< >

2016年5月の読書まとめ


2016年5月の読書メーター
読んだ本の数:5冊
読んだページ数:1710ページ
ナイス数:62ナイス

春の雪―豊饒の海・第一巻 (新潮文庫)春の雪―豊饒の海・第一巻 (新潮文庫)感想
これぞ日本文学。これが日本語の素晴らしさ。現代の作家では到底書き得ない文章、到達することのできない世界。それも恋愛物。高校以来の再読は、改めて純文学の素晴らしさを認識させられた。
読了日:5月11日 著者:三島由紀夫

日本百名山登頂記―一歩、一歩 時には半歩〈2〉日本百名山登頂記―一歩、一歩 時には半歩〈2〉感想
今回は富士山に槍から穂高、剣から立山と難易度の高い有名どころが多数。その他にも白馬、五竜、鹿島槍の後立山縦走や南アルプスも。相変わらず凄過ぎる〜!3巻も購入決定☆
読了日:5月15日 著者:池田和

千年樹 (集英社文庫)千年樹 (集英社文庫)感想
短編集だけど、ほとんどが怖い話だった。お笑い系とはすごい落差。著者の幅の広さが窺える。でも、こういうパターンじゃない本の方がこの人の持ち味が出ると思うけどなぁ。
読了日:5月18日 著者:荻原浩

妻の超然 (新潮文庫)妻の超然 (新潮文庫)感想
どうしてこの本を買ったのだったかな?誰かに紹介されたのだろうけど、思っていた内容とは異なりました。最初の話はなんとなく納得感あり。我が家にもこういうところは多い。でも私は浮気はしていません。次の話は男が"そこまでかぁ?"という感じ。今はこういうのが多いのかも。私も酒飲みは大嫌い。だけどそこまでじゃない。飲みたい気分も良く分かる。最後の話はタイトルからしたら期待できたのに全然でした。超然ってなんだ?
読了日:5月26日 著者:絲山秋子

日本百名山登頂記〈3〉―一歩、一歩時には半歩日本百名山登頂記〈3〉―一歩、一歩時には半歩感想
今回大変だったのは裏銀座と南アルプスの奥の方。楽なのは安達太良山とか磐梯山。難しい山はだいぶ減ったかな。
読了日:5月27日 著者:池田和

読書メーター
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
blog list
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
検索フォーム
レース情報
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ