< >

早稲田松竹


名画座2本立て。
しかも邦画…

名画とは言っても
比較的最近の話題作を取り上げてるみたい。
学生時代に通った昔の名画座の雰囲気とはちょっと違う。

場所柄、ヒマな学生を狙っているのだろう。
そのマーケティングは当たっているように思った。

それにしても懐かしい街。
また住みたいな。


main_convert_20151128164848.jpg


「海街diary」


02_convert_20151128165002.jpg


予想外に良かった。

今となっては懐かしい家族像だろうな。
これほど仲の良い、
かつ陰のないこんな家族は今や絶滅危惧種だろう。


178557_convert_20151128164910.jpg


喪服のシーンが3回も。


maxresdefault_convert_20151128164943.jpg


すずちゃんも可愛かった。


news_xlarge_DSC_9795_convert_20151128165020.jpg


ただ、美人4姉妹は華やかで見てる分にはいいけど、
たとえ父親でもその中には入り込めない。

一緒に暮らしてたら心配事も多くて大変だろうな。



AS20150609004791_comm_convert_20151128165044.jpeg


あとは、
自分は女じゃなくてほんと良かったと思った。


322b84bed15078d5353dc9aba8e8456f_convert_20151128165110.jpg



「歩いても 歩いても」


img_1_convert_20151128171339.jpeg


これも良かった。

現実にはこのような帰省の経験は小学生時代に少しだけ。
それでもどこか懐かしい。


328747_01_02_convert_20151128171259.jpg


母と娘の会話が全く自然で、
盗み聞きをしているよう。


20131005180222_convert_20151128171241.jpg


嫁の緊張と気苦労もまるで隣で見ているよう。


e0059574_18215470_convert_20151128171207.jpg


結局会話は現実の遥か彼方を滑って行く感じ。
約束は何も実現しない。


1215090975_convert_20151128171318.jpg


今は昔の話、
昭和も遠くなったなぁ…


51RBwcAUAbL.jpg



こういう邦画もあるんだな。
たまにはいいかも。

だけど、どっちも音楽が良くなかった。







ふわふわのカモシカくんに遭遇♪♪


2756+☆カモシカ_convert_20151123100706


今シーズンの締めはやっぱりホームマウンテンの安達太良山。
なかなか天気が合わず11月の下旬になってしまいました。


2749+快晴_convert_20151123100551


気温は低いものの青空で、日差しがあると暖かい。
絶好のコンディションでスタートです。


2750+ゴンドラ運休_convert_20151123100807


いつもとは逆回り、
帰りにゴンドラを使おうと予定していたのに何故か終日運休。
ちょっと嫌な予感。


2752+すっかり冬_convert_20151123100910


ところが、スタート早々うれしいサプライズ☆
うつむいて歩いていてふと顔をあげると、
カモシカくんがすぐ側でじっとこちらを見ているではありませんか♪


2757+☆カモシカ+ちょっと遠くから_convert_20151123101010


しばし見つめ合う二人。
お互いに少し歩いては振り返り、
またちょっと行っては振り返る。
最後はカモシカくんに見送られて先へ進みました。


2766+大展望_convert_20151123101439

2779+鉄山をバックにくろがね小屋_convert_20151123101550


足のコンディションが良くなく、
登り始めて間もなく左足に違和感。
くろがね小屋を過ぎてからは股関節に痛みが出て結構辛い。


2795+馬の背_convert_20151123101716


それでも今日は風はなく、見晴らしも良く、
なんとか火星まで到着して絶景を堪能。


2800+☆火口全景_convert_20151123101821

2806+山頂が近づいた_convert_20151123101923


お昼を食べて下山に入ると股関節の痛みは両足に。
足を上げられないくらい酷い状況に。


2811+到着_convert_20151123102356

2808+下界_convert_20151123102511


なのにゴンドラは運休。
五葉松平からの急降下を必死の思いで転げ落ち、
なんとか下山。


2834+ヘロヘロ_convert_20151123102634

2839+天気は悪化_convert_20151123102704


温泉に入っても痛みはとれず、
帰宅後、自宅でも階段は這って上がっています。


2842+ヘルシーパル3_convert_20151123102724



快晴、カモシカとの遭遇でスタートした本年ラスト登山でしたが、
いまひとつの結末となってしまいました。

登山を始めて2年目の今年は、
休日にお天気に恵まれず思ったほど出かけられませんでした。

それでも11回、
その他に上高地や新穂高にも行ったしまぁ満足かな。

足を鍛えて来年に備えよっと♪


2841+ヘルシーパル2_convert_20151123103125



エベレスト


Everest-Header-3-640x334_convert_20151117211830.jpg


どこかで見たストーリー…

"岳"の18巻、
三歩が遭難するシーン。

大嫌いな結末。
それまでの17巻をぶち壊した最終巻。

この事件を下地にしてたのか。


GALLERY012457_2_convert_20151117211754.jpg


美しいヒマラヤの山並み。
神々しい山頂。


103382_convert_20151117211722.jpg


実物を見に行きたい。
でもやっぱり無理。


2015_11_12_3.jpg


クレバスを渡るハシゴは絶対ムリ。


everest_1_convert_20151117212222.jpg


青空が一瞬で嵐に。
温情が命を吹き飛ばす。


24947_convert_20151117211916.jpg


たとえ低い山でも、
登るときは慎重を期してだね。


良い映画でした☆


エベレスト_convert_20151117212242



ボーイ・ソプラノ


353142_001_convert_20151114154140.jpg


合唱はいいなぁ…

フォーレに涙、
ハレルヤに感動、
エリアにブリテン♪
そしてすごかったのが
トマス・タリスの40声のモテット”我、汝の他に望みなし”。


353142_008_convert_20151114154202.jpg


出演者が皆素晴らしい。

ステットのギャレット・ウェアリングは
女性受けしそうな可愛い容姿。

167342.jpg


ダスティン・ホフマンはピアノも素晴らしく、
早く亡くなる美人のお母さんに、
イケメンの金持ちお父さん。


353142_005_convert_20151114154228.jpg


boychoir_2_convert_20151114154323.jpg


才能を見出し応援してくれた若い教師と
二人の校長先生にも大感謝。


sp01_convert_20151114154656.jpg


353142_006_convert_20151114154636.jpg


ハッピーエンドにも涙、涙…でした。


main_convert_20151114154719.jpg


T0020078p_convert_20151114154746.jpg



2015年10月の読書まとめ

2015年10月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2936ページ
ナイス数:153ナイス

幸せの条件 (中公文庫)幸せの条件 (中公文庫)感想
つまらなかった。農業現場を絡めての食料自給率や再生可能エネルギー問題への言及は表面的。主人公である若い女の子の農業体験や自分探しもリアリティがない。人物設定やストーリー、意図、主題、全てが中途半端。特に地震と原発に触れた点は、深く考えたとも思えず大いに疑問。どうせ書くなら利権にしがみつく農水族議員や腐敗している農協にも切り込んで本格的な社会派小説にするか、余計な意見表明をしないで単なる青春小説にでもすれば良かったのに。”武士道”以降、どうもこの著者の作品がピンとこなくなった。しばらくお休みにしようと思う。
読了日:10月6日 著者:誉田哲也

体験的山道具考 プロが教える使いこなしのコツ  YS004 (ヤマケイ新書)体験的山道具考 プロが教える使いこなしのコツ YS004 (ヤマケイ新書)感想
参考になることも多少はあったかな。
読了日:10月14日 著者:笹原芳樹
晩鐘(上) (双葉文庫)晩鐘(上) (双葉文庫)感想
嫌な子どもが出てくる暗い話。もっと酷くなりそうな感じ。
読了日:10月14日 著者:乃南アサ
晩鐘(中) (双葉文庫)晩鐘(中) (双葉文庫)感想
変わらず暗い世界が続くが、ほんの僅かだが変化のきざしも。それでもそれはかなり危なっかしいもの。そしてもしそれが壊れたら、より深い闇へ落ちていきそう。嫌な子どもは怖ろしさが増していく。
読了日:10月18日 著者:乃南アサ
晩鐘(下) (双葉文庫)晩鐘(下) (双葉文庫)感想
まさにたった今読み終わりました。今はただ呆然としているのみ。風紋の続編とは知らずに手に取りましたが、なんとも重い小説に出会ってしまいました。小学生の子どもが負わされた暗い運命。最後の3つのありがとうがあまりに悲しすぎる。明るい兆しのエピソードも全て吹き飛ばし、凍りつかせてしまうようなこの結末。しばらくは呆然としているしかない感じです。
読了日:10月20日 著者:乃南アサ

掏摸(スリ) (河出文庫)掏摸(スリ) (河出文庫)感想
大江健三郎賞で海外での評価も高い。エンターテイメントではなく芸術作品としての評価なのだろうか。簡単に読めるのに不思議な感覚。ところどころの意味不明なトリップが受賞や評価のポイントなのかな?
読了日:10月23日 著者:中村文則

暗い夜、星を数えて―3・11被災鉄道からの脱出暗い夜、星を数えて―3・11被災鉄道からの脱出感想
被曝県フクシマの中でも最も放射線量の高い街に住んでいます。当時を思い出してしまい、あの頃と同じようにただただ腹が立ちました。嘘と隠蔽と誤魔化しで塗り固められたこの国、ニッポン。政治家や官僚、財界の老人が作るこの国のシステムを、今後もう二度と信じることはできないでしょう。あの頃を象徴的する「絆」は大嫌いな言葉になりました。この本を読んでなおきれいごとを言う人がいるとすれば、その人のことは心の底から軽蔑するしかありません。もし原発がなければ、ニッポンはもう少し国民がまとまり、もう少しマシな形で再建を遂げていただろうと思います。なのにこの国は、ただカネのために一旦止めた原発を何の対策もないまま再度動かし、また地獄の道へ突き進みます。今だって何も終わっていない、当時と全く同じ状況が続いているのに。命よりカネの弱い者いじめの国、ニッポン。大国にしっぽを振って戦争参加を表明しても、世界中からは鼻摘まみ者扱い。この国のこの時代に生まれたことが本当に悔しいです。原発で儲けていた人たちやオリンピックだなどと浮かれている人は全員読むべき本であると思います。小中高校の教科書として取り上げて欲しい本です。
読了日:10月23日 著者:彩瀬まる

身の上話身の上話感想
なんてつまらない話。ずーっと一人称での単調な語り。色彩もなく、楽しさもドキドキ感もない。なのに、新幹線の中で時間も忘れ夢中で読みました。きっとすごい力量のある書き手さんなのでしょうね。もう一冊読んでみようと思います。
読了日:10月27日 著者:佐藤正午

読書メーター
ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2015/11 | 12
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
blog list
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
検索フォーム
レース情報
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ