< >

11月の読書まとめ

続きを読む

ウィーンフィル ブルックナー5番


写真_2018-11-23_15_35_18_convert_20181125060958


ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
指揮:フランツ・ウェルザー=メスト

ブルックナー:交響曲第5番 変ロ長調 WAB 105(ノヴァーク版)

サントリーホール


写真_2018-11-23_15_19_08_convert_20181125060548


完璧でした。

冒頭のコントラバスのピチカートに続くビオラの音色。
もうここでため息。

そしてヴァイオリンとの合奏。
まさにイメージしていた理想の音が響いていました。


写真_2018-11-23_15_21_11_convert_20181125060847


正直言ってそれほど期待していたコンサートではありませんでした。
紳士的な、地味で大人しそうな指揮者。
それに、あのムジークフェラインでの
ラトル・ベルリンフィルのブルックナーを聴いた後では…

それが、冒頭の1分足らずでノックアウトされてしまいました。


写真_2018-11-23_15_25_32_convert_20181125060922


なんて美しいハーモニー。
やはりウィーンフィルの弦の音は格別。
これだけで涙、涙です。

木管はもちろん言うことなし。
特にクラとフルートが素晴らしかった。
まさに完璧なアンサンブル。
そして意外に力強い。

最後列に並んだホルンを含む金管はまさにBravo!
これだけの音量なのに全く乱れない。
これがウィーンフィルかと思うほどの大咆哮。

フィナーレは息をつくのも忘れるほどの圧倒感に茫然自失。
そして最後の音が消えた後の静寂…

パーフェクトな演奏がここにありました。


写真_2018-11-23_17_26_47_convert_20181125061110


この大きなホールでこれだけの響き。
これがウィーンの楽友協会だったらどうなるんだろう。
来年行って確かめなければ。


写真_2018-11-23_15_40_48_convert_20181125061036


それにしてもサントリーホールはやっぱり2流ホール。
今回も失礼極まりない係員の女の対応には呆れさせられた。

それと2楽章でしつこく大きな咳払いを続けたおっさん。
正月に餅を喉に詰まらせでもして早くあの世に逝ってくれ。


写真_2018-11-23_17_30_39_convert_20181125061144








紅葉



2272_11_4の銀杏並木5_convert_20181118194351


紅葉も里まで降りてきて、
あとは落ちるだけ…


2265_川俣ざる菊_convert_20181118194252


写真_2018-11-16_10_49_00_convert_20181118194531


写真_2018-11-11_11_54_35_convert_20181118194439



サムソンとデリラ


samson-et-delila-met-opera_convert_20181117185016.jpg


METライブビューイング2018-19

サムソンとデリラ サン=サーンス

指揮:マーク・エルダー
演出:ダルコ・トレズニヤック
出演:エリーナ・ガランチャ
   ロベルト・アラーニャ
   ロラン・ナウリ
   ディミトリ・ベロセルスキー
   イルヒン・アズィゾフ

上映時間:3時間20分(休憩2回)
MET上演日:2018年10月20日
言語:フランス語


90746-s-d-1070a_convert_20181117185036.jpg


やっと見ることができたサムソンとデリラ。
しかもアラーニャ&ガランチャで。


Trimmed_Samson_2936_convert_20181117185106.jpg


ガランチャの存在感がすごい。
オーラがビンビン。


hqdefault_convert_20181117185124.jpg


アラーニャも絶叫の”Dalila Je t'aime!”


pjimage-14-1-1170x780_convert_20181117185628.jpg


ロベルト・デヴェリューを超えて、
今までのMETで最高かも。


285de3451f0ce709b7a51967d0a9ab87_convert_20181117185218.jpg



大満足の帰路、
早速ガランチャの"Mon coeur s'ouvre a ta voix"をダウンロード ♪♪


479-2241_convert_20181117191356.jpg





ネトレプコのアイーダ


繧「繧、繝シ繝€・ソ・幼Marty-Sohl・舟etropolitan-Opera_convert_20181106161416


METライブビューイング
歌劇「アイーダ」 ジュゼッペ・ヴェルディ

指揮 ニコラ・ルイゾッティ
演出 ソニヤ・フリゼル
出演 アンナ・ネトレプコ
   アニータ・ラチヴェリシュヴィリ
   アレクサンドルス・アントネンコ
   クイン・ケルシー
   ディミトリ・ベロセルスキー
   ライアン・スピード・グリーン

上映時間:3時間45分(休憩2回)
MET上演日:2018年10月6日
言語:イタリア語


Aida_1854s_convert_20181106161335.jpg


つい先日のTVで、
METではなくザルツブルク音楽祭での同演目を見たばかり。
しかもアイーダはネトレプコ。


Aida_0630s_convert_20181106161308.jpg


セットはこちらの方がはるかに豪華絢爛。
でも、感動はザルツブルクの方が勝っていたような。


Aida_3191s_convert_20181106161356.jpg


3幕と4幕はほぼ睡眠状態で
気が付いたらお墓の中でした。


500x328_Aida_2086s_convert_20181106161046.jpg



ちなみにザルツブルクはこんな感じ。


fee3a737_convert_20181106162010.jpg


◇ザルツブルク音楽祭2017
歌劇「アイーダ」(全4幕)作曲:ヴェルディ

<出 演>
エジプト王:ロベルト・タリアヴィーニ
アムネリス:エカテリーナ・セメンチュク
アイーダ:アンナ・ネトレプコ
ラダメス:フランチェスコ・メーリ
ランフィス:ドミートリ・ベロセルスキー
アモナズロ:ルカ・サルシ
エジプト王の使者:ブロール・マグヌス・テーデネス
巫女の長:ベネデッタ・トーレ


ZmevqqsvKjb2AQok87dYJTflwahs2JM6FaSspjE180rS7iV7LqhvZuHmYeNRkQTp_convert_20181106162038.jpg


<合 唱>ウィーン国立歌劇場合唱団
<合唱指揮>エルンスト・ラフェルスベルガー
<管弦楽>ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団
<指 揮>リッカルド・ムーティ
<演 出>シリン・ネシャット

ザルツブルク祝祭大劇場(オーストリア)
上演日:2017年8月9・12日




ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
blog list
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ