< >

ベートーベン弦楽四重奏曲 中・後期8曲演奏会


3363+東京文化会館3_convert_20150102102607


2014年12月31日
東京文化会館 小ホール

クァルテット・エクセルシオ
・ラズモフスキー1番、2番、3番
古典四重奏団
・弦楽四重奏曲12番、13番大フーガ付
ルートヴィヒ弦楽四重奏団
・弦楽四重奏曲14番、15番、16番


3362+東京文化会館2_convert_20150102103559


皆さん熱演でした。

なかでも、
ラズモフスキー3番のフィナーレ、
大フーガを最後に置いた13番、
力強い演奏の15番が印象に残りました。


3366+東京文化会館6_convert_20150102102733


まずラズモフスキーの3曲。
なんか聴く方の私のコンディションが悪く、
最初の2曲は眠い眠い。

息がぴったりで、
きれいなアンサンブルなのに、
油断するとすぐに気が遠くなる。
もったいなかった。

でも、3番からは意識もはっきり。
もちろんフィナーレのフーガは
張り詰めた迫力で寝ていられない。
曲も凄いけど、
演奏も素晴らしく大感動でした。


3364+東京文化会館4_convert_20150102103126


続く古典四重奏団は譜面なし。
素晴らしい☆

12番は優しく柔らかく、
流れるように…心に沁みる♪

そして13番。
難しい曲なのに、
譜面なしで見事に合わせる。
5楽章のしみじみとした静かな美しさから
一転して厳しい大フーガへ。
いきなりの場面転換。
ベートーベンはこれをやりたかったんだ…

あとでCDで
いつも聴く改訂後の6楽章で聴いてみたけど、
あれでは伝わらない。
13番の終楽章は大フーガで行くべき。
よく分かりました。

古典四重奏団の人たちは、
演奏終了後の休憩時間、
ロビーで販売したCDにサインをしていました。


3368+東京文化会館8_convert_20150102102823


最後のルートヴィヒ弦楽四重奏団。

エクセルシオも古典四重奏団も
チェロ以外は皆んな女性奏者。
ルートヴィヒは全員男性。

男性と女性でこうまで音が違うのかという感じ。
音量、力強さはやっぱり男だねぇ。

ただ、期待していた14番は、
私の集中力が切れていたのかあまり感動せず。
もう少し緻密でも良かったかも。

ところが次の15番は大感動。
12番とか15番とか、
このくらい分かりやすい曲の方が
私にはいいのかな。


3372+東京文化会館10_convert_20150102102915



14時に始まって終演は21時30分。
このくらいで終わってくれた方が良いな。
大ホールの交響曲の方は、
終わりは元日になるからちょっとキツイ。

でも、満足感はあっちの方がやっぱり上かなぁ。
来年と言うか今年の大晦日はどうしよう?


3373+東京文化会館11_convert_20150102103450







関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
blog list
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
検索フォーム
レース情報
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ