< >

2月の読書まとめ

2017年2月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:2152ページ
ナイス数:127ナイス

洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)洗面器でヤギごはん (幻冬舎文庫)感想
今回も良かった。それなり以上のホテルに泊まって、ちゃんとしたレストランで食事をして、風呂かシャワーとウォシュレット付きのトイレは必須、という条件を外せない自分にはおそらく耐えられない旅。それを7年半、全世界。日本に帰って来たことが偉いと思う。もっと長くてもいいから現実から離れてはみたい。死ぬ以外には絶対に不可能だろうけど…
読了日:2月9日 著者:石田ゆうすけ


蜜蜂と遠雷蜜蜂と遠雷感想
これはまさに私の好みぴったりのテーマ。ジンくんが登場したところから一気でした。もちろん観客席からだけど、オペラシティでの日本音楽コンクールの緊張感がよみがえりすっかり没頭、これほど涙目で読んだ本は久しぶりです。ただ、せっかくの小説なのだから楽曲解説などは大幅に省略して、その分を演奏家やその周辺の描写に当てて欲しかった。でなければ、縮めれば1/4くらい短くできるかも。あとはタイトルも私には今ひとつ。通り一遍の表現も気にはなりますが、クラシック音楽の専門家じゃない人がよくここまで書けたなって感じです。
読了日:2月12日 著者:恩田陸


走ル (河出文庫)走ル (河出文庫)感想
ようやく分かってきました。自転車の小説は面白くない、サクリファイスシリーズや石田ゆうすけさんの本などはごくごくわずかの例外なのだと。同じアウトドア系でも山岳小説などは読み応えがあって面白い作品も多いと思いますが、自転車の本は本当にろくなのがないという感じ。とりあえず買った本だけはしょうがないから読むけど、もうやめようと思います。
読了日:2月17日 著者:羽田圭介


みかづきみかづき感想
祖母、両親と叔母、孫、3世代に亘る大河ドラマ。冒頭から圧倒され一気に読んでしまいました。登場人物は教育関係者でかなり個性的ですが、上から目線のいわゆる教育者とは異なり、それぞれに惹きつけられるものがありました。後半のバトンタッチなどの場面では涙。半分くらいまではカフェで人前で読んでいましたが、途中から家に戻ってひとりで読んでいて良かった。直哉くんには本当に幸せになって欲しい。先日読んだコンクールの話は娯楽に徹していたような感じでしたが、こちらは硬派。安倍晋三への痛烈な批判が気持ち良かったです。
読了日:2月19日 著者:森絵都


静岡で愉しむサイクリングライフ静岡で愉しむサイクリングライフ感想
20ページまでたどり着けずに挫折。ブックオフに持ち込むか、しばらく放置するか悩む。
読了日:2月25日 著者:白鳥和也


記者たちは海に向かった  津波と放射能と福島民友新聞 (ノンフィクション単行本)記者たちは海に向かった 津波と放射能と福島民友新聞 (ノンフィクション単行本)感想
途中までパラパラと読んだ。何のために書いた本なのだろう?新聞社へのよいしょ本なのか。大地震や大津波がくれば地獄絵図になる、ただそれを書いただけ。新聞なんか毎日発刊されなくても誰も困らないだろう。おまけに原発爆発の記載がきれいごと。これは天災ではなく金儲けを企む人間の悪意が起こした事件。しかも当事者の東京電力は、周辺住民に事態を知らせる前に自分たち家族だけ逃すという卑劣な行為をとった。それらの社員の口座に億単位の大金を振り込んだ上で。こんな本を読んで感動などというおめでたいことを言える人生を送りたかった。
読了日:2月25日 著者:門田隆将

読書メーター


ラ・ラ・ランド


la-la-land_convert_20170226173325.jpg


んー、微妙だぞ〜


640-2_convert_20170226173119.jpg


自分にとっては好きな内容だったけど、
ミュージカル映画を満喫したいと期待した人は
ちょっと違うって思うかも。


640-3_convert_20170226173153.jpg


オープニングとフィナーレこそ典型的ミュージカル。


640-5_convert_20170226173226.jpg


だけどそれ以外で歌や踊りが印象に残ったのは、
パーティに行くぞって場面と夜景やオーディションの時くらい。

他にも歌わせれば盛り上がりそうなシーンがたくさんあったのに、
普通の芝居で表現してた感じ。


640-4_convert_20170226173208.jpg


オペラじゃないからこんな程度なのかな??


lala_convert_20170226173344.jpg


脇役のキースはとっても歌が上手だったけど、
主役はそれほど上手と思えないし…


lll_publicity_-_embed_3_2016_convert_20170226173418.jpg


おまけに最後が悲しい…


lalaland_vidpic_082316_1280Copy_convert_20170226173402.jpg


お互いの夢が叶ったのにハッピーエンドにならない。

こうしたミュージカルだったら、
途中では泣かせても最後は笑顔にして欲しかった。


la-et-mn-la-la-land-review-20161205_convert_20170226174900.jpg


だけど好きなタイプの作品。
面白かったしとても良かった。


LaLaLand_Trailer_convert_20170226174548.jpg


夢を追いかける単純明快なストーリー。

最初から最後まで二人だけの世界。
何も考えずに夢の世界に浸るだけ。


1481829707076_convert_20170226174532.jpeg


ヒロインが可愛くて、
ライアン・ゴズリングのピアノはめっちゃ素晴らしい♪


la-et-mn-la-la-land-review-20161205_convert_20170226174900.jpg


アカデミー賞とって欲しいよ✩


640_convert_20170226173243.jpg


でも、ハリウッドがこんなにプリウスだらけだと、
またトランプが吠えちゃうんじゃないの(笑)


la-la-land-poster-8_convert_20170226173306.jpg





白川郷


日本海側から向かいました。

0171_✩日本海2_convert_20170211092309


吊り橋を渡って集落へ。

0279_✩であい橋全景_convert_20170211141323


すごい雪。

0332_✩バスターミナル横_convert_20170211142056


展望台から村を一望。

0249_✩展望台から_全景9_convert_20170211093354


雪が舞ってきました。

0225_✩展望台から_雪が降る2_convert_20170211092624


村を散策。

0315_✩東通り_convert_20170211141806


合掌造り。

0305_✩三つ子2_convert_20170211141653


定番の撮影ポイント。

0295_✩明善寺庫裡3_convert_20170211143305


トゲトゲの木

0308_つららの塊2_convert_20170213042813


かわいい雪だるま。

0324_✩写真場所_convert_20170211141935


バスターミナル前…次は高山へ。

0333_✩帰り_雪が降って来た_convert_20170211142218





Born To Be Blue


bb_convert_20170211153006.jpg


音楽の映画はいい。
クラシックでもジャズでも。


born_to_be_blue_ii_convert_20170211152250.jpg


この作品も最高。
内容も、映像も、音楽も。


241302_convert_20170211152951.jpg


チェット・ベイカーの転落から再起まで。

My Funny Valentine
Over The Rainbow
Born To Be Blue…


maxresdefault_convert_20170211152331.jpg


復活のために再びドラックを選択し、
支えてくれた女性は去っていく。


thumbs_convert_20170211153019.jpeg


主演イーサン・ホークの演技がすばらしい。
演奏も歌も彼自身のようでスゴいの一言。

久しぶりにジャズを聴きたくなった。


chetbaker-movie-trailer01_convert_20170211152312.jpeg


それにしてもなんだろこの邦題。
曲も同じなのかもしれないけど好きじゃない。


T0021230p_convert_20170211152407.jpg




2017年1月の読書まとめ

2017年1月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1922ページ
ナイス数:115ナイス

自転車冒険記---12歳の助走自転車冒険記---12歳の助走感想
こっちこそが少年記でした。とは言っても、大人目線の都合のいい話であることは変わりなし。年末年始に一気読みするにはいいけどなんか素人くさい。特に大人の話はありきたりのエピソードの寄せ集めって感じでシラケる。
読了日:1月1日 著者:竹内真


スティグマータスティグマータ感想
途中までいつものパターンに終始し”もうこの物語も限界か”と思えたが、終盤の山岳コースに入り一気にスピードアップ。まだまだいけるとういところを見せつけてくれた。1回くらい勝たせてやりたいな。次回作が待たれる。
読了日:1月2日 著者:近藤史恵


銀輪に花束を (小学館文庫)銀輪に花束を (小学館文庫)感想
自転車も好きだし盛岡も好きだけど、本当につまらなかった。クラシック音楽もバッハも好きで、ゲバントハウス四重奏団のベートーベン弦楽四重奏曲全集のCDも持ってる。竹沢恭子は知らないけどメンデルスゾーンもチャイコフスキーも良く聴く。カインド・オブ・ブルーやビル・エヴァンスは昔よく聴いた。八幡平はなんども行ってるし種差海岸も行ったことある。だけど本当につまらなくて途中で投げ出しました。
読了日:1月3日 著者:斎藤純


エスケープ 2014年全日本選手権ロードレースエスケープ 2014年全日本選手権ロードレース感想
これはすごい。購入して、本屋併設のカフェで読み始めて一気でした。冷静な文章の中にこれだけのドラマ。決して煽られてはいないのに最終周回では胸が熱くなりました。最高のドキュメンタリーでした。それにしても、ロードレースがこれほど頭を使うスポーツだったとは。それなのに勝負は偶然がもたらすもの。ますます自転車への興味が強まりました。2017年の選手権にも大いに期待です。
読了日:1月8日 著者:佐藤喬


その峰の彼方 (文春文庫)その峰の彼方 (文春文庫)感想
最高につまらなかった。正確には読み終わったとは言えず途中断念。だらだらだらだら前に進まず演出過剰な同じ表現の繰り返し。それが延々と文庫で300ページ以上続く。うんざりしながら1ヶ月近く読み続けましたが、我慢できずにヘリで救出されたところで諦めました。この後もまだ100ページ以上続くなんて信じられません。短編小説を印税稼ぎのために無理やり引き伸ばした、まるで3流学者の哲学書もどきか新興宗教のお粗末な教義書のような本でした。
読了日:1月29日 著者:笹本稜平


王とサーカス王とサーカス感想
ミステリーというよりも小説として読み応え十分。ラストの展開など予想外でしかも考えさせられる。ヒマラヤのトレッキングではないネパールを味わえた。内容を想像できないタイトル、実際の事件を下敷きにした壮大なテーマも良い。久しぶりに面白くて満足できる本を読みました。
読了日:1月30日 著者:米澤穂信

読書メーター



ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
blog list
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
検索フォーム
レース情報
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ