< >

2018年2月の読書まとめ


2月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:1635
ナイス数:65

幻夏 (角川文庫)幻夏 (角川文庫)感想
出来すぎの展開は1度目なら喝采かも知れないが、2回目だとわざとらしさが鼻につき、嘘くささに冷めてくる。上っ面のTVドラマならこれで良いのだろうが、とても切ない背景が泣ける小説の可能性充分だったのに残念です。
読了日:02月15日 著者:太田 愛


絶望ノート (幻冬舎文庫)絶望ノート (幻冬舎文庫)感想
途中まではいじめの本かと読み始めたことを後悔していましたが、ラストで前提としていた部分が完全に裏切られました。お見事です。テンポも良く長さを感じさせないなかなかの本でした。
読了日:02月20日 著者:歌野 晶午


1冊でわかるポケット教養シリーズ 吉松 隆の 調性で読み解くクラシック1冊でわかるポケット教養シリーズ 吉松 隆の 調性で読み解くクラシック感想
電車の中で読もうととっておいた本でしたが、2年越しでようやく読み終わりました。ページ数は多くないものの、単なる楽典的な解説だけでなく幅広の内容で、とても分かりやすく楽しく読むことができました。
読了日:02月26日 著者:吉松 隆


街と山のあいだ街と山のあいだ感想
まず、装丁が良いです。カバーが付いてない本って最近あまり見かけません。大きさも小さくて、色合いや手触りもほっとする感じです。もちろん内容も良い感じで、山への想いに満ちています。特に前半の数編は面白くて一気に読みました。登場するのは有名どころの山は少なくて名も知れない低山がメイン、語り口は静かで、情感に溢れ心に沁み入りました。山頂のお話しや短い話などはもっと長く読んでみたいと思いました。
読了日:02月28日 著者:若菜晃子

読書メーター




ローエングリン


0202_東京文化会館_convert_20180225173410


東京二期会オペラ劇場『ローエングリン』:ワーグナー(全3幕)

東京文化会館
上演時間:約4時間20分

出演者
指揮/準・メルクル
演出/深作健太

装置/松井るみ
衣裳/前田文子
照明/喜多村 貴

合唱指揮/増田宏昭
舞台監督/八木清市
公演監督/大野徹也

ハインリヒ・デア・フォーグラー /小鉄和広
ローエングリン/福井 敬
エルザ・フォン・ブラバント /林 正子
フリードリヒ・フォン・テルラムント /大沼 徹
オルトルート/中村真紀
王の伝令/友清 崇
4人のブラバントの貴族/吉田 連、鹿野浩史、勝村大城 、清水宏樹

合唱/二期会合唱団
管弦楽/東京都交響楽団


0209_開園前_convert_20180225173539


何年振りのオペラだろう?
もしかして、なぁちゃんと聴いた”ラ・ボエーム”以来?

二期会は2回目?
”ラ・トラヴィアータ”以来?

そのくらい久し振りの生オペラ。


DS1_1394_convert_20180225173620.jpg


やっぱり素晴らしかった。


20180221223625_convert_20180225173652.jpg


出演者皆さんの熱演に涙。
素晴らしい歌声にため息。
合唱の迫力に圧倒。

オーケストラの音色に感動。
出だしの一音から痺れまくりの弦の美しさ。
ホール内あちこちから響く金管の大迫力。

舞台の荘厳さに息をのみ、
マエストロの後ろ姿には惚れぼれ。


DS1_2903_convert_20180225173721.jpg


全てが夢のような空間でした。


DWy_I_aV4AA51xe_convert_20180225173739.jpg


田舎に引きこもっていてはダメだと、
改めて思い知らされた午後でした。


01-2_convert_20180225173812.jpg


02_convert_20180225173837.jpg




グレイテスト・ショーマン


20180110160557_convert_20180224231131.jpg


面白かった。
エンターテイメント性抜群。


20180109-00000005-dramanavi-1-00-view.jpg


ミュージカル映画を満喫。
やっぱりこうでなくっちゃ。


GALLERY015236_2_convert_20180224231254.jpg


絶叫型の歌が多くて、
聞いてるだけでストレス発散。
スッキリしました。


the-greatest-showman-soundtrack-billboard-200-1-min_convert_20180224231319.jpg


次は”MAMMAMIA! HERE WEGO AGAIN”だな。


_1_rect980_convert_20180224231335.jpg


37336668_117079_convert_20180224231421.jpg






新世紀、パリ・オペラ座


img_20171213_0002_15_convert_20180212120739.jpg


3連休の2日目。


写真_2018-02-10_9_40_54_convert_20180212125440


初日は自転車。
まだ雪が残っててちょっと早かった。


写真_2018-02-10_11_20_52_convert_20180212121309


あしたは1日中雪の予報。


Palais-Garnier_convert_20180212120948.jpg



と言うことで出かけました。


qjuglbgnj5kscjpddqge_convert_20180212125309.jpeg


舞台裏が覗き見れてよかったけど、
わざわざ見るような映画ではない感じ。


361606_001_convert_20180212121016.jpg


TH_subcnt4667_convert_20180212125218.jpg


やっぱり本物のガルニエ宮に行くしかないね。


lopera-garnier_convert_20180212125100.jpg


maxresdefault_convert_20180212125250.jpg


大音量で音楽が聴けて良かった。
こんなのTVで観てもしょうがないよ。


T0022326p_convert_20180212130156.jpg






スリー・ビルボード

8ddcc9b22a4299de_convert_20180203171947.jpg


本年度のアカデミー賞最有力候補と
呼び声の高い本作品を観てきました。


EP-311169301_convert_20180203172150.jpg


映画作品らしい映画でしたが、
なかなか難しかった…


olive-3-billboards-_convert_20180203172057.jpg


単純なストーリーではなく、
登場人物も皆一筋縄という訳にはいかない。
そして何より、これはアメリカの物語。


billboards3_convert_20180203173230.jpg


原題は「Three Billboards Outside Ebbing, Missouri」
このミズーリにも大きな意味があるなんて、
途中まで気がつきませんでした。


fc2blog_20180203173352f1c.jpg


エンディングもなかなかのもの。
考えさせられ、
余韻を十分かみしめられる。


fc2blog_2018020317365843d.jpg


アカデミー賞にはちょっと地味かもしれませんが、
風格のある、何度か観たくなる、味わい深い作品でした。


three-billboards-outside-ebbing-missouri-758x407_convert_20180203173934.png


冒頭に流れた”庭の千草”が
断片的に以降も現れ、耳に残りました。

So soon may I follow,
When friendships decay,
And from Love's shining circle
The gems drop away.
When true hearts lie withered,
And fond ones are flown,
Oh! who would inhabit
This bleak world alone?


7502b693816d763d_convert_20180203173303.jpg





ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
blog list
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ