< >

感動の雲海…熊野岳と刈田岳 蔵王


2988+お釜と熊野岳_convert_20141026074739


先週で終わりかと思っていたのに、
天気予報があまりに良すぎるので行ってしまいました。

快晴、風もなくあたたか。
早朝には感動の雲海も。

2898+雲海+南陽アップ_convert_20141026074833


2900+雲海+上ノ山アップ_convert_20141026074942


2901+雲海+アップ_convert_20141026075033


絶景を前に、
山頂でゆっくり過ごす事が出来ました。

やっぱりいいなぁ…



観光客から離れて誰もいなくなりました。

2908+誰もいない_convert_20141026075147


傾斜がきつくなってきました。

2921+傾斜がきつくなってきた_convert_20141026075508


小屋までの上り坂。

2930+急登_convert_20141026075643


避難小屋到着。

2932+避難小屋_convert_20141026075754


今来た道です。

2933+今来た道_convert_20141026080056


天に続く道。

2944+天に続く道_convert_20141026080216


蔵王町から遠くに仙台市外も見えます。

2926+遠くに仙台市_convert_20141026082501


安達太良山の山頂が見えます。
先週はあのてっぺんにいました。

2949+安達太良山の山頂アップ_convert_20141026080630


登頂!

2952+登頂_convert_20141026080800


山形市街の上空を流れる雲の河。

2960+雲の河_convert_20141026080855


福島の方向。

2965+福島方面_convert_20141026081948


米沢の方向。

2966+米沢方面_convert_20141026082043


南陽と上山市。

2967+南陽上山方面_convert_20141026082139


山頂でゆっくりした後で下山します。

2975+急降下_convert_20141026082605


一応お釜も…でも、観光客のアングルとは違います。

2980+帰りのお釜_convert_20141026081004


刈田岳の神社でバッジを買いました。

2982+ついでに登頂_convert_20141026081113




2回目の安達太良…満喫〜♪


2818+絶景_convert_20141019191241


予想外に早くリベンジの機会がやって来ました。

2週間前、
強風とガスで途中で撤退した安達太良山。

今回は雲ひとつない快晴、
風も山頂と牛の背で吹いていただけの
絶好の日和でした。

最高の充実した時を過ごして来ました。


最初はこんな道。

2760+スタート_convert_20141019185818


お天気で山頂も早くから顔を出しました。

2763+人も見える_convert_20141019185937


どんどん登る。

2774+渋滞が見える_convert_20141019190137


まだまだ登る。

2780+目玉_convert_20141019190433


頂上が近づいて来ました。

2784+近づいた_convert_20141019190550


稜線を歩く人が見えます。

2785+牛の背_convert_20141019190657


隣の山へと続く稜線。

2791+和尚山への稜線_convert_20141019190810


山頂の広場に到着。

2793+到着_convert_20141019190932


山頂はたくさんの人です。

2795+登頂!_convert_20141019191053


周りはすべて絶景…

2799+遠くの山々_convert_20141019191947

2800+遠くの山々2_convert_20141019192043

2802+下界2_convert_20141019192143


次の目的地へ

2804+牛の背へ_convert_20141019192349


稜線を歩きます。

2826+今来た道_convert_20141019192517


磐梯山から吾妻連峰まで

2817+磐梯山から吾妻山_convert_20141019192628


火口です。

2821+沼の平2_convert_20141019192738


スゴい迫力。

2822+沼の平アップ_convert_20141019193014


名残惜しいけど下山開始です。

2836+下山道_convert_20141019193251


こんな所を通って…

2849+大きな目玉_convert_20141019193421


どんどん降ります。

2850+小屋はその下_convert_20141019193957


山小屋が見えました。

2856+小屋を上から_convert_20141019194118


山小屋で休憩。

2866+小屋内部4_convert_20141019194227


そして出発。

2870+鉄山と小屋_convert_20141019194342


山の紅葉はすっかり終了。寂しくなりました。

2878+枯れた山3_convert_20141019194456


下界に下りて来ました。
この辺りはまだ紅葉。

2886+遊歩道近く_convert_20141019194619


無事に下山。最高に楽しかった。

2887+ゲレンデに合流_convert_20141019202252


最後は温泉。

2890+温泉_convert_20141019202338


8月の初登山から2ヶ月。
続けられるかとの不安をよそに、
その後、6回も山に入りました。

冬山はまだ行けないと思うので、
今シーズンはこれで終わりかもしれません。

それでも、これだけ楽しんだのだから
来年もきっと続けると思います。

山に出会えて良かった…






絶景の鎌沼と一切経山…魔女の瞳に見つめられた〜♪


2742+一切経山_convert_20141011204326


雲ひとつない青空。
なのに山頂はもの凄い強風。

2631+浄土平湿原_convert_20141011204430


そのなかを無事に登頂。
魔女の瞳に会ってきました。

2701+魔女の瞳_convert_20141011205415


コースタイム4時間のところ、
3時間半で下山。

2652+鎌沼と前大巓と一切経山3_convert_20141011204557


休憩もたくさん、
写真の時間もたっぷりとったのに、
意外に早かった。

2671+一切経の急登_convert_20141011204722


急登は3回。
その時はヒィーヒィーだったのに、
終わってみると少し物足りない。

2679+急登横の紅葉_convert_20141011204947


もう少し頑張れそうな感じ。
少しは進歩してるのかも。

2681+見下ろす_convert_20141011205044


今日は家を出たのが9時半、
スタートは11時と出遅れたから
東吾妻山には行かず。

道を間違ったせいもあるけど…

2684+吾妻小富士と福島市_convert_20141011205146


次は気合いを入れて、
早起きして、
思う存分歩こうっと。

2692+山頂_convert_20141011204214


2707+魔女の瞳アップ3_convert_20141011205626


2705+魔女の瞳アップ_convert_20141011205522


2711+遠くの山々_convert_20141011205816


2698+磐梯山アップ_convert_20141011205725


2732+噴煙4_convert_20141011205926






紅葉の安達太良山


2537+青空と紅葉の山5_convert_20141005083458



2612+山頂が見えた_convert_20141004230858


40年振りの安達太良山。
あの時は弟とふたり、
今は亡き父に連れて行ってもらいました…


2400+奥岳登山口_convert_20141004224205


で、登山口に到着すると、
残念ながら凄い風。
山頂も見えず。
おかげで朝のゴンドラは運行中止。
下界は快晴だったのに…

2402+強風のためゴンドラ運行中止_convert_20141004224308


ゴンドラを使って、
登頂後にくろがね小屋経由で、
時計回りに一周しようとしていた計画が、
ダメになりました。


2404+足で行きます_convert_20141004224417


どうしよう…

ゴンドラ使わないとかなり長丁場。
足の調子も良くないし、
山頂はもっと風が強いだろうし、
視界もないだろうし。

とりあえず反対周りで、
くろがね小屋まで行って、
その後はそこで判断することにしました。


2420+標識4_convert_20141004224635


結果、それが正解。


2512+くろがね小屋4_convert_20141004232046


くろがね小屋に到着しても
依然風は超強くてすごく寒い。
山頂方面はガスガス。

きっと登頂しても何も見えず、
風に飛ばされそうになるだけだろうな。

ということで、
安達太良山にはいつでも来れるし、
ここでUターンすることにしました。


2516+源泉_convert_20141004225402


それでも紅葉真っ盛り。
まさに見渡す限り錦秋の風景で、
山の秋を十分に満喫できました。


2417+馬車道の紅葉2_convert_20141004224530


2431+馬車道の紅葉5_convert_20141004224735


2439+馬車道の紅葉10_convert_20141004224847


2514+小屋周辺_convert_20141004225257


2526+山の斜面_convert_20141004225519


2530+紅葉のトンネル4_convert_20141004225657


2540+美しい木3_convert_20141004225829


2551+青空と鉄山7_convert_20141004230041


2558+くろがね小屋方面_convert_20141004230645


2607+黄色_convert_20141004230206


2609+遠くの山々_convert_20141004230758


時間も早かったので、
最後に遊歩道経由で戻りましたが、
その遊歩道がアドべンチャー。

”滑落注意”の看板や、
ぐらつく壊れかけの急階段、
くさり場まであって、
今日一番汗をかきました。

2623+魚止めの滝2_convert_20141004231001


2625+千恵子_convert_20141004231059




ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
blog list
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
検索フォーム
レース情報
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ