< >

ラ・フォル・ジュルネ 2014〜ミシェル・コルボ♪♪


0884+ラ・フォル・ジュルネ3_convert_20140506080953


モーツアルト レクイエム K.626

ミシェル・コルボ指揮
シンフォニア・ヴァルソヴィア
ローザンヌ声楽アンサンブル

レティツィア・シェレール(ソプラノ)
キャサリン・ピロネル・バチェッタ(アルト)
クリストフ・アインホルン(テノール)
ピーター・ハーヴェイ(バリトン)


0905+ラ・フォル・ジュルネ11_convert_20140506081117


移動途中でアウラによる
アカペラでの”四季・春”を聴いた後Aホールへ。

CDで良く聴いていたあのミシェル・コルボ。
前日のフォーレも大好評。
このモーツァルトも最高に素晴らしく、
大感動で胸がいっぱいになりました。


大きな大きなAホールのステージでは、
この編成はいかにも小さい。
やっぱり厳しいか…と出だしでは思いましたが、
すぐにホールいっぱいに音が響き、
そんなことはあっという間に忘れてしまいました。


0907+ラ・フォル・ジュルネ13_convert_20140506081213


シンフォニア・ヴァルソヴィア、
なんという暖かさ。
ソリストも安定感抜群でとても美しい。
そして何と言ってもローザンヌ声楽アンサンブル。
ただただ素晴らしい。
敬虔な中に暖か味があり、
心の中に沁みわたりました。

コルボさんは用意されていた椅子に
座り続けることはなく熱演。
大画面に映し出される横顔は
歌っているようにも。

最高のレクイエムでした。


そして発見は、
ラクリモサ以降の曲。
ジュスマイヤーはよく頑張った。

いつもラクリモサまでで気が抜けてしまい、
最後までこんなに真剣に聴いたのは初めてかも。


大感動の演奏だったけど、
ひとつだけ。

拍手が早すぎ。
前列右側の女性、
左側からも、
終わるのを待っていましたかのような拍手。

気持ちは分かるんだけど、
もっと余韻に浸りたかった。



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
blog list
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
検索フォーム
レース情報
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ