< >

黄色い星の子供たち

終わってもずっと席を立つことが出来ませんでした。
エンドクレジットが短く感じられました。
明るくなっても目はいつまでも赤いままで、
いまも思い出すと目頭が熱くなります。

フランス映画、
フランス政府が犯した
ヴェル・ディヴ事件をテーマにした作品。

演技とか、
映像とか、
ストーリーとか、
もうどうでも良い感じ。
ただ、この話が事実であるということが、
心を打ちのめしました。

人間とはここまで酷いことを出来るのか…
だけど人間は捨てたものではない。

「オーケストラ!」のヴァイオリニストだった
メラニー・ロランが看護師アネット、
ジャン・レノは自身も検挙されたユダヤ人医師、
そしてジョーやノノをはじめとした子供たちと
ラファエル・アゴゲのおかぁさん。
みんな素晴らしかったです。

反省の全くない日本人。
フランスはフランス人がこのような作品を作っています。
日本人は「山本五十六」?「坂の上の雲」?
こんなことだから原発が爆発しようが、
放射能の満載の食べ物が流通しようが、
政治屋や木っ端役人にいいようにやられてしまう。
日本人も「南京大虐殺」の作品でも作り、
日本の子供たちや世界に公開すべきです。


T0010295p_convert_20130106102010.jpg


T0010295q1_convert_20130106102030.jpg





ラ・ボエーム

新国立劇場

milestoneのブログ-入り口

指揮:コンスタンティン・トリンクス 演出:粟國淳
ミミ:ヴェロニカ・カンジェミ/ロドルフォ:パク・ジミン
マルチェロ:アリス・アルギリス
ムゼッタ:アレクサンドラ・ルブチャンスキー
萩原潤/妻屋秀和/鹿野由之/晴雅彦/糸賀修平
合唱:新国立劇場合唱団 管弦楽:東京交響楽団

milestoneのブログ-ホワイエ


オペラ~~☆
しかも新国立劇場オペラパレス!S席!!
なぁちゃんといっしょ♪

3月11日以来の新国立劇場、
やっぱりいいわぁ~~
この豪華さは…たまに来ないとね。

milestoneのブログ-オペラパレス


最初のロドルフォ…はぁぁぁ☆
ミミ~♫よりもムゼッタの方が良かったかなぁ…?
マルチェロもよい~

舞台もスゴくきれい。
これはその辺のホールでは無理だろうな。
新国立劇場オペラバレスだからだね。
夢を見ているような風景でした。

milestoneのブログ-オペラグラス


やっぱりオペラは最高♬
1年に1回くらいは聴きにこないと。
幸せな時間でした。



N響+高木綾子

オペラシティ
指揮 レナード・スラットキン
フルート 高木綾子 NHK交響楽団

milestoneのブログ


ブラームス :ハイドンの主題による変奏曲作品56a
モーツァルト:フルート協奏曲第1番ト長調K.313
ベートーヴェン:交響曲第7番イ長調作品92

あぁ、なんと久しぶりのオーケストラ。
この弦の響き、木管の透明感、
金管の咆哮、ティンパニーの一撃☆

ブラームスのハイドンヴァリエーションは大好きな曲。
出だしのテーマの木管でジーンときてしまいました。
演奏はいたって普通という感じ。
盛り上げる所はしっかり盛り上げて、
オケも上手なのですっかり浸ってしまいました。

続いてモーツァルトGdur♪
深い紺のシックなドレスの綾子さん。
髪はゆるく波打って、アクセサリーがキラキラ☆
1楽章 音が飛び回ってもう素晴らしい。
2楽章 至福のカデンツァ。うっとり…
3楽章 ノリノリの演奏。最高です!

ベートーベン7番、まぁそれほど好きではないが…
フルート神田、オーボエ茂木、あとホルンも、
やっぱり上手だなぁ。
オケ全体はなんかもうひとつ合ってないような気もしましたが、
どっぷりと浸りました。
満足です。

ただ…
このコンサート、
NTTのCSRということでチケット安いのです。
ということで、
このようなコンサートに来ないような人もたくさん。
2階からパンフ落としたり、
演奏中ずっと鼻をすすったり、
足でリズム採ったり、
雰囲気は悪かったです。
もっと料金高いコンサートに行きたい。

milestoneのブログ


終わって地上に出たら雪が積もってツルツルでした。

milestoneのブログ

フェア・ゲーム

アメリカも日本も国家権力の体質は似たようなもの。
マスコミのお粗末さも五十歩百歩。

プレイム事件を描いた実話。
国家権力の嘘により
犠牲になった一国民の物語。
犠牲者は元大使とCIA工作員の夫婦なので
一国民ではないのかも知れないが、
それまでの人生はめちゃくちゃに壊された。

権力の目的は現状維持、自己保身、利権確保。
常に自分たちのみが目的で、
目的達成のためには手段を選ばない。
嘘は当たり前、犠牲者をだす事もためらわない。
それはどの国でも、どのような組織でも同じ。

ナオミ・ワッツの演技が素晴らしい。
前半の有能な工作員と後半の打ち拉がれた姿の対比は見事。
ショーン・ペンのお腹の出かたには親しみを感じた。

2、3年前に見たのであればあれば、
民主党政権の体たらくがなければ、
原発事故がなければ、
アメリカは酷いなと思って見ていただろう。
だけど、2012年に見た感想としては、
どこも同じか…ということになってしまう。


T0010561p_convert_20130106102515.jpg



ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
blog list
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
検索フォーム
レース情報
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ