< >

2016年6月の読書まとめ

2016年6月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2225ページ
ナイス数:44ナイス

野獣死すべし (光文社文庫―伊達邦彦全集)野獣死すべし (光文社文庫―伊達邦彦全集)感想
懐かしい。そしてなんとも古くさい。金額の単位が2桁足りないんじゃないかというくらい。こういうのが流行った時代もあったんだねぇ。
読了日:6月2日 著者:大薮春彦


フライロッドと人生 (FlyRodders SELECTION)フライロッドと人生 (FlyRodders SELECTION)感想
フライフィッシング再開を期して十数年ぶりに再読。子どもたちと一緒に夢中になっていたあの頃。子どもたちがみんな去った今、想い出すと涙が出そうになる。明日の天気予報は晴れ。目が遠くなって糸を結ぶのは苦労しそうだけど、竿は振れるだろうか…
読了日:6月3日 著者:田渕義雄


日本百名山登頂記(四)―一歩、一歩 時には半歩日本百名山登頂記(四)―一歩、一歩 時には半歩感想
マイナーな山が増えてきて読む集中力が鈍ってきた。けど、ここまで読んだら最後の6巻まで読むしかないかなぁ。
読了日:6月5日 著者:池田和


1万回のキャスティング―Fish On,Fish Off (朝日文庫)1万回のキャスティング―Fish On,Fish Off (朝日文庫)感想
たぶん15年ぶりくらいに再読。いや、再々々読以上かも。こんな本を読んでしまったら釣りに行くしかないでしょう。若かりし頃の釣行も思い出させてくれる。根津さんはいまどうしてるんだろう…
読了日:6月8日 著者:根津甚八


釣り時どき仕事 (中公文庫)釣り時どき仕事 (中公文庫)感想
これも再読。そしてやっぱり面白かった。ただ、それ以上にインパクトがあったのは、自然破壊に関しての官僚や自民党、土建屋に対する猛烈な批判。全て賛同できるもので、ストレートな言い方に大変好感が持てた。長良川河口堰や諫早湾の干拓、神奈川県の川への傍若無人な狼藉ぶり…正にこの国のレベルの低さを表している犯罪行為だと思う。この本が書かれたのは20世紀の最後の頃。それから20年近く経って、我が国は川を壊すだけじゃなくて、海や空気中にまで放射能という猛毒を撒き散らして平気な国になりました。
読了日:6月11日 著者:夢枕獏


本日釣り日和―釣行大全 日本篇 (中公文庫)本日釣り日和―釣行大全 日本篇 (中公文庫)感想
これも再読。こんな本を読んでたら仕事なんかしてる暇ないってことになりそう。でも著者はすごい勢いで仕事してるんだよねぇ。でなきゃ読めないんだけど…そんなに依頼を受けなきゃいいじゃん、あ〜やだやだ。
読了日:6月17日 著者:夢枕獏


フライフィッシング教書 初心者から上級者までの戦略と詐術のためにフライフィッシング教書 初心者から上級者までの戦略と詐術のために感想
再読。この本から始まったフライフィッシング。10年振りくらいに手に取り最初から読んだ。懐かしくて胸が熱くなり、竿を振りたくなって頭が熱くなった。今さら山の奥まで渓流を上がって行く気はないけど、管釣りや里川で釣りを復活させよう。
読了日:6月18日 著者:シェリダン・アンダーソン,田渕義雄


あたらしい登山案内 -趣味と気分で選べる山ガイド-あたらしい登山案内 -趣味と気分で選べる山ガイド-感想
釣りもいいけど、気持ちよさではやっぱり山。山の本を読めば清々しい空気が恋しくなり、釣りの本を読めば引きの感触を思い出す。登ったとこも多いけど、この本に出てた山全部行きたい。
読了日:6月19日 著者:ホシガラス山岳会


日本百名山登頂記(五)―一歩、一歩 時には半歩日本百名山登頂記(五)―一歩、一歩 時には半歩感想
大詰めが近づいてきた。登る山全部楽勝って感じでスゴい。
読了日:6月24日 著者:池田和

読書メーター


雨の雄国…山はパスしてまっ黄色の湿原へ♪


1687+☆傘登場_convert_20160629210926


途中でちょっと降られたことはあったものの、
本格的な雨の山行は今回がなんと初めて。


1681+☆雪が深いんだね_convert_20160629210810


1705+出発_convert_20160629211134


混雑で車が停められないことを予想して、
3時起きしたのに〜!


1737+☆水際2_convert_20160629211509


1727+☆満開♪7_convert_20160629210530


傘も、ザックカバーも、雨具のパンツも初使用☆
天気予報はほとんど晴れだったのに…


1735+☆満開♪11水面と_convert_20160629211408


1740+☆橋を渡る人_convert_20160629211303


結局、午前中はずっと土砂降りの上にガス充満で、
山頂に向かうことは諦めて湿原歩きで終了。


1764+☆ネズミ4_convert_20160629212307


1691+☆整備された道_convert_20160629211031



もやに霞んだ雄国沼は幻想的で、
満開のニッコウキスゲはまさにいまが盛り。


1747+☆白い花_convert_20160629211618


1750+サラサドウダン_convert_20160629212218


これはこれで楽しくないことはなかったけど、
リベンジの山だけが増えて行く〜(>_<)


1748+白い花_convert_20160629211756


1752+黄色い花2_convert_20160629212107


1773+☆ギンリョウソウ5_convert_20160629212424


1785+温泉_convert_20160629212500



シークレット・アイズ


355954_001_convert_20160624220308.jpg


上映開始時刻2分後にチケット購入、
予告編上映中に着席、
事前情報ほとんどなしで観ました。


nicole-kidman-_-secret-in-their-eyes_convert_20160624220412.jpg


355954_003_convert_20160624220833.jpg


面白かった。
結末は全くの予想外で衝撃度MAX。


secreteyes_large_convert_20160624220452.jpg


355954_004_convert_20160624220512.jpg


ニコール・キッドマンが美人でいつまでも若い。
ジュリア・ロバーツは1番の演技力で本当かわいそう。
キウェテル・イジョフォーも奴隷の時と同じように頑張ってた。


960_convert_20160624220810.jpg


nicole-kidman-chiwetel-ejiofor-SECRET-IN-THEIR-EYES_convert_20160624220923.jpg


最後まで悲しい映画。


6ae001d7-s_convert_20160624220428.jpg


355954_005_convert_20160624220855.jpg


2時間があっという間に感じられるけど、
TVで見ても十分かも。


T0020881p_convert_20160624220945.jpg




帰ってきたヒトラー


640_convert_20160622185220.jpg


笑えなかった。


2d3e337200000578-0-image-a-1_1444415812919_convert_20160622185636.jpg


怖いよ。


f9540ea4-68dc-4dab-b1ba-c30dd37a62b7_convert_20160622185649.jpeg


あの時代に戻ることがありえないとは言えない。


356055_005_convert_20160622185236.jpg


今のニッポンにもこんな奴いるんじゃない?


GALLERY013351_3_convert_20160622185306.jpg


ドイツはよくこんな作品を撮って公開した。
日本には絶対に作れない映画。

見るなら絶対に選挙の前だね。


210456_convert_20160622185708.jpg



金峰山…今回もめっちゃ疲れた~♪(#^.^#)


1566+☆山頂_convert_20160618115755


富士山の絶景で評判の金峰山。


1523+コケコケの登り_convert_20160618120135


1512+真っ白_convert_20160618115920


1週間前の天気予報は雷。
それでも次第に持ち直し前日は晴れの予報に。


1533+立ち枯れの中を_convert_20160618120454


1532+大ナギを振り返る_convert_20160618120248


期待度は高まったものの、
行ってみると残念ながら山梨県側は終始真っ白。
なんとか瑞牆山だけはしっかり視界に。


1539+これから行く金峰山_convert_20160618120605


1548+着いた〜!_convert_20160618120723


絶景は望めなかったものの、
苔生した登り坂、
靄のかかった立ち枯れの道、
大きな大きな岩がたくさん重なる岩稜帯、
まるで北アルプスを思わせるハイマツの山頂部…


1550+みんな見てる〜_convert_20160618120830


1551+下界_convert_20160618121141


いろんな表情を見せてくれる登山道で大満足でした。


1590+雷鳥が出てきそうなハイマツ帯_convert_20160618123925


1560+瑞牆山アップ_convert_20160618124030


ただ、前回の安達太良は好調だったのに、
今回の登ったり下ったりの道はなぜか堪える。


1565+くぐると山頂_convert_20160618121415


1575+五丈岩_convert_20160618121607


背中の重さで登り始めから肩が痛いし、
足の親指にはマメも…しかも両足。

体力がないんだなぁ…


1583+ミネズオウ2_convert_20160618121836


1574+コイワカガミ3_convert_20160618121933


1563+キバナシャクナゲ2_convert_20160618121720


あっという間に追い抜いて行くご年配の方、
大きなザックを背負って泊りがけで遠くから縦走してくる人たちは、
ホントすごいと思う、尊敬します。


1608+大弛小屋2_convert_20160618122046


いつかリベンジかな。


1491+かぼちゃのほうとう3_convert_20160618122147




エレクトラ


《エレクトラ》1(C)Marty+Sohl/Metropolitan+Opera_convert_20160612220247


R・シュトラウス《エレクトラ》新演出
 
指揮:エサ=ペッカ・サロネン
演出:パトリス・シェロー

出演:ニーナ・ステンメ(エレクトラ)
   ヴァルトラウト・マイヤー(クリュソテミス)
   エイドリアン・ピエチョンカ(クリュテムネストラ)
   ブルクハルト・ウルリヒ(エギスト)
   エリック・オーウェンズ(オレスト)


maxresdefault-2_convert_20160612220950.jpg


これまたすごいのを観てしまった。

エレクトラ、暗くて地味…と思っていたのが大間違い。
こんな凄まじいオペラだとは思っていなかった。


elektra2-2_convert_20160612220340.jpg


出だしは音楽なし。
セリフもなし。
下女が掃除をしたり家事をしたり。

少ししてエレクトラが登場すると、
一転して猛烈な音の咆哮。
以降、ノンストップ、ラストまで止まらない…

こんなオペラ観たことがない。


Elektra_0287-s_convert_20160612220926.jpg


主役のニーナ・ステンメはずっと出ずっぱり。
ものすごく大変な役だと思う。

歌も演技も表情もすべてが素晴らしかった。
Brava〜♪


Elektra_1598-s_convert_20160612220308.jpg


それ以外の母も妹も弟もみんな熱演。
Bravo〜♫
場面場面ですべて引き込まれた。

もちろん音楽も最高。
指揮も演出も歌手たちもオーケストラもすべてが素晴らしい。


o0480036013649100401_convert_20160612220415.jpg


スクリーンとはいえ、
この演奏でこのオペラを体験することができて本当に良かった。


met-opera-electra-11074-poster-1450214147_convert_20160612221014.jpg


ヒラリー・ハーン リサイタル


ヒラリーHP_convert_20160609225418


ヒラリー・ハーン ヴァイオリン リサイタル

・モーツァルト:ヴァイオリン・ソナタ ト長調 K.379
・J.S.バッハ:無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 第3番 ハ長調 BWV1005
・アントン・ガルシア・アブリル
 無伴奏ヴァイオリンのための6つのパルティータより
 第2曲「無限の広がり」第3曲「愛」
・アーロン・コープランド:ヴァイオリンとピアノのためのソナタ
・ティナ・デヴィッドソン:地上の青い曲線

アンコール 佐藤總明“微風”
      マーク・アントニー・ターネジ”ヒラリーのホーダウン“
      マックス・リヒターの”慰撫“

ヴァイオリン:ヒラリー・ハーン
ピアノ:コリー・スマイス

東京文化会館


RtkPOBhIu4clzWoFAhwuma2NRiphGcspzvXpRLHHTCLyAsJNn8Gwgxt5GbbeGLFb_convert_20160609225300.jpeg


バッハの無伴奏は長年の愛聴盤。
とても楽しみにしていたコンサート♪

席はちょっと後ろの方だけど、
赤と白の花柄(?)のドレスがとても華やか☆


18fb076a5e380a4c67bb0254c856a359.jpg


1曲目…ん?
これってモーツァルト?
ピアノがでしゃばり過ぎ。
かなり変な感じ。


ha-n_convert_20160609225943.png


続くバッハは無伴奏。
やっぱり素晴らしいよ〜♪


ハーン


演奏する姿はなんかカクカクして、
ロボットみたいな感じなのは少女時代と同じ。

なのに出てくる音は滑らかで流れるよう。
音色は艶っぽくて、
それでいてとても上品。
音量も十分で時に力強い。

どうしてこんな美しい音が出るの?
どうしてこんなに美しい演奏ができるの?
聴きに行ってよかった…


hilaryhahnbyu1_convert_20160609225402.jpg


後半は現代曲。
ついていけない所もあって、
知っている曲が1曲だけというのは少し辛かった。

けどアンコール最後の曲がまた素晴らしい。
どうしてこんな音が出せるのだろう。
もう涙、涙…

次の来日の時も絶対に聴きに行こうっと。


4281011310_20160126111841_convert_20160609225340.jpg



Fishing♪


1431+フォレストスプリングス_convert_20160608210407


超久々の釣り。


1439+ヤマメ2_convert_20160608210742


前回は2008年。
なんと8年振り。


1435+2匹目_convert_20160608211721


それまでは子どもたちといつも一緒。


1457+チビヤマメ4_convert_20160608211105


1番鈍っていたのは合わせの感覚かな。
ボウズも覚悟してたけど釣れてよかった♪


1460+しなる!_convert_20160608211315


1459+ビッグにじ_convert_20160608211208


やっぱりフライフィッシングだねぇ。
またまたはまりそう。


1433+リリース_convert_20160608210607


1463+竿2_convert_20160608211518


全部リリース!




神様メール


355469_001_convert_20160601212745.jpg


選択ミス。
3つの候補から一番近い場所ということで選んで失敗。

355469_005_convert_20160601212820.jpg

いかにもフランス映画のノリ。
ファンタジーとは言えないストーリー。

ついていくのが大変。


355469_002_convert_20160601212805.jpg


良かったのは、
主役の女の子がかわいかったことと、
6番目の使徒の男の子が死ななかったこと。


Romain_Gelin_convert_20160601212856.jpg


フランスでは親が子供に暴力を振るうことは
常識なのだろうか?


T0020659p_convert_20160601212912.jpg




ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
blog list
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
検索フォーム
レース情報
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ