴く。カインド・オブ・ブルーやビル・エヴァンスは昔よく聴いた。八幡平はなんども行ってるし種差海岸も行ったことある。だけど本当につまらなくて途中で投げ出しました。
読了日:1月3日 著者:斎藤純


エスケープ 2014年全日本選手権ロードレースエスケープ 2014年全日本選手権ロードレース感想
これはすごい。購入して、本屋併設のカフェで読み始めて一気でした。冷静な文章の中にこれだけのドラマ。決して煽られてはいないのに最終周回では胸が熱くなりました。最高のドキュメンタリーでした。それにしても、ロードレースがこれほど頭を使うスポーツだったとは。それなのに勝負は偶然がもたらすもの。ますます自転車への興味が強まりました。2017年の選手権にも大いに期待です。
読了日:1月8日 著者:佐藤喬


その峰の彼方 (文春文庫)その峰の彼方 (文春文庫)感想
最高につまらなかった。正確には読み終わったとは言えず途中断念。だらだらだらだら前に進まず演出過剰な同じ表現の繰り返し。それが延々と文庫で300ページ以上続く。うんざりしながら1ヶ月近く読み続けましたが、我慢できずにヘリで救出されたところで諦めました。この後もまだ100ページ以上続くなんて信じられません。短編小説を印税稼ぎのために無理やり引き伸ばした、まるで3流学者の哲学書もどきか新興宗教のお粗末な教義書のような本でした。
読了日:1月29日 著者:笹本稜平


王とサーカス王とサーカス感想
ミステリーというよりも小説として読み応え十分。ラストの展開など予想外でしかも考えさせられる。ヒマラヤのトレッキングではないネパールを味わえた。内容を想像できないタイトル、実際の事件を下敷きにした壮大なテーマも良い。久しぶりに面白くて満足できる本を読みました。
読了日:1月30日 著者:米澤穂信

読書メーター



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
blog list
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
検索フォーム
レース情報
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ