< >

アジアユースオーケストラ


写真+2015-08-28+18+31+40_convert_20150829110823


2015年8月28日(金)19:00
東京オペラシティ コンサートホール

アジア・ユース・オーケストラ
ジェイムズ・ジャッド(指揮)
スティーヴン・イッサーリス(チェロ)
坂井田真実子(ソプラノ)

バッハ(ストコフスキー編):トッカータとフーガ ニ短調
ショスタコーヴィチ:チェロ協奏曲第1番
マーラー:交響曲第4番
アンコール:プロコフィエフ マーチ


写真+2015-08-29+10+55+23_convert_20150829110950


楽しみにしていたコンサート。
なんと創設25周年。

本当は翌日のファイナルに参加したかったんだけど、
スケジュールの都合で断念。
最終公演の1つ前のコンサートでした。


写真+2015-08-28+18+31+41_convert_20150829110913


たくさんの演奏者。
みんな一生懸命な100人以上。

そのほどんどが開演前からステージに上がり練習。
こんな光景見たことない。
あまりの音量に、
開演前の場内の注意事項アナウンスは全く聞こえず(笑)


B1kTUaZCQAA_mem_convert_20150829111021.jpg


そして演奏がスタート…

大人数のオケで音量は十分過ぎるくらい。
そのため迫力は満点で
ステージからの圧力で椅子に押し付けられる感じ。
そしてそれなのに音は美しくて演奏も上手✩

なにより若々しさに満ち溢れていて、
ひとりひとりの一生懸命さがよく分かる。

マーラーでのコンミスの直向きなソロに
胸が締め付けられる。

この曲をこのメンバーで演奏するのはこれで最後。
明日でこのオケは解散という思いも詰まっているんだろうなぁ。


img1_convert_20150829111214.jpg


チェロのソリストは素晴らしいテクニック。
アンコールも含めて見事な演奏で、
情熱も伝わり感動的なステージでした。

マーラ−4番はゆったりとしたテンポ。
それがチェロのアンコールとともに後で悲劇となるのですが、
3楽章前半などとても綺麗でした。

4楽章のソプラノは出番直前に登場しましたが、
意外なところにスタンバイ。
指揮者の左手側奥に配置したチェロとコントラバスの間に、
白いドレスが眩しい。

思いのこもった歌で涙…でした。

そして…
最後の音が消えた後の長い長い沈黙。
万感の思いで胸が詰まりました。


image_convert_20150829111152.jpg


なのに、残念ながら時間切れ、
この時点で9時5分を過ぎ新幹線の時間が…

やむなく演奏終了と同時に席を立つ。
これだけの演奏なのに、
オベーションには参加できず。

最後の満足感を
一緒に聴いた人たちと共有できなかった…

残念無念。

急ぎ足で初台駅へ。
いつもと違うショートカットの路線で、
ギリギリ最終にセーフという綱渡りでした。

やっぱり泊まるしかないのかなぁ。
よし!
来年は泊まって最終2公演を聴くことに決めました✩


p01_convert_20150829113029.jpg



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
blog list
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
検索フォーム
レース情報
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ