< >

25年目の弦楽四重奏

Excellent!
Bravo…

素晴らしい。
音楽を題材に、
人間の内面を描いた点において、
私にとっては間違いなく近年で最高の映画です。

ce2aeb2e0b07effcad66e7e2aa45c43b_convert_20131005205517.jpg


ベートーベン 弦楽四重奏曲 第14番 嬰ハ短調 作品131
もともと大好きな曲でした。

”死を前にして、
この曲以外は聴きたくないと、
亡くなる5日前に自分の部屋で演奏してもらった”という
シューベルトのエピソードは知りませんでした。

ベートーベンのメロディ、
弦の音色、
雪景色のセントラルパーク、
フリック・コレクション美術館の絵画、
それぞれの自宅の調度品、
亡き妻のアリア…

雰囲気は満載で心の底から浸ることができました。


995123_621870811171277_1318199602_n_convert_20131005210523.jpg


音楽の土台を支えるチェロの体調のトラブル。
それを発端としたハーモニーたちの鬱屈の爆発。
メロディも過去からの思いを解放する。
子どもまでも巻き込んだ複雑すぎる混沌は、
元に戻ることはできないのではないかと思えるほど。

それがまるでソナタ形式を見るように、
緊張感の頂点で解決の和音が響く。
諦めと希望を滲ませなから…

そして、解決後の調和は今までとは少し異なる、
ひとつ未来へ進んだ音楽になっていました。

345085_007_convert_20131005205659.jpg


俳優陣の演技も抜群。
ダニエル(マーク・イヴァニール)、
ロバート(フィリップ・シーモア・ホフマン)、
ジュリエット(キャサリン・キーナー)。
それぞれが自分の生き方を良く表しています。

345085_001_convert_20131005205606.jpg


アレクサンドラ役のイモージェン・プーツは超かわいい。

article-0-196748E4000005DC-235_634x349-8878b_convert_20131005205724.jpg


そしてピーター役のクリストファー・ウォーケン。
なんと言う存在感。
ほんの些細な表情や動きまで、
全てが素晴らしかった。
全体を引き締めたのはやっぱり彼でした。

ディアハンターに続いて
またまた私の記憶に永遠に刻まれる作品を届けてくれました。

o0640034925_large_convert_20131005205747.jpg


細かい点はいろいろあるでしょう。
目についた、気がついたこともたくさんあります。
だけどそんなのは些細なことでした。

最後のステージ、
弦楽四重奏の音色で涙。
ピーターを見送る観客の絶賛のスタンディングオベーションで、
私の溢れ出る感情は決壊しました。

この映画も7月になぁちゃんと行くこともできた作品でした。
それがモンスターズインクになっちゃった(苦笑)

もう一度観に行こうかな。


T0017498p_convert_20131005205845.jpg



関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
blog list
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
検索フォーム
レース情報
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ