< >

2918年7月の読書まとめ


7月の読書メーター
読んだ本の数:10
読んだページ数:2643
ナイス数:66

珍夜特急1珍夜特急1感想
お風呂で読んでたけどなかなかおもしろい。続けて次も読もう。
読了日:07月01日 著者:クロサワ コウタロウ


珍夜特急2―パキスタン・イラン・トルコ―珍夜特急2―パキスタン・イラン・トルコ―感想
途中まで読んだところでKindle Unlimitedの無料期間が終了して読めなくなった。とりあえず断念。
読了日:07月05日 著者:クロサワ コウタロウ


ぼくらのイタリア旅行記 12日間の奇跡・ローマ編ぼくらのイタリア旅行記 12日間の奇跡・ローマ編感想
本当にただの添乗員付きツアーの体験記でした。上手に詳しく書かれているのでそこそこ読めました。
読了日:07月07日 著者:中津 克己


ぼくらのイタリア旅行記II 12日間の奇跡 フィレンツェ・ヴェネツィア編ぼくらのイタリア旅行記II 12日間の奇跡 フィレンツェ・ヴェネツィア編感想
ツアーガイド並みのお見事な名所旧跡のご案内。すっかり旅行した気分になってしまい、もうイタリアツアーは行かなくて良いかも。内容はまさに全てお任せの団体旅行。フリーの行動日も多いとはいえ、海外なのにずっと日本語を喋り続ける12日間の集団行動。これはこれで何の心配もなく楽で良いかも。でも私ならやっぱり勝手気儘に自由に旅したいな。休みが取れないなんて、ただの行かない言い訳でしょ。行きたければいつでも行けるはず。
読了日:07月08日 著者:中津 克己


ニューヨークの魔法のかかり方 (文春文庫)ニューヨークの魔法のかかり方 (文春文庫)感想
あまり好きな文章ではありませんでした。コンセプトは良いと思うんだけど。"とけない魔法"よりは読みやすかった。
読了日:07月18日 著者:岡田 光世


淳子のてっぺん淳子のてっぺん感想
充実した山岳小説を読ませていただき大満足です。ヒマラヤまで登られた著者だからこそ書くことのできた本だと思います。モデルの田部井淳子さんも素晴らしい生き方をした人で大好きです。同じエベレストが舞台でも、カメラを無くしたとか見つけたとかうじうじ悩む暗い情けない小説や、立派な人だったのに突然ヒマラヤで錯乱したのか自爆して死んでしまうつまらないマンガとは真逆の素晴らしい話でした。とてもできないけど、一生を捧げられるものを見つけ、それをやり遂げる、こんな生き方に憧れます。
読了日:07月22日 著者:唯川 恵


ニューヨークのとけない魔法 (文春文庫)ニューヨークのとけない魔法 (文春文庫)感想
やっぱり嫌い。なんか鼻につく文章も次第に慣れて読めるようにはなってきたけど、これでおしまい。
読了日:07月22日 著者:岡田 光世


名画で読み解く ブルボン王朝 12の物語 (光文社新書)名画で読み解く ブルボン王朝 12の物語 (光文社新書)感想
ハプスブルクに続きブルボン。今回も分かり易くて面白い。それにしてもフランス人、王様やお妃を公開ギロチンしてお祭騒ぎだなんてやりすぎじゃないの?次はイタリアルネッサンスへ。
読了日:07月28日 著者:中野京子


スーツケースの半分はスーツケースの半分は感想
旅の本を読みたくて購入。ニューヨークも行きたいし、ドイツも行きたい。香港も良いかも。でも次はパリかな。私のスーツケースも青いよ ♪
読了日:07月29日 著者:近藤史恵


阿部一族・舞姫 (新潮文庫)阿部一族・舞姫 (新潮文庫)感想
数十年ぶりの舞姫、懐かしい。内容もちゃんと覚えていました。あまりにも命が軽すぎるけど、阿部一族などの歴史物も非常に興味深かった。だけど、鷗外はこれらを書いて何を言いたかったの?こうした歴史の出来事についてどう考えていたのだろう。まさに"これぞ美しい日本文学"だけど、主題がよく掴めない。私ではまだまだ実力不足です、ごめんなさい。
読了日:07月31日 著者:森 鴎外

読書メーター




乗鞍岳


1628_✩剣ヶ峰2_convert_20180805120101


3回目にして初めて山頂から景色を見ることができました。

今回はアルプス初めての2人を連れて3人で。


1446_✩雷鳥_ひな11_convert_20180805115850


いきなりなんの苦労もなく雷鳥の親子に遭遇。
おかげで2人は"雷鳥はアルプスにはスズメのように何処にでもいる"と勘違い。
山行中ずっとハイマツを見るとキョロキョロしていましたが、
その後二度と雷鳥と遭遇することはありませんでした。


1538_✩南アルプス_convert_20180805120326


1576_✩雲海3_convert_20180805120003



今回は雷鳥の他にも、
夕焼け、ご来光、星空、絶景…と、アルプスでしたいことコンプリート!
大満足でした。


1644_✩不消ヶ池2_convert_20180805120155




Wien…音楽鑑賞の旅〜5日目 帰国


1409_ミッテ駅ホーム_convert_20180703070956


ミッテ駅からCATで空港へ。


1411_電車_convert_20180703071434


1413_CAT内_convert_20180703072100


とうとうここに戻って来てしまいした。


1415_シュヴェヒャート空港2_convert_20180704060908


1419_シュヴェヒャート空港6_convert_20180704061133


1421_シュヴェヒャート空港8_convert_20180704061340


機内はまたドイツ語で愚図る日本人の子どもがすぐ横に居て極めて不快。

しかも現地で暮らしているらしい今度の若い日本人の親は、
喚く子どもを放っておいて自分たちは映画を見てリラックスしてるし。

しつけの出来ていないバカなガキを連れた乗客は、
別の空間にまとめて隔離して欲しい。


1428_☆機内2_convert_20180705060630


それでも、設備のトラブルがあったのか、
しばらくして1列前にこの親子が移されたら少し騒音が減りました。


成田到着。

お腹は減っていませんが、
とりあえずお寿司。


1430_竹_convert_20180704061506


あ〜ぁ、帰って来てしまいました。





Wien…音楽鑑賞の旅〜5日目 市民公園


1383_☆広場_convert_20180702071913


ホテルをチェックアウトした後、
ミッテ駅でオーストリア航空にチェックインし荷物を預けます。


1376_ヒルトンウィーン_convert_20180702070928


ミッテ駅前には、
今回どちらにしようか迷ったウィーンヒルトン。
ゆったりしたロビーが気持ちよかった。


1378_☆ウィーン川_convert_20180702071616


1384_市立公園_convert_20180702072027


その後、市民公園へ。
美しい公園には有名な作曲家がたくさんいました。


1385_市立公園2_convert_20180702072257


1391_ブルックナー_convert_20180703060736


1393_シューベルト2_convert_20180703061006


1400_☆ベートーベン_convert_20180703061141


1389_☆ヨハンシュトラウス3_convert_20180702072525


1397_芝生2_convert_20180702072156


名残惜しいけど、
時間が近づいて最後にもう一度トラムで旧市街を1周。


1402_トラムから国会議事堂_convert_20180703061356


1403_トラムから 市庁舎_convert_20180703062831


途中でソーセージを食べて、いよいよ空港へ向かいます。


1405_観光バス_convert_20180703070900


1404_トラム内部_convert_20180703065128



Wien…音楽鑑賞の旅〜5日目 滞在最終日の朝


1343_月曜朝のシュテファンプラッツ2_convert_20180702060437


弾丸コンサートツアーも最終日。
朝食後、最後の朝の散歩にお出かけします。



開店前のカフェ

1344_グラーベン_convert_20180702060612



朝日の王宮

1345_王宮_convert_20180702060749



自転車で出勤

1349_小路_convert_20180702060841



ホーエルマルクト

1363_ホーエルマルクト_convert_20180702061007



アンカー時計

1365_アンカー時計_convert_20180702061209



素敵な小路

1367_☆小路_convert_20180702061548



カフェツェントラル

1370_☆カフェツェントラル2_convert_20180702064648



誰もいないミヒャエル広場

1372_☆朝の王宮_convert_20180702064855



グラーベン

1374_グラーベン_convert_20180702065502



シュテファン広場の遠足の子供たち

1375_遠足_convert_20180702065647



ホテルに戻ってチェックアウトです。







Wien…音楽鑑賞の旅〜4日目 聖アンナ教会


1318_プラフッタ_convert_20180627213303


プラフッタを後にトラムに乗ってケルストナー通りへ戻ります。

小さな路地の小さな教会で、
ウィーン最後の夜を過ごします。

チケットを購入。
開場まで1時間。
並んでいる必要はないと教えてもらい、
歌劇場まで戻ってライブビューイングへ。


1329_歌劇場広場ライブ_convert_20180627214113


今日はトスカ。
歌劇場前の広場はたくさんの人で盛り上がっていました。


1330_リゴレット_convert_20180703203038


教会のお客様は日本人は私ひとり。
モーツアルトとシューベルトのカルテット。


1332_☆聖アンナ教会2_convert_20180627214938


作曲者が生きていた頃からここで演奏されていたのかも知れません。


1339_☆聖アンナ教会コンサート_convert_20180627215333


演奏会が終わって歌劇場に戻るとちょうどフィナーレ。


1432_ライブビューイング_convert_20180702060328





Wien…音楽鑑賞の旅〜4日目 プラフッタ


今日の夜も教会のコンサート。
ウィーン最後の夜、
コンサートもこれで終了。


1319_プラフッタ2_convert_20180703202545


その前にお昼兼夕食。
プラフッタでターヘルシュピッツ。

超人気店もこの時間なら入れました。


1321_☆プラフッタ4_convert_20180627213906


店員のお兄さん方がとても親切で楽しい。


1324_ターフェルシュピッッツ_convert_20180703202119


お料理ももちろん最高でした。


1326_ターフェルシュピッッツ3_convert_20180703202251


1327_ターフェルシュピッッツ4_convert_20180703202400





Wien…音楽鑑賞の旅〜4日目 午後


1309_☆上宮_convert_20180627211606


ベルヴェデーレ宮殿をあとにして、
またまた旧市街へ。

時間があるのでモーツァルトの家へ。
ホテルのすぐ近く。


1313_モーツァルトハウス2_convert_20180627212157


ここにモーツァルトがコンスタンツェと住んでいたのか…
そう言えば、シュテファン寺院は結婚式をした教会だった。


1312_モーツァルトハウス_convert_20180627211818


モーツァルトやベートーベン、
シューベルト、ブルックナーがこんなに身近に感じられるなんて。

やっぱり音楽の都、ウィーン。
スゴいところだ。


1315_モーツァルトハウス内部_convert_20180703202836






Wien…音楽鑑賞の旅〜4日目 ベルヴェデーレ


1281_☆ベルヴェデーレ宮殿5_convert_20180702055326


音楽の次は美術。
トラムに乗ってもう一つの宮殿へ。


1282_☆ベルヴェデーレ宮殿6_convert_20180702055447


美しい宮殿。
見事な庭園。
そしてクリムトの名画。


1306_☆スフィンクス像_convert_20180627211339


1287_階段_convert_20180627210721


1295_☆クリムト3_convert_20180627211150


それにしてもひとつの街にどれだけのお宝があるんだろう。
ここはディズニーランド?


1289_☆下宮4_convert_20180627210855





2018年6月の読書まとめ

6月の読書メーター
読んだ本の数:7
読んだページ数:1701
ナイス数:56

旅する力―深夜特急ノート (新潮文庫)旅する力―深夜特急ノート (新潮文庫)感想
深夜特急を読んでから何年になるんだろう。サラリーマンとして仕事に追われ、結婚し子どもができて生活のために全ての時間を費やしてきた。それが自分のしたい事なのかとか考えたこともなかった。20代どころか今まで旅などしたこともなかった。行ったことがあるのは観光旅行だけ。今にして思えば人生の大きな悔いかも。今さら取り返すことは不可能。
読了日:06月10日 著者:沢木 耕太郎


ロードバイクの作法 やってはいけない64の教え (SB新書)ロードバイクの作法 やってはいけない64の教え (SB新書)感想
私にはレベルが高すぎた。"もっとラクに速く"なりたいけど、目的はレースじゃない。途中からはとばしとばしになってしまいました。
読了日:06月14日 著者:竹谷 賢二


名画で読み解く ハプスブルク家12の物語 (光文社新書 366)名画で読み解く ハプスブルク家12の物語 (光文社新書 366)感想
面白かったです。複雑で込み入った古いヨーロッパの話も絵画と一緒なのでイメージが掴み易く、名画で読み解くというのは良いアイデアでした。また、取り上げられている絵と解説も素晴らしい。これでまた、ヨーロッパへの興味が深まりました。
読了日:06月16日 著者:中野 京子


鈴木みきの ぐるぐる山想記 (散歩の達人POCKET)鈴木みきの ぐるぐる山想記 (散歩の達人POCKET)感想
購入後70分、読み始めて1時間ちょうどで読了。くすくす笑いさせていただきました。さぁ、この夏の山の計画、第3弾を考え始めよう。北アルプス3連発か思い切って北海道か…
読了日:06月17日 著者:鈴木 みき


世界でいちばん旅が好きな会社がつくった ひとり旅完全ガイド世界でいちばん旅が好きな会社がつくった ひとり旅完全ガイド感想
バックパッカーになるつもりも、ゲストハウスにもドミトリーにも泊まるつもりはないけど、次はどこに行こうかな〜
読了日:06月17日 著者:TABIPPO


パラダイス山元の飛行機の乗り方パラダイス山元の飛行機の乗り方感想
うらやましい。他人の金で飛行機に乗って上級会員になりたい。絶対無理、出来ないけど…
読了日:06月28日 著者:パラダイス 山元


世界中で迷子になって世界中で迷子になって感想
良い旅をされてきていてうらやましい。もっと旅の話が多ければ良かったなぁ。
読了日:06月28日 著者:角田 光代

読書メーター



Wien…音楽鑑賞の旅〜4日目 再びホテルへ


1269_☆帰り3_convert_20180625073558


終わってしまいました。

ベルリンフィル音楽監督のラトルを
最後に聴けてよかった。


1275_☆帰り9_convert_20180625073643


スーツを脱ぎにホテルに戻ります。

良い天気のシュテファンプラッツは大賑わい。


1276_☆昼のシュテファン寺院_convert_20180627205710


ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
blog list
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ