< >

マンデラ 自由への長い道


348131_005_convert_20140525135628.jpg


ネットのレビューも少なく、
あっても、
「感動しない」
「詰め込み過ぎでよく分からない」
「盛り上がりに欠ける」等、今ひとつ。

ところが、
私にとっては全く逆でした。

348131_003_convert_20140525135657.jpg


感動的なシーンは随所にあり、
ストーリー的にも十分面白く、
盛り上がり、涙しました。

348131_008_convert_20140525135721.jpg


アパルトヘイトが撤廃されて
まだたったの20年。
つい20年前まで、
あんな酷い世界が現実に存在していた。

表面的には知っていた事実だけれども、
ここまでだったのかと、
あらためて認識することができ、
勉強になりました。

348131_010_convert_20140525135736.jpg


20世紀の終盤、
ベルリンの壁が崩壊し、
ソ連が消滅し、
南アフリカの人種差別政策が撤廃された。

冷戦の終結とともに、
世界的にはかなり良い方向に動いていたんだなと思う。
そして、悪い制度や悪い仕組みは、
いつか必ず変えることが出来るのだと思いました。

348131_007_convert_20140525135752.jpg


U2のボノが作品のために書き下ろした主題歌も良かった。


T0013352p_convert_20140525135811.jpg





杜の都


今日はこの方の命日だそうです。

0979+青葉城趾_convert_20140524182129


で、お墓参りを。

0957+瑞鳳殿5_convert_20140524182434


0968+瑞鳳殿16_convert_20140524183113


法要が営まれていてたくさんの人が。

0965+瑞鳳殿13_convert_20140524182714


すごい石垣。

0983+青葉城趾5_convert_20140524182942


眺めがいい

0981+青葉城趾3_convert_20140524183938


0982+青葉城趾4_convert_20140524184047



牛タンの味噌焼き♪♪

0985+牛タン味噌焼き_convert_20140524183156


これも…ワンパターンかな

0986+ずんだ餅_convert_20140524183237








ラ・フォル・ジュルネ 2014〜キオスクコンサートなど♪♪


0901+ラ・フォル・ジュルネ10_convert_20140506101140


今回のラ・フォル・ジュルネは
有料コンサート以外も楽しもうと、
チケットの購入は控えめに。

今まで記載した以外にも、
たくさんの公演に参加しました。


アウラのア・カペラによる
ヴィヴァルディの四季・春。
とてもきれいな歌声でした。

0904+アラウ3_convert_20140506100608


レクイエムの後で参加した
ムジカーシュのハンガリーの民族音楽。
もの凄い盛り上がりでした。

0908+ムジカーシュ_convert_20140506100723


BSのクラシック倶楽部で見たことのある
三浦友理枝さんのコンサートも素晴らしかった。

0915+三浦友理枝6_convert_20140506100817


その他、ちょっとの間だったけど、
ヴォックス・クラマンティスの素晴らしいハーモニーなど。


だけど憂鬱な気分が晴れることはなく、
公私の嫌なことが演奏中も頭から離れず、
音楽に集中できなかったことが、
とても残念でした。

来年は今の生活を全てご破算にして、
もう一度再出発をして、
熱狂の日に参加したいなぁ…


0917+ラ・フォル・ジュルネ15_convert_20140506101250


IMG_8495.jpg






ラ・フォル・ジュルネ 2014〜レミ・ジュニエ♪♪


0883+ラ・フォル・ジュルネ2_convert_20140506094629


0889+ラ・フォル・ジュルネ8_convert_20140506094915


ピアノ レミ・ジュニエ
ウラル・フィルハーモニー管弦楽団
指揮 ドミトリー・リス

ラフマニノフ 交響詩「死の島」op.29
       ピアノ協奏曲第3番ニ短調op.30


いよいよ私の最後の公演。

初めて聴く死の島。

暗い海がうねる。
波が荒れる。
重苦しい、
まさに行き着く先の死。
見事に表現されていると感じました。

指揮者は大きく身体を使い、
手がまるでタコの様に
あちこちから伸びてくる(笑)

素晴らしい演奏でした。

0926+ラ・フォル・ジュルネ20_convert_20140506094743


そしてピアノ協奏曲。
代役だったはずのピアニストが超主役に。
本当に素晴らしかった。
鳥肌が立ちました。

颯爽として繊細で情感のこもった熱演。
終了後はBravo!連発。
嵐のような拍手でした。

0927+ラ・フォル・ジュルネ21_convert_20140506095016


弱冠22歳、
漫画から出てきたような
王子様風のルックスも相まって、
日本の女性ファンの心を鷲掴みでしょう。

これから追いかけるのが楽しみな人です。


ラ・フォル・ジュルネ 2014〜ベートーベン♪♪


0885+ラ・フォル・ジュルネ4_convert_20140506091056


0922+ラ・フォル・ジュルネ16_convert_20140506091242


ピアノ アブデル・ラーマン・エル=バシャ
ベートーベン ピアノソナタ第21番 ワルトシュタイン
       ピアノソナタ第23番 熱情


続いてフォーラムを少し覗いてから読売ホールへ移動。

知らない人だったけど、
現れたのはカッコいい中年男性。

そして演奏は見事。


0925+ラ・フォル・ジュルネ19_convert_20140506091449


大好きなワルトシュタイン。
さりげなく入り盛り上げる。
3楽章では情感もたっぷり。
素晴らしい演奏でした。

熱情はまさに力強く情熱的。
激しく力強い第1楽章、
穏やかに流れる第2楽章、
そして美しく圧倒的な第3楽章。
もう見事と言うほかありませんでした。

スゴい集中力、
会場は熱狂でした。

予定を10分オーバー。
時間を忘れる名演でした。


これまで有料コンサートは全部大当たり。
あとひとつです。


0923+ラ・フォル・ジュルネ17_convert_20140506091351






ラ・フォル・ジュルネ 2014〜AMO合奏団♪♪


0920+丸ビル_convert_20140506084225


東京AMO合奏団

モーツァルト アイネクライネナハトムジークより第1楽章
チャイコフスキー 弦楽セレナーデより第1楽章
メンデルスゾーン 弦楽八重奏曲より第1楽章


翌日は丸ビルでの弦楽八重奏からスタート。
20分間並んで席をゲット。

雑踏の中での演奏なのでやむを得ないけど、
音はスピーカーから。

係員もちょっと煩さかった。


0921+丸ビル2_convert_20140506084359



メンデルスゾーンの弦楽八重奏曲は
明るく推進力があって良かった。


これもCD買わないと。



ラ・フォル・ジュルネ 2014〜ミシェル・コルボ♪♪


0884+ラ・フォル・ジュルネ3_convert_20140506080953


モーツアルト レクイエム K.626

ミシェル・コルボ指揮
シンフォニア・ヴァルソヴィア
ローザンヌ声楽アンサンブル

レティツィア・シェレール(ソプラノ)
キャサリン・ピロネル・バチェッタ(アルト)
クリストフ・アインホルン(テノール)
ピーター・ハーヴェイ(バリトン)


0905+ラ・フォル・ジュルネ11_convert_20140506081117


移動途中でアウラによる
アカペラでの”四季・春”を聴いた後Aホールへ。

CDで良く聴いていたあのミシェル・コルボ。
前日のフォーレも大好評。
このモーツァルトも最高に素晴らしく、
大感動で胸がいっぱいになりました。


大きな大きなAホールのステージでは、
この編成はいかにも小さい。
やっぱり厳しいか…と出だしでは思いましたが、
すぐにホールいっぱいに音が響き、
そんなことはあっという間に忘れてしまいました。


0907+ラ・フォル・ジュルネ13_convert_20140506081213


シンフォニア・ヴァルソヴィア、
なんという暖かさ。
ソリストも安定感抜群でとても美しい。
そして何と言ってもローザンヌ声楽アンサンブル。
ただただ素晴らしい。
敬虔な中に暖か味があり、
心の中に沁みわたりました。

コルボさんは用意されていた椅子に
座り続けることはなく熱演。
大画面に映し出される横顔は
歌っているようにも。

最高のレクイエムでした。


そして発見は、
ラクリモサ以降の曲。
ジュスマイヤーはよく頑張った。

いつもラクリモサまでで気が抜けてしまい、
最後までこんなに真剣に聴いたのは初めてかも。


大感動の演奏だったけど、
ひとつだけ。

拍手が早すぎ。
前列右側の女性、
左側からも、
終わるのを待っていましたかのような拍手。

気持ちは分かるんだけど、
もっと余韻に浸りたかった。



ラ・フォル・ジュルネ 2014〜桐朋学園♪♪


0892+桐朋学園オケ2_convert_20140505235549


高関健 指揮
桐朋学園オーケストラ

ガーシュイン  パリのアメリカ人
バーンスタイン ウエストサイドストーリー


0896+桐朋学園オケ6_convert_20140506000628


次は展示ホールでのコンサート。
リハーサルから観てました。


0899+桐朋学園オケ9_convert_20140505235828


うまい☆

もちろん、
学生の中でも上手な人たちが出てるのだろうけど、
それにしてもきれいな音。
弦も木管も感じが良く出てる。

一生懸命演奏している姿がいい。
金管やパーカッションの迫力もさすが。


0897+桐朋学園オケ7_convert_20140505235658


この素晴らしい演奏、
有料コンサートのチケット
どれでもいいから1枚持っていれば、
無料で聴ける。

空いた時間で観てたけど、
すごく得をしました♪♪


0893+桐朋学園オケ3_convert_20140505235424




ラ・フォル・ジュルネ 2014〜ブラームスとシューマン♪♪


0882+ラ・フォル・ジュルネ_convert_20140505232316


あまりにも気分がふさぎ込んでいて、
今年は止めようかなと思っていました。

でもやっぱり行こうと、
プログラムを初めて見て、
チケット取ったのが2日前。


0886+ラ・フォル・ジュルネ5_convert_20140505232814



仲道 郁代 ピアノ
ブラームス 3つの間奏曲集 op.117
シューマン 交響的練習曲 op.13

アンコール シューマン トロイメライ
      エルガー  愛の挨拶


黒地に銀がキラキラしたシックなドレス。
仲道さんが、
客席とコミュニケーションを取るのが上手で、
とても楽しいコンサートになりました。

0890+ラ・フォル・ジュルネ9_convert_20140505232511


ブラームス、
子どもを亡くしたクララへ捧げた曲とのこと。

第1番は不幸な母親の子守唄、
第2番は透明感のある淋しさ、
第3番は暗いけど情感あふれる。

きれいな曲で演奏も良かった。
こころの奥底へ沁み入りました。
なんか泣ける…


シューマン、
話べただけど半音の違いで表現をしていると。

”シューマンの指”で知った曲。
ほとんど初めて聴いたけど、
スケールが大きくスゴい曲でした。
演奏も素晴らしい。

フィナーレ、
身体を反らすくらい鍵盤から大きく手を離した後、
ペダルから足を跳ね上げて音を止める。
お行儀悪いと言われそうなほど格好良かった。


この2曲、
早くCDを買わなくちゃです。


0924+ラ・フォル・ジュルネ18_convert_20140505232933


アンコールのトロイメライも沁みました。

仲道さん、誤解してました。
美人を売りにTVに良く出てる、
タレント兼ピアニストなのかと思っていましたが、
素晴らしい演奏家でした。

今年のラ・フォル・ジュネ、
最初のコンサートが大当たり!
幸先が良い。



それでも夜は明ける

347686_001_convert_20140503202924.jpg


人間って最悪。
権力を持つと、
弱い立場の人にどこまでも残酷になれる。

奴隷制度はなくなっても、
今でも奴隷は存在する。
差別は今だって身近に、
あからさまに存在する。

347686_004_convert_20140503202954.jpg


延々と残虐な暴力の描写のみが続く映画。
苦しく長い2時間。

引き離される母と子の叫び声が今も耳に残る。

吊るし殺される寸前で放置された主人公と、
その光景の隣で日常を過ごす人たちの、
延々と続く長回しシーンが頭にこびりつく。

主人公の顔の長い長いクローズアップ、
ヴァイオリンを壊す主人公、
同じ立場の黒人女性を鞭打つ主人公…
どれも頭から離れない。

347686_007_convert_20140503203008.jpg


わーわー泣いてるおばさんはいたけど、
救われて家族と再会するシーンでも喜びはなかった。

”ルーツ”から何年経ったのだろう…


T0013026p_convert_20140503203030.jpg


この邦題は最低。

ニッポンもアジアでの戦争犯罪を
延々と描く映画を作って世界に公開してみれば。





ネモフィラハーモニー♪♫


IMG_6905_convert_20140430232723.jpg


0851+☆ネモフィラハーモニー103_convert_20140430232539


圧巻…
素晴らし過ぎて言葉が出ませんでした。

0777+☆ネモフィラハーモニー32_convert_20140430231306


前日までは天気が心配で
出かけるかどうか迷いましたが、
思い切って早起き。

朝5時に出発しました。
7時半の開門ちょうどに到着。
風が冷たいけど、
薄日が射すまずまずのお天気。

0816+☆ネモフィラハーモニー71_convert_20140430231516


あとはただ圧倒されるだけ…


0773+☆ネモフィラハーモニー28_convert_20140430231000


0774+☆ネモフィラハーモニー29_convert_20140430231129


0825+☆ネモフィラハーモニー80_convert_20140430231858


0822+☆ネモフィラハーモニー77_convert_20140430231758

0749+ネモフィラハーモニー5_convert_20140501221613


0833+ネモフィラハーモニー88_convert_20140430232141


0847+みはらしの丘5_convert_20140430232432


0827+☆ネモフィラハーモニー82_convert_20140430232006


0782+ネモフィラハーモニー37_convert_20140430231417


0818+☆ネモフィラハーモニー73_convert_20140430231647


0858+☆ネモフィラハーモニー110_convert_20140430232658



ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
blog list
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
検索フォーム
レース情報
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ