< >

2017年7月の読書まとめ


7月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:725
ナイス数:72

暗幕のゲルニカ暗幕のゲルニカ感想
重厚感のある小説でした。誰でもが知っているピカソのゲルニカ。それでも絵画の世界には疎く、反戦の絵画だとは知っていましたが、戦争によりこんな運命を辿らされた絵だとは全く知りませんでした。カザルスといいピカソといい、芸術家は純粋さゆえに反戦へも一直線なのでしょうか。日本の国会議事堂にもゲルニカの複製を飾ったり、鳥の歌をBGMで流したりすれば良いのにと思いました。いつものとおり前半はカフェで、終盤は自宅で読みましたが、本作のフィナーレで自室のスピーカーから流れていたのはベートーベンのピアノソナタ32番。演奏がアファナシェフというのはお笑いでしたが、エンターテイメント性では不利なものの、本屋大賞のピアノコンクールの作品よりも私には好印象でした。
読了日:07月09日 著者:原田 マハ


尾瀬自然観察手帳(大人の遠足BOOK)尾瀬自然観察手帳(大人の遠足BOOK)感想
尾瀬に行く前に読めずに帰ってから読んだ。こうした自然が保たれるのもあとわずかな期間なんだろうと思う。人間が滅亡しない限りは。
読了日:07月23日 著者:猪狩 貴史


アタック(仮)アタック(仮)感想
エスケープに続く第2弾。前回よりもレース部分は少なく全体の半分程度。前半はレースまでのチームや選手解説。後半はやっぱり臨場感があって迫力を感じられドキドキしながら読むことが出来た。2016年版が出たらまた買います。毎年書いて欲しいな。でも、なんでタイトルが「アタック(仮)」なの?ブクログでは正確なタイトルでイメージもちゃんと登録になってますが?反応の鈍いホームページや使い勝手の最悪なアプリといい、読書メーターって管理者がやる気ないんじゃない?
読了日:07月29日 著者:佐藤 喬

読書メーター

初めての尾瀬 後半 裏燧へ ♪♪


1565_✩至仏山_convert_20170722180744


今日も4時前に起床。
さっそく徒歩3分の尾瀬ヶ原へ。


1576_✩燧ケ岳_convert_20170722180917


おぉーっ!
木道の向こう、朝靄に浮かんでるのは至仏山☆
これが尾瀬。
思っていたそのまんま。


1577_✩朝靄の池塘_convert_20170722181237


振り向くと、見晴の山小屋の向こうにでっかい燧ケ岳☆
ここにいたのか〜!


1622_✩平滑の3_convert_20170722181615


原っぱからは湯気が立ち上る。
もやもやの中にポツポツと立つ木々が幻想的。


1634_三条の滝上部_convert_20170722182120


早朝の尾瀬ヶ原を十分に堪能。
いつまでも見ていたかった…


1643_✩滝壺_convert_20170722182230


今日は三条の滝経由で裏燧を御池まで戻ります。

平滑の滝から三条の滝までは、
クサリ、ハシゴのアドベンチャーを満喫。
おかげで三条の滝では今回唯一の達成感☆
歩きながらずーっと聞いていた滝の音が今でも耳を離れません。


1653_✩ワタスゲ田代_convert_20170722182748


その後は、小さな湿原を何個も巡る帰り道。
やっぱり溢れんばかりのワタスゲが、
いくつもいくつもゆれて待っていてくれました。


1657_✩吊り橋_convert_20170722182408


なごり惜しい燧ケ岳裾野1周のハイキングも、
最後の湿原を過ぎるとすぐに御池登山口。
とうとう戻って来てしまいました。


1668_✩ワタスゲを行く2人_convert_20170722182602


初めての尾瀬、
お天気にもまずまず恵まれて、
北半分を満喫することができました。


1686_✩溢れるワタスゲ2_convert_20170722182901


秋は南側を制覇、
そして至仏山と燧ケ岳はいつ登ろうかな…


1695_燧の湯_convert_20170722183026



初めての尾瀬 前半 尾瀬沼から見晴、竜宮へ ♪♪


1444_✩尾瀬沼へ_convert_20170722083557


梅雨の真っ只中。
それでも3連休はどこかには行かねば…


1432_✩大江湿原5_convert_20170722083441


と思っていた矢先、
"尾瀬に行きませんか?"
"はい、行きます!"…即食いつきました。


1450_✩ニッコウキスゲの道_convert_20170722083715


前日の仕事は余裕を持って切り上げ、山行の準備。
意外に手間取り、興奮して眠れないのも加わり、睡眠時間は不足気味。
なのに行きの道中もウキウキして眠れません。


1497_✩森_convert_20170722083958


雨の予報は見事にハズレ ♪♪
さぁ出発です!


1507_✩最初の尾瀬ヶ原_convert_20170722084111


沼山峠からスタートです。


1516_✩弥四郎小屋から尾瀬ヶ原_convert_20170722084215


大江湿原ではワタスゲが大勢でお出迎え☆
まるでパラダイス!みんな大喜びです。


1522_✩池塘_convert_20170722084347


同行者2名が腹が減ったとのことで、さっそく湖畔の休憩所でカレーライス。
燧ケ岳がデカすぎる〜


1533_✩離れる瞬間_convert_20170722084626


ポツポツと落ちて来た雨も樹林帯の中だったので、全く影響なし。
浅湖湿原では水芭蕉も待っていてくれて大感激。
池塘ではサンショウウオの姿も。


1544_✩至仏山方向_convert_20170722084817


沼尻を経てついに見晴に到着。
尾瀬ヶ原、広すぎる〜!
今までの湿原は子どもたちだったのか。


1545_✩分岐_convert_20170722084933


一休みした後で湿原を散策。
どこまでも続く木道。
湿原の中にポツリポツリと立つ白い木。
川ではイワナが飛び跳ねていました。


1550_✩湿原の木3_convert_20170722085043


曇り空で、燧ケ岳も至仏山もお星さまたちも雲の中。
だけど、それでもここは本当に天国。


1555_弥四郎小屋_convert_20170722085235


下界の灼熱地獄をよそに、薄着では寒い夜が更けていきました。


1563_✩夕暮れの尾瀬ヶ原_convert_20170722085331




ニッコウキスゲは今年もガスガス(>_<)


1924_きいろ6_convert_20170704065830


思い起こせば昨年の今日。
ガスの湿原のリベンジを果たすべく、2週続けて雄国へチャレンジ!
見事、山も沼も超気持ち良い、大満足の山行となりました。


そして1年後…

1335_✩もっと暗くなった_convert_20170703201857


1363_✩コバイケイソウ_convert_20170703201439


豪雪により季節は1週間後ろ倒し。
ようやく本日、ニッコウキスゲが見頃を迎え、湿原へLet's go!


1344_✩ニッコウキスゲとコバイケイソウ_convert_20170703201346


結果はタイトルのとおり、状況は写真をご覧ください。
来週、2年続けてのリベンジ山行は…ない予定です。


1388_✩ヤグルマソウ2_convert_20170703201727


1354_✩レンゲツツジとニッコウキスゲ_convert_20170703201416


なお、早朝の登山口到着5分前、道端で割と大きな子グマに遭遇しました。
皆さん、お気をつけくださいませ。


1331_✩ブナ林_convert_20170703201132


1394_土湯温泉_convert_20170703202831


ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
blog list
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
検索フォーム
レース情報
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ