< >

2016年2月の読書まとめ

2016年2月の読書メーター
読んだ本の数:3冊
読んだページ数:1076ページ
ナイス数:76ナイス

色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年感想
巷の評判ほど退屈はしなかった。導入部は入試に出てくる前時代の評論の様な虚仮威しの修飾が満載の文章で受験勉強を懐かしく思う程だったが、途中の流れは古臭いながらもいま流行りの読みやすさに変わった。終盤の理由付けはかなりのこじつけ、押し付けで解決を図るパターン。それなのに結末はなく全てが中途半端。久しぶりにこの著者の小説を読んだが、ストーリーは分かり易くて良かったが、”これでノーベル賞候補なんだ…”って感じだった。
読了日:2月7日 著者:村上春樹


流感想
賛否両論あり、悩みに悩んでようやく購入。台湾は好きな国のひとつ。行ったこともある。確かに面白いと思う。骨太で熱く、力強さが感じられ、ほぼ一気に読み終えた。だけど人名が読めず、最後まで主役級以外の登場人物を覚えられないまま終了。通常の集中力では読み込むことのできない物語。
読了日:2月14日 著者:東山彰良


阿蘭陀西鶴阿蘭陀西鶴感想
また、とってもいい本を読んだ。純粋で、恥ずかしがり屋で、暖かくて、見栄っ張り。目線は低く、庶民の味方。日本史でちょっと出てきただけの井原西鶴って、こんな世界に生きていたんだ。おもろい大阪だけじゃなく、とても美味しそうな、心に沁みる、思わずほろりとくるお話でした。
読了日:2月27日 著者:朝井まかて

読書メーター



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
blog list
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
検索フォーム
レース情報
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ