< >

2016年12月の読書まとめ

12月の読書メーター読んだ本の数:8
読んだページ数:2256
ナイス数:86

銀輪の覇者 上 (ハヤカワ文庫 JA サ 8-1)銀輪の覇者 上 (ハヤカワ文庫 JA サ 8-1)感想最初は”ゲテモノか?”と思って読み始めたけど意外に良い。詳しくは下巻で。読了日:12月04日 著者:斎藤 純

銀輪の覇者 下 (ハヤカワ文庫 JA サ 8-2)銀輪の覇者 下 (ハヤカワ文庫 JA サ 8-2)感想読み始めは古臭くてB級小説の印象でしたが、そんなことはなく予想外の面白さでした。使われる自転車はスポーツサイクルではありませんが本格的なロードレースの物語として違和感はなく、加えて近代化前の日本の社会情勢や参加者の人間模様が描かれていてとても楽しめました。最後の和田峠の80ページは迫力十分、情景が目に浮かびました。醜い権力者やスポーツ団体が、昭和初期の80年前も2016年の現在と全く変わりなくオリンピックの利権に群がっている様子はお笑いでした。読了日:12月11日 著者:斎藤 純


行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)行かずに死ねるか!―世界9万5000km自転車ひとり旅 (幻冬舎文庫)感想7年4ヶ月に亘る旅の記録。想像を超えたエピソードの数々。出会いと別れ、危険との遭遇、温かな応援の数々…完全に入り込んで読んだ。受け取る方から逆の方になるべき年齢や境遇になったと思ういま、全然お返しできていない事実にも気付かされた。普段は解説など読まないが偶然読んで、この解説も良い。読了日:12月18日 著者:石田 ゆうすけ


最高の山ごはん最高の山ごはん感想お腹がすいてすいてたまらない山でのごはん。なんでも美味しくてもりもり食べられる。この本に出てくるのはどれもYummy!読みながらいろんな山行を思い出した。それにしても作ってるお姉さま方は皆、敵わないくらいの逞しさ。読了日:12月18日 著者:ホシガラス山岳会


家族写真 (講談社文庫)家族写真 (講談社文庫)感想途中で読んだことがあるとは気付いたけど、なんとそれが1年半前だったとは…完全に記憶喪失状態。いい話だけど、書き方が奥田さんには負ける。この人はお笑い系の方がいいね。読了日:12月20日 著者:荻原 浩


聖の青春 (講談社文庫)聖の青春 (講談社文庫)感想重い本だった。絶望の中から生きる目的を見つけ、努力し進み続ける強さに、最初から最後までずっと涙をためながら読んだ。こんな人生に比べたら自分はなんとちっぽけで浅はかな歩みをしているのか。彼にはもう少しだけでも長く幸せに生きて欲しかった。病気があったからこその彼の生き方だったのだろうが、自分の子どもの病気を1年以上も見過ごすとは、このどうしようもない両親はさぞや悔やんでいるだろう。そして京都の灘蓮照というアホな棋士は小物で情けない最低の奴だ。読了日:12月24日 著者:大崎 善生


ジャスト・ライド──ラディカルで実践的な自転車入門ジャスト・ライド──ラディカルで実践的な自転車入門感想ちょっと難しかったけれど楽しく読めた。私は鉄製のロードバイクに乗る初心者のアンレーサー。遅いし登り坂はヒーヒーだけど楽しく乗ってます♪読了日:12月28日 著者:グラント・ ピーターソン


自転車少年記―あの風の中へ (新潮文庫)自転車少年記―あの風の中へ (新潮文庫)感想どこが少年記なの?おっさんの青年時代の回顧録で全然少年じゃないよ(笑)途中からは幼児登場でそこからが少年記なのかな?面白いことは面白いけどなんか上っ面を素通りしてる感じで、絶賛だらけのAmazonのレビューが信じられない。読了日:12月31日 著者:竹内 真
読書メーター


関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
blog list
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
検索フォーム
レース情報
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ