< >

君が生きた証


350783_006_convert_20150627093414.jpg



良いコンサートも、
見たい新作の映画も、
ライブビューイングもない、
金曜の夕方。

数十年ぶりに2本立ての名画座へ。
それなりの人たちで結構にぎわっていました。

学生時代は吉祥寺や飯田橋の3本立、
オールナイトへもよく行ったなぁ…


350783_002_convert_20150627093245.jpg


さて映画の方は、
バンドのシーンは本格的、
良い楽曲も多く聴き応えがありました。

ネタバレなしのレビューのはずなのに、
事前に見てしまったせいで、
まさかの展開はすでにバレバレ。

驚きはなかったものの、
退屈も眠気も全くありませんでした。


350783_003_convert_20150627093337.jpg


楽器屋の親父夫婦やバンドメンバーとか、
脇役の雰囲気も良かったかな。


350783_007_convert_20150627093429.jpg


事件としては、
私は主人公への共感は少なく、
息子がお付き合いしていた女性の立場に近い。

もっともそれは、
自分のこととして考えておらず、
第三者として傍観している立場だからです。

マスコミの醜さは全世界共通なのですね。


350783_008_convert_20150627093836.jpg


ラストの慟哭と告白。
そして父親自身が補作して完成させた曲。

感動とともに、
考えさせられてしまいました。


雨の中の帰宅は大変だったけど、
観に行って良かった。


T0019670p_convert_20150627093453.jpg




山頂でまさかの嵐〜


1406+牛の背の稜線_convert_20150622195904


ホームマウンテンの安達太良山。

昨年から3回目。
なぜか天気には恵まれない。

今日もちょうど山頂で、
強風と本格的な雨で、
嵐になってしまいました。

だけどおかげで、
初めてレインウェアを着ることができました♪
着心地抜群、
快適でした♪♪

絶景を見ることはできなかったけど、
たくさんの花を満喫、
十分楽しめました。

もともとゆっくりしようと思って来た山。
予定どおりのんびりとした時間を過ごせました。

また来よっと。




山は雲のなか…

1368+隠れてるねぇ_convert_20150622193919


注意事項。

1379+注意!_convert_20150622194124


まずは薬師岳。

1377+薬師岳山頂_convert_20150622194008


本当の空はどこ?

1378+本当の空は?_convert_20150622194044


しばらく登ると山頂が見えた!

1392+山頂_convert_20150622194227


しゃくなげ。

1380+しゃくなげ_convert_20150622194652


ななかまど。

1381+ナナカマド_convert_20150622194729


サラサドウダン。

1384+つりがね_convert_20150622194819


マイヅルソウ。

1389+白い花_convert_20150622194850


白い花2種。

1390+2種の白い花_convert_20150622194932


ピンクのラッパ。

1391+ラッパ_convert_20150622195348


ピンクのまるい花。

1401+淡いピンク_convert_20150622195708


雪渓に近づいたと思ったら雲が…

1394+雲がきた_convert_20150622195604


満開のななかまど。

1404+満開のななかまど_convert_20150622195808


イワカガミ。

1439+イワカガミ_convert_20150622195434


山頂まであと一息。

1405+山頂まであと少し_convert_20150622212407


到着〜!
でも後ろの岩のてっぺんまで行くよ✩

1410+到着!_convert_20150622212501


鎖にしがみついてやっと辿り着いた。
そしたら岩の上は嵐でした!

1417+てっぺん_convert_20150622212736


何も見えないし、
写真を撮って直ぐに降ります。

1420+山頂+_convert_20150622212818


急降下〜

1422+急降下_convert_20150622212858


次は火星を目指します!

1430+ケルンが続く_convert_20150622213609


雲が切れて見えてきました。

1433+雲が流されて_convert_20150622213653


少ししか見えないけどまるで火星みたいです〜

1436+アップ_convert_20150622213733


下山したいのですが靄って道がわからない。
遭難しそうです…

1437+遭難しそう_convert_20150622213810


下ること数十分。
広いところまできたら晴れました!

1441+峰の辻_convert_20150622213852


下界がきれいに見えます♪

1447+きれいに見えた_convert_20150622214002


山頂もくっきり♪♪

1444+安達太良山頂_convert_20150622214046


隣の山の上には青空が!

1445+鉄山_convert_20150622214121


下山します。
途中の崖崩れ現場。

1452+崖崩れと鉄山_convert_20150622214407


ホオジロです。わかるかなぁ?

1453+ホオジロ_convert_20150622214245


山小屋が見えてきました。

1455+小屋が見えた_convert_20150622215137


ちょっと休憩。

1457+靴を洗う_convert_20150622215351


出発!
小屋が遠くなった。
また曇ってきたなぁ。

1462+小屋を振り返る_convert_20150622215234


黄色い花。

1464+黄色い花_convert_20150622215425


白い花。ヤマゼリ?

1465+白い花_convert_20150622215457


黄色い丸い花。

1466+黄色い丸い花_convert_20150622215532


つつじ

1468+つつじ_convert_20150622215557


もう1回イワカガミ。

1469+最後のイワカガミ_convert_20150622215630


レンゲ

1471+レンゲ_convert_20150622215754


マーガレット

1472+マーガレット_convert_20150622215829


無地に下山できました〜!

1474+無事に下山_convert_20150622215907


下山後の温泉。渋い♪

1475+岳の湯_convert_20150622215927





パリ オペラ座ライブビューイング「西部の娘」


パリオペラ座ライブビューイング2013-1014
プッチーニ:歌劇「西部の娘」
(2014年2月10日現地上演)
フォーラム3

指揮:カルロ・リッツィ
演出:ニコラス・レーンホフ
パリ国立歌劇場管弦楽団
パリ国立歌劇場合唱団

ミニー :ニーナ・ステンメ(ソプラノ)
ディック・ジョンソン:マルコ・ベルティ(テノール)
ジャック・ランス  :クラウディオ・スグーラ(バリトン)


69684947_624_convert_20150614143151.jpg


ライブビューイング3回目。

さえない演目で迷ったけど、
コンサートやCDでは絶対に聴かないだろうから、
思い切って行きました。

内容的には案の定という感じでした。


14_westa_pic1_convert_20150614143225.jpg


ストーリーはまぁこんなもの。
オペラに物語を期待しちゃダメ。


まずは演出。

まるで学芸会。
20世紀初めのイタリア人の見たアメリカって、
こんな感じだったのでしょうか?

アメリカンドリームのつもりなのでしょうね。
革ジャン姿の荒くれ男に囲まれた中から、
なぜかドレスとタキシードに着替えて、
札束降る中さよならと消えていくエンディングは、
なんだこれ?

アメリカをバカにしてるみたいでした。

蝶々夫人も日本人から見ると、
女性蔑視甚だしくてこんなんじゃないって思うけど、
比べるとまだマシ。

フランス人はアメリカ嫌いだから、
あえてこうしたのかな?


sub2_large_convert_20150614143257.jpg


セットもなめきってる感じ。

中国の出来損ないの
模倣ディズニーみたいなバンビの目が光る。

車のスクラップ置き場のバックには、
なぜか映画のオープニングロゴのような看板が。
その中でライオンが吼える。

バッチリ決まったエンディングセットの中央には、
予算不足の宝塚みたいな大階段。
周りはスクラップ置き場なんだけどねぇ。

他にもいっぱい。
マンガのような2幕目の森。
出演者はみんな同じ暗い感じの衣装。
これって喜劇だったの?


sub1_large_convert_20150614143352.jpg


役者さんたちもな〜んか今ひとつ。
イラつく声、
演技なし、
盛り上がりなし。

至る所で居眠り可能でした。


唯一よかったのはオケ。
いい音出してた。

次に期待だな。


mini-CIMG1075_convert_20150614143410.jpg


続きを読む

裏磐梯 五色沼自然探勝路♪


1300+☆磐梯山_convert_20150607192059


特別な予定なしの日曜日。

朝6時からの町内会の一斉清掃を終えて、
ふと思い立って出発。


1302+タニウツギ_convert_20150607192336


紅葉シーズンと異なり、
人出はあるものの道路は渋滞となることもなく、
どことなく寂れた雰囲気。
それがかえって良い感じ。


1308+葉っぱ_convert_20150607212555


1296+毘沙門沼2_convert_20150607192154


快晴の沼は見事な青色。
磐梯山や吾妻連峰、安達太良山もくっきり。
次はあの上に行かなきゃだなぁ〜♪


1297+道_convert_20150607192256


毘沙門沼

1307+☆毘沙門沼4_convert_20150607192922


赤沼…周りが赤い。季節や天候で色が変わるんだって。

1313+赤沼2_convert_20150607192425


みどろ沼…1つの沼に二つの色が!

1316+みどろ沼2_convert_20150607211229


弁天沼…見事な美しさで言うことなし♪

1320+☆弁天沼4_convert_20150607211330

1323+弁天沼7_convert_20150607211412


遠くの山は西吾妻山と西大巓。
去年登りました〜☆

1326+弁天沼10_convert_20150607211501


るり沼…またまた磐梯山がで〜ん!

1332+るり沼2_convert_20150607211546


青沼…一番青い沼だそうです。

1334+青沼2_convert_20150607211628


柳沼…これで五色沼は最後です。

1337+柳沼2_convert_20150607212355


桧原湖…さすがに大きい。

1340+桧原湖2_convert_20150607212433



ビジターセンターに戻ると、
黒サンショウウオの卵と孵化したばかりのおたまじゃくしが見れると、
職員の方に案内してもらうことに。

すぐそばの小さな沼にたくさんいました。

1289+裏磐梯ビジターセンター_convert_20150607192756


そのほかにも、
松の雄花と雌花や、
松ぼっくりの子どもなど教えてもらいました♪


1292+綿帽子の中のバッタ_convert_20150607192837


専門家に案内してもらうとすごく面白い。
ありがとうございました!

また行こっと。


1344+白い花2+ボケボケ_convert_20150607212618


1346+クリンソウ_convert_20150607212706


1345+白い花3_convert_20150607212640




ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
blog list
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
検索フォーム
レース情報
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ