< >

あの日の声を探して


T0019870p_convert_20150725190005.jpg


ロシアに蹂躙されるチェチェンの悲劇。
悲しみ、怒り、無力感に包まれる…


351376_004_convert_20150725184936.jpg


たとえ姉弟が再会を果たすエンディングがあっても、
救いようのない映画でした。

いきなり出だしの15分、
胸がつぶれました。

全編を通し戦闘シーンはないものの、
屍体はたくさん出てきました。


GALLERY011811_1_convert_20150725185004.jpg


殺す方も殺される方も全く普通の人たち。

友達と歩いている時に因縁をつけられ、
強制入隊させられる青年。

アメリカ留学のために英語を学んでいる女の子。


news_header_anohino_20150426_01_convert_20150725185209.jpg


青年は暴力と暴力と暴力の軍の中で、
殺人を楽しむようになる。


151958_convert_20150725185149.jpg


女の子は父と母を戦闘中でもないのに
目の前で撃ち殺され、
弟たちと生き別れる。

ラストシーンでその二人の空間が交差する。


hqdefault_convert_20150725185121.jpg


まさに今の日本が目指してる世界がそこにある。
ニッポン国総理大臣が理想としている姿が…


maxresdefault_convert_20150725185632.jpg


ロシアの言い分は自国の平和を守るため。
積極的平和主義。

軍による他国侵攻は、
自衛のための能動的な行動。

住民を殺戮し、
街を破壊し、
財産を略奪し、
侵略している自分たちからも戦死者を出す。


351376_002_convert_20150725185702.jpg


前線で殺す人も殺される人もごく普通の人々。
こんなことがなければ、
当たり前に日常を暮らしていた人々。


351376_006_convert_20150725185721.jpg


命令するアル中と自己中の、
エリツィンとプーチンは絶対に前線に立つことはない。

ニッポン国首相も、
公明党代表も、
与党国会議員も戦闘に参加することはない。

悲しみにくれるのは一般大衆のみ。
ごく普通の国民だけ。

親や子、兄弟を殺されるのは、
自分も殺されるのは、
普通の人々だけ。


命令する側とされる側、
高みの見物と殺戮の現場。
ロシアやニッポンのトップに現実感はない。

ごく当たり前の普通の人が、
人生のすべてを奪われ、
不幸のどん底に落ちる。


351376_005_convert_20150725185748.jpg


強いものには絶対服従し、
集団になると弱いものいじめが得意なこの民族は、
加害者になったら行き着くことまで行くのは必至。

過去の歴史もその事実を示している。

戦争支持者が書いた
特攻隊賛美の薄っぺらいゼロ戦話で泣いているのは、
単なるセンチメンタリズム。

作り物の他人事だと思って登場人物に同化した自己憐憫。


国家のトップ自らが自身の思い込みのみで、
過去の自国の犯罪の事実を
都合のいいように書き換える。

ドイツなどのように反省の習慣はない国。


yjimage.jpeg


yjimage-2.jpeg


法案提出の動機はまやかしで、
本音は隠蔽。
ごまかしばかりの
低レベルな議論が続くこの国の最高機関。

自民党の党首や、
その彼に精神的に支配されている与党国会議員の連中に、
この映画を見せて感想を聞いてみたい。


返ってくるのは
”チェチェンにならないために軍事力強化が必要なのだ”
という答えに決まっているが、
戦争が平和をもたらすことなど絶対にありえない。

残るのは永遠に続く憎しみの連鎖のみ。

彼らの理屈は、
まさに日本の独立を危うくし、
この国をぶっ壊すことに他ならない。


少しでもまともな日本人なら、
平和憲法を守ってきた経験や歴史を踏まえ、
武力によらない平和への道を考えるはずである。

とても考えさせられる映画だった。



TheSearch_2014.jpg







2015年6月の読書まとめ

2015年6月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:2733ページ
ナイス数:84ナイス

新装版 ハゲタカ2(上) (講談社文庫)新装版 ハゲタカ2(上) (講談社文庫)感想
今回もすごい。一気に下巻へ!
読了日:6月28日 著者:真山仁
新装版 ハゲタカ(下) (講談社文庫)新装版 ハゲタカ(下) (講談社文庫)感想
面白くて一気だった。 再読のきっかけは、こうした業務が仕事上の担当となったから。おそらく以前読んだ際は理解不能だったであろう専門用語や専門テクニックも今回は良く分かり、より深く理解できたと思う。 早速Ⅱを買いに行きます。
読了日:6月27日 著者:真山仁
新装版 ハゲタカ(上) (講談社文庫)新装版 ハゲタカ(上) (講談社文庫)感想
やっぱり前に読んでた。ストーリはそれなりに覚えてた。
読了日:6月25日 著者:真山仁
栄光の岩壁〈下〉 (新潮文庫)栄光の岩壁〈下〉 (新潮文庫)感想
最後まで思っていたよりは面白く、時間もかからずに読むことができました。下巻では途中でなんと恋愛小説に転換。最後、また山の話に戻っていよいよクライマックスと思ったら、おきまりの悪役が再々々登場。いろんな展開があったけど、娯楽要素を詰め込もうとしたのかな?日本人初とか女性初とか、やっぱり初じゃないと残らないんだなぁ。
読了日:6月21日 著者:新田次郎

栄光の岩壁〈上〉 (新潮文庫)栄光の岩壁〈上〉 (新潮文庫)感想
思ってたより面白い。何度も同じ人に騙されるところは、山に目が眩んでいるというよりも人が良すぎる。じれったい。
読了日:6月14日 著者:新田次郎
噂の女 (新潮文庫)噂の女 (新潮文庫)感想
さすが奥田さんです。いつもながらの物語への吸引力、軽快なテンポ感、次の展開への推進力、あっという間に読み終わりました。実際の事件をモチーフにしているのだろうけど、名古屋弁もいい感じ。糸川美幸、愛人にはなれないけど、ちょっとした知り合いになって話してみたい気もする。怖いけど…
読了日:6月6日 著者:奥田英朗

読書メーター

ホルスト 惑星


ブラームス
    :ヴァイオリンとチェロのための二重協奏曲 イ短調 作品102
ホルスト:組曲「惑星」 作品32

東京オペラシティコンサートホール

管弦楽:読売日本交響楽団
指揮=デニス・ラッセル・デイヴィス
ヴァイオリン=ダニエル・ゲーデ(読響コンサートマスター)
チェロ=グスタフ・リヴィニウス
児童合唱=東京少年少女合唱隊


写真+2015-07-24+18+42+44_convert_20150725173315


なんと1年振りのオペラシティ。
最近はサントリーホールが多かったから…

期待の読響。
しかも生では2曲とも初体験。


でも、始まってすぐ、
コンチェルトはあれっって感じ。
曲も良くないけど弦の音もいまひとつ。
チェロはまぁまぁ良かったのかな?

なんか全然乗れない演奏で、
いつ終わるのかと思って聴いてました。

曲自体も長すぎ。
やっぱりブラームスはしつこくて
あんまり好きじゃない。


続いて惑星。

いきなり火星で大ブレーク。
大音響、大迫力、これぞ生の演奏。
指揮者も大ハッスル。
コンマスも開始早々に自分の楽器をぶっ壊しました。

木星も良かった。
お年を召した指揮者と思いましたが、
予想外にエネルギッシュ。

メリハリ、強弱、
はっきりしていて分かりやすい。
まるで映画音楽みたいで盛り上がりました。

残念だったのはパイプオルガン。
いつ鳴ったの?
完全に金管の勝利。

あとは合唱も。

せっかくの児童合唱なんだから、
もっと目立たせてあげれば良かったのに。
ホントのフィナーレでは綺麗で良かったものの、
もう少し存在感を出せるような演出があっても良かった。


ただ…
ネガティブな印象は演奏会のせいじゃなく、
自分のコンディションが原因かも。

泊まらずに最終の新幹線で帰宅のため、
終わりの時間が気になりました。

また、最近フィットする靴がなく、
なのに歩きすぎで足もグロッキー状態。
足元が辛い辛い…

こういう聴き方では、
良い演奏会も台無しになってしまう。

反省です。


sim.jpeg



2回目の蔵王は山形から♪


1540+福島方面_convert_20150712211324


去年登った時から決めていたコマクサに会いに、
それとギョリンソウも咲いていると知ってやって来ました。


1488+気象状況_convert_20150712211417


その2回目の蔵王は山形県側から。

去年宮城側から登って見下ろした山形からの登山道は
長くて遠くてとても大変そうだったけど、
規制されていて宮城側からは登れない。

けど、こちら側からでも初心者向けだったのですね〜
よかった。


1551+熊野岳に続く道_convert_20150712212906


張り切って始発のゴンドラへ。
快晴の蔵王、ワクワクしたままスタート!


1493+開運の鐘_convert_20150712211459


登山道はたくさんの花が満開。
念願のコマクサにも会えました。


1535+✩コマクサ2_convert_20150712211544


ただし、初めてのことですが足が不調。
左足首と右足の甲に痛み。

山頂付近の強風もあり無理はしない。
ここなら何回も来れるし。


1554+地蔵山の山頂2_convert_20150712211630


地蔵山でお昼を食べて、
もう一つのお山におまけで登って、
ロープウェイで下りました。


1570+三宝荒神山頂上_convert_20150712211719


途中の駅で一旦外に。

運営会社の方とお話をすると
あと一つの目的も咲いていると…
ギョリンソウにも会えました。

よかったよかった♪


1593+✩ギョリンソウ8_convert_20150712211757


大露天風呂もよかったし、
玉こんにゃくも美味しかった。


1598+蔵王大露天風呂3_convert_20150712211838


1600+玉こんにゃく_convert_20150712211900


またまた楽しいお山でした。





白いカライトソウ

1495+カライトソウ_convert_20150712212951


一番目立っていたハクサンチドリ

1498+ハクサンチドリ_convert_20150712213027


白い花

1499+白い花_convert_20150712214459


満開のウラジロヨウラク

1505+ウラジロヨウラク2_convert_20150712213154


コバイケイソウもたくさん咲いてました

1506+コバイケイソウ_convert_20150712213230


お花畑のアオノツガザクラ

1523+✩アオノツガザクラ2_convert_20150712213408


同じくイワカガミ

1528+イワカガミ2_convert_20150712213450


オノエラン

1533+✩オノエラン2_convert_20150712213524


ハクサンシャクナゲ

1567+ハクサンシャクナゲ_convert_20150712213747


2色のクモマニガナ

1569+クモマニガナの白と黄_convert_20150712214400


シナノキンバイ

1594+シナノキンバイ_convert_20150712214125


ミヤマゼンコ??

1575ミヤマゼンコ_convert_20150712213940


ミヤマキンポウゲ

1578+ミヤマキンポウゲ2_convert_20150712214053


アオモリトドマツの松ボックリ

1584+アオモリトドマツの松ボックリ_convert_20150712214213







セッション


350927_006_convert_20150705164704.jpg


期待はずれ。

ストーリーも、
映像もつまらなかった。
音楽も…

私にはドラムは地味。
メロがないんだもん、
最後までのれなかった。

早いのか遅いのかも分からなかったし、
何を言いたいのかも全然??

これがクラシックだったら
高評価なのかもだけど…

好きな人はきっとラストで感動なんだろうね。


T0019756p_convert_20150705164725.jpg



桐朋学園オーケストラ


桐朋学園オーケストラ グリーンホール定期

管弦楽:桐朋学園オーケストラ
指揮 :清水醍輝
ピアノ:五十嵐薫子
     
関向 弥生  /Time Travel for orchestra
プロコフィエフ/ピアノ協奏曲第3番ハ長調op.26
ドヴォルザーク/交響曲第9番ホ短調「新世界より」

2015年7月4日
調布市グリーンホール


写真+2015-07-04+13+34+43_convert_20150704220332


若い人たちの生き生きとした元気ある演奏。

さすが桐朋、
みんなとても上手。
レベル感はとても高いと思う。

弱音やしみじみ感はおじさんオケに譲るとしても、
トゥッティやフィナーレの圧倒感はプロ顔負け。

もしかするとこのくらいのコンサートは、
1軍メンバーではないのかもしれないけど…

美人も多かった。


pamphlet2016-college2


なのに…
隣のおじいさん、
足で拍子を取らないで。
しかも音まで出して。

いろんな楽しみ方はオッケーだけど、
これはクラシックのコンサート。
他にも聴いてる人いるんだよ。
そのうち鼻歌でも飛び出すのではないかと、
思ってしまいました。

集中力は途切れ、
どうでもよくなっちゃった。
残念でした。



ベートーベンの最後の3つのピアノソナタ♪


平沢匡朗が贈る 「祈りと感謝」
ベートーヴェン最後の3大ピアノソナタ

2015年7月3日
南麻布セントレホール

ピアノソナタ第30番ホ⻑調作品109
ピアノソナタ第31番変イ⻑調作品110
ピアノソナタ第32番ハ短調作品111

アンコール バッハ ゴルトベルク変奏曲よりアリア


写真+2015-07-03+20+55+17_convert_20150704212901


サロンコンサートといった風情。
聴衆は50名程度。

2列目、奏者の手元も見える席が空いていて着席。
小さな会場で、
ピアノからは3m程度、
音は直接耳に届く。

強弱やちょっとしたニュアンスも
ダイレクトに聴こえる。

演奏している人にとっては、
やりにくい状況だろうね。


写真+2015-07-03+18+41+46_convert_20150704212839


だけど心配は不要でした。

最初こそ、
ん?といった感じも無きにしも非ずでしたが、
1曲目の3楽章くらいからは全く気にならず、
曲に没頭できました。

ベテラン奏者の味わいのある演奏。
歴史あるピアノの深い音色。
小さな会場ならではの一体感。

良いコンサートでした。

やっぱりこの曲は凄すぎる。
このプログラムのコンサートは、
これから全部行こうと思う。


アンコールはいらなかったかも。


写真+2015-07-03+20+56+38_convert_20150704212925




ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
blog list
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
検索フォーム
レース情報
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ