< >

アレクサンドラ・スム♪♫


P1010498東京芸術劇場_convert_20140427101908


読売日本交響楽団

指揮=小林 研一郎
ヴァイオリン=アレクサンドラ・スム
東京芸術劇場

チャイコフスキー:ヴァイオリン協奏曲 ニ長調作品35
         交響曲第6番 ロ短調作品74「悲愴」

IMG_6876_convert_20140427102252.jpg


昨日と違って
初心者向けプログラムとバカにしていたのですが、
明らかに今日の方が音も響きも良い。

原因はオケなのかホールなのか、
弦の響きが全然違う感じ。
木管の音色も今日の方が沁みたし、
編成は小さいのに、
金管の迫力も今日の方が上。

始まってすぐに、
”これはいいぞ!”との予感がありました。


そしてヴァイオリンのソロ。
この人はスゴい。
力強く、まっすぐで、
キラキラしていて、没頭している感じ。

この曲も久しぶりに聴いたけど、
本当よい演奏で、
鳥肌が立つようでした。
この人はこれからチェックして行こうと思います。

Brava!連発でアンコールも。

IMG_6888_convert_20140427102327.jpg



そして、休憩後、
出番を終えたそのソリストが
なんと前の席に着座。

最初きょろきょろして、通訳と仲良くお話。
演奏中はすこしもぞもぞしながら、
3楽章ではリズムを取って、
最後の指揮者の挨拶まで座っていました。

IMG_6886_convert_20140427102413.jpg


おかげで“悲愴”は集中力欠如。
その為なのか、今回の”悲愴”は、
去年のテルミカーノフ読響までは行かなかった感じ。

3楽章まではスゴくて、
盛り上がりもきっと去年より上。
最後の4楽章で差が出たかも。
演奏後の沈黙の時間は十分だったけど、
本当の余韻がもっと欲しかった。

でも良かった。


今日の観客、かなり高齢化。
50歳じゃ平均年齢以下間違いなし。
ニューイヤーコンサートの時も感じたけど、
このままでは10年後は観客いなくなっちゃうね。


昨日のthailand♪♪

P1010413V5_convert_20140427102543.jpg

P1010412ペンシーズキッチン4_convert_20140427102500




関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
blog list
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
検索フォーム
レース情報
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ