< >

2016年7月の読書まとめ

2016年7月の読書メーター
読んだ本の数:7冊
読んだページ数:2329ページ
ナイス数:93ナイス

幸せになる百通りの方法 (文春文庫)幸せになる百通りの方法 (文春文庫)感想
これも荻原節ですね〜♪なかなか大変な世の中だけど、視点を変えて前向きにしてくれるお話。最後は"よ〜し、頑張ろう"だけど、私はもうムリかも…
読了日:7月4日 著者:荻原浩


日本百名山登頂記(六)―一歩、一歩 時には半歩日本百名山登頂記(六)―一歩、一歩 時には半歩感想
ついに完登。おめでとうございます!私には到底できない偉業。お疲れさまでした。
読了日:7月9日 著者:池田和


どこかでベートーヴェン (『このミス』大賞シリーズ)どこかでベートーヴェン (『このミス』大賞シリーズ)感想
ミステリーと言うよりはただの音楽小説でこれまでのものと比べると××ですが、この人はやっぱり音楽系の話の方が断然良いと思います。読んでる途中で悲愴を聞いてしまいました。これも3大ソナタの中では月光、悲愴よりは熱情が、3大ソナタよりは最後の3つのソナタの方がはるかに好きですが…。最後の1行には笑わされました。
読了日:7月10日 著者:中山七里


米国の不動産知識A to Z―ニューヨーク市場から学ぶ不動産の国際基準 (住宅・不動産実務ブック)米国の不動産知識A to Z―ニューヨーク市場から学ぶ不動産の国際基準 (住宅・不動産実務ブック)感想
網羅的な教科書といった感じで米国の不動産状況の概観がよく理解できたが、期待した投資や税務的内容はあっという間に終わってしまった。
読了日:7月15日 著者:山本正俊,山本みゆき


コールドゲーム (新潮文庫)コールドゲーム (新潮文庫)感想
いじめと呼ばれている学校での集団リンチ行為の話題は、結末がどうあれいつもどうしようもないやりきれない思いが残る。暴力を振るっていた子どもたちは全員、何年先になろうとも死ぬまでの間に絶対に犯した罪以上の報復を受けるべきだと思うが、暴力を受けていた子どもはもはや救いようがない。せめて彼自身の手で、動物以下の教師や同級生たちに復讐させてやりたいと思うだけ。以上は小説の世界ではなく、現実社会の問題としての意見。この小説は、硬派の荻原さんの持ち味が十分発揮されたとても読ませる話でした。
読了日:7月22日 著者:荻原浩


終わった人終わった人感想
まさに終わりかけている身としては身につまされる話。東大卒ではなくメガバンク勤務でもないけど、今の私は会社で遅れ始めて次は外に出されることもあり得る立場。帯に書いてあるような”読後が清々し”くはないし”妻に読ませる”気もしないし”定年後に読み返した”くもないが、所々に自分が犯しそうな過ちのエピソードが挿入されており注意喚起にはなる。多くの人はこんなにプライドにしがみ付かずに適当に折り合いをつけるし、パートだOB会の役員だとか言って定年後も元の会社の近くに身を置き、元の職場の人達とつるんでるんじゃないの?また、ここまで酷い妻なら一人になるのはお互い様と割り切ってさっさと別居すべきだと思うし、これほどまで捌けた娘ってのも信じられない。そもそも、たとえ東大法学部卒でメガバンクで働いていたとしても、ちゃんとした部の部長にもなれない人がそこまでエリートなのだろうか?
読了日:7月30日 著者:内館牧子


海の見える理髪店海の見える理髪店感想
良かった。これも荻原さんらしい作品。でも、直木賞はもっと早く別の作品で受賞していて良かったのに。最後の”成人式”を人前で読んだのは失敗。うつむいたり天井を見上げたり…顔を隠さなきゃならない状況になりました。陽太くんが幸せになっていますように…
読了日:7月31日 著者:荻原浩

読書メーター



インデペンデンス・デイ リサージェンス


Independence-Day-Resurgence-600x360_convert_20160723193442.jpg


隅から隅までワンパターン。
しかも超ご都合主義…
それでも面白い。


Independence-Day-Resurgence_convert_20160723193458.jpg


大画面で大迫力。


25cb7c5e-6eac-4f52-a8f0-b491574be72c_convert_20160723193408.jpg


あれから20年かぁ…


poster2_convert_20160723193614.jpg




3回目の山響コンサート


2075+山形テルサ大ホール_convert_20160719211706


山形交響楽団 第254回定期演奏会
指揮:田中祐子、ピアノ:伊藤恵

池辺晉一郎/小交響曲
シューマン/ピアノ協奏曲 イ短調 作品54
ベートーベン/交響曲 第3番 変ホ長調「英雄」作品55 
 
ロビーコンサート
 B.H.クルーセル クラリネット四重奏曲第2番 ハ短調 Op.4 より
 演奏:川上一道(Cl)、舘野ヤンネ(Vn)、成田寛(Vla)、久良木夏海(Vc)

アンコール
 トロイメライ(伊藤恵)


2071+ロビーコンサート_convert_20160719211817


3回目の山響。

最初はオペラシティでカリンニコフ。
それも2番☆
これが最高の演奏で好きだったカリンニコフがもっと好きに♪
そしてなんと、お土産にラスク付き!

次は山形テルサでドボ7。
チェコ人の指揮者が最高のパフォーマンス。
協奏曲のソロは堀米ゆず子さん。
アンコールのバッハ無伴奏ソナタ3番ラルゴに涙、涙…

そして3回目の今日は…


2074+ロビーコンサート4_convert_20160719211537


まずはロビーコンサート。
全然知らない作曲家の知らない曲。
これがいい。
しかも1曲フル演奏。
開演前のコンサートの域を超えてます。


そして指揮者のプレトーク。
作曲者の池辺晋一郎さんまで登場☆
盛り上がらないわけがない。

池辺さん、演奏中は同じ列に来た!


2078+池辺晋一郎氏_convert_20160719211938


山響は少人数でとてもよく頑張って演奏。
フォルテシモはみんな精一杯。
これが感動的。

ピアノのソロは思い入れたっぷり。
あまり好きなテンポではない…
出だしや2楽章は止まるんじゃないかと思ったほど。
でもフィナーレはさすがに盛り上げた。
アンコールは涙。

指揮の田中さんは元気いっぱい。
ベートーベンも早い早い。
おかげで間に合わないと思ってた電車に乗って帰れました(笑)

聴き慣れた3番がとても新鮮で、
また違う曲を聴いてみたいな♪


前回と違って周囲に子供はおらず、
静かに集中して聴くことができました。
それが何より。


2069+山響トラック_convert_20160719212911


山響のみなさん、今回も良かった〜!
演奏者も裏方の人も
楽団の人たちみんなの努力が素晴らしいと思う。
地元の人にも愛されてる感じ。

山形の人たちがうらやましいな。
絶対にまた聴きに行こう♪


CnKaxMQUMAAEuV3_convert_20160719212459.jpg





蔵王でまったり♪


当初の予定ではこの日は北アルプス。
今までで一番遠くまで遠征するはずだったのに…


2059+☆お釜と蔵王_convert_20160719183141


1週間前から天気予報とにらめっこ。
キャンセル料をケチって火曜日に方針変更し山行は諦める。

ところが前日の夕方に天気予報が好転。
いまさらどうしようもないけど、
じっとしていられなくて近場のお山でまったりすることに。


1965+☆溢れてきた_convert_20160719183024


噴火予報の影響でまだ観光客が少ない蔵王。
山頂レストハウス駐車場は6:30で車3台。

誰もいない中を出発。
いい感じ。

青空は少なかったものの風はなく快適。
諦めていたコマクサもまだ残っていてくれて感激。


1999+コマクサ_convert_20160719183349


地蔵山の山頂で折り返そうと思っていたものの、
まだ余裕ありと感じてお地蔵さんに会いに降りていく。

一昨年の10月、
山登りを始めて2ヶ月目に同じ宮城県側から登った時は、
降りたらとても戻ってこれないと見下ろした山形蔵王への道。

今回はそのさらに向こうまで歩くことができました。


2026+☆山形蔵王温泉_convert_20160719183522


毎度、疲れた疲れたばかりの山歩きでも少しは進歩?
だけど今回、達成感はないんだなぁ…


2064+☆ダイワロイヤル_convert_20160719183619





リベンジ成功!雄国山と黄色く揺れる湿原♪(#^.^#)


1922+☆きいろ_convert_20160706191928


まさかの2週続けての雄国!
しかも同じコースとは…


1793+☆明るい_convert_20160706190730


金曜日の仕事の帰り。
何気なく明日の天気予報を見ると雨じゃなくて曇り。
雄国山は…午前中曇り時々晴☆


1830+☆あそこが山頂…ではなかった_convert_20160706190859


これはリベンジと急遽出発を決め準備開始。
駐車場の混雑が予想されるため早めに寝た…と思ったら、
起きたのはなんとAM1時15分。


1838+☆登頂_convert_20160706191009


運動会前日の小学生のような興奮状態。
まったくおバカ。
おかげで余裕で車を停められました。


1846+✩雄国沼_convert_20160706191126


登山道は最近の雨のせいでドロドロでしたが、
稜線の道はコンディション良好で見晴らしもバッチリ。


1844+☆喜多方_convert_20160706191231


そして山頂は誰もいなくてずっとひとり…いい感じ♪
少しだけでしたが時々青空も顔を出し、
湿原を眼下に絶景を堪能することができました。


1857+☆木道アップ_convert_20160706191648


ニッコウキスゲはピークを過ぎたものの、
それでもまだ所々で一面黄色。
写真も今日はピントがあっているような気がします(笑)


1911+木道_convert_20160706191759


先週のリベンジは来年かと思っていましたが、
思いもがけず早々に達成。
来年のこの時期も必ずまた行こう!


1926+きいろ8_convert_20160706192134


1934+湿原の風景_convert_20160706203630




マイケル・ムーアの世界侵略のススメ


355782_002_convert_20160703192402.jpg


イタリアやフランスまではまだ笑って観ていられた。

こんな国で生きている己の不幸を…
なんと貧しくて抑圧された国に生まれてしまったのかと。

日本人っていったい何のために生きているのだろう?


355782_009_convert_20160703192531.jpg


しかし、ドイツで凍りついた。
もはや笑えない。
知ってはいたものの我が日本との大きな違い。
なんということだ。


355782_004_convert_20160703192441.jpg


メルケルと安倍との大きな差は、
そのまま国民自体の違いだろう。

政治屋や自民党員だけが悪いのではない。
国民ひとりひとりの意識の差が、
戦争で同じく大きな罪を犯したドイツと日本を、
ここまで異なる国にしてしまったのだろう。

355782_005_convert_20160703192500.jpg


過去の罪を直視せず、
反省など微塵もなく、
言い訳、逃げに終始し、
独りよがりで、
驕り高ぶる傲慢な底の浅い国。

もちろんそれは日本だけではなく、
アメリカやその他にも存在するのだろうが…

355782_013_convert_20160703192546.jpg

そしてムーアは日本に来なかった。
それは至極当然。


355782_014_convert_20160703192602.jpg


選挙の投票日前日にNHKの地上波で放送して、
有権者全員に視聴を義務付けるべき作品。

もっともこの国民では、
見ても何も感じないかもしれないが…


355782_008_convert_20160703192515.jpg


生まれ変れるものならヨーロッパに生まれたいな。


T0020825p_convert_20160703192618.jpg




ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
blog list
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
検索フォーム
レース情報
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ