< >

ツリー・オブ・ライフ

いや、これは、評判どおりの映画でした。

始まって15分、
いらいらがおさまって眠りに落ちました。
ふと気がつくと、
噴火や滝などの環境映像になっていました。

そのあと恐竜ができてたときにはいったいどうなることかと。
もう出ようと思ったのですが、
事前情報を得ていたので
ここは辛抱、
ようやく人間の話に戻りました。

それ以降は、
なんとか自分の気持ちを盛り上げようとしながら見ていたので、
眠くはなりませんでした。
しかし、もしかしたらこの映画は深いのではないか、
と思おうとした気持ちを踏みにじるような
ラスト30分がまたやってきて。
エンドロールになると、
観客の皆さんは先を争ってご退室されていました。

今から20年以上前、
学生時代に安い映画館で見たはずれの映画、
そんな感じですね。
私には高尚過ぎてもったいない作品でした。


T0010170p_convert_20130106103842.jpg


シャンハイ

ネットのレビューがとても厳しくて
期待度が下がっていたのですが、十分満足しました。

これは歴史を背景にしたラブストーリー、
楽しめば良いだけの話です。
まぁ、特別素晴らしい!という程ではないことも確かですが、
大戦前夜の雰囲気はよく出ていたと思うし、
テンポ感も十分、コン・リーはさすが見事でした。

どうしてこんなに酷評されるのだろう?
日本が悪く描写されすぎている??
そんなものでしょう。
日本の教育しか受けていない私に真実ははわかりません。

それにしても、渡辺謙の存在感はすごい。
世界的であることが実感できました。

あと、チョウ・ユンファ、劇団ひとりに似てました。

行ってよかった♪♪


T0010044p_convert_20130106104032.jpg





ラリュー フルートコンサート

福島市音楽堂 8月16日18:30~ なぁちゃんと

フルート:マクサンス・ラリュー
チェンバロ:中野 振一郎
フルート:東條 茂子

securedownload_convert_20120813091220.jpeg


J.S.バッハ
:2本のフルートと通奏低音のためのソナタ ニ短調BWV1036
テレマン
:メトーディッシェ・ゾナーテ ニ短調op.13-12
J.S.バッハ
:2本のフルートとチェンバロのためのソナタ ト短調BWV1029
ルクレール
:音楽の楽しみ 第2番 op.8 他

地味でした。
知ってる曲はひとつもなし。
お客さんの入りは半分を超したくらいかな。

実行委員長が元直属上司の方で、
ご夫妻でいらっしゃってました。
休憩時間にご挨拶に行って、
娘を紹介しました。
いろいろとかまわれてました。

とても良い席に座ったけど、
音楽堂は響きすぎ。
フルートを口から放した後も、しばらく音が聞こえてました。

音楽の楽しみのシャコンヌは良かったな。
あとでYouTubeで探してみよう。

E58699E79C9F202_convert_20120813091944.jpg


オーケストラのコンサートに行きたいよ。




青森旅行・・・最終日

3日目は青森市内へ。
私の三内丸山遺跡という提案は却下されて、
まずはワラッセへ。

ところが、お盆で観光客が多く駐車場がない。
空き地はたくさんあるのに車が止められない。
何とかしてよ、青森市。

駅の立体に車を置いて歩いて回りました。
足は豆だらけ。
昨日の奥入瀬を歩くのとは全然違う~。

ワラッセはねぶた。
すごい、はじめて見た!
これは、青森は誇れるね。
この伝統を守る青森、さすがです。
尊敬します。
今度は本番で行きたいです!

込んでるおしゃれなお土産やさんを素通りして、
続いて、八甲田丸。
行かなくて良かったかも・・・。
暑かった。

お昼はのっけ丼にしようと思ってたんだけど
歩くのがいやになったからアウガ。
カフェで休憩をしてどこに行くかを検討した結果、
すし処三國へ。
4色丼、うにホタテ丼、特選握りを。
大トロはおいしかった。
ブリもまぁまぁ。
あとは普通。
安いけど。

最後はアスパムでお土産を物色。
りんごジュース飲んで、アップルパイを買って・・・。

よ~し、そろそろ帰るか、となったのが15時半。
金成IC付近で大渋滞に巻き込まれ、
前沢SAで1回休憩を取り、
到着は11時ちょっと前。
みんなを起こして、
幸楽苑でラーメンを食べてから帰りました。

みんな楽しかったかなぁ??







青森旅行・・・2日目

翌朝は全員復帰、
朝食のりんごジャムがおいしかった♪

そして、本旅行メインの奥入瀬渓流へゴー!
まずは、忘れてきた虫さされの薬を買って銚子大滝へ。
すご~い、マイナスイオンたっぷり。
きもちいい~☆

続いて雲井の滝、
そして石ヶ戸の休憩所に車をおいて2時間の散策。
阿修羅の流れまで。
涼しくて良かった~。
心が洗われました。
川は地元の川でも同じかもしれないけど、
地元の川だったら絶対に歩かない。
やっぱり観光地は違うなぁ。
ホント気持ちのいい散策でした。

休憩の後、十和田市内へ。
十和田吉兆、B級グルメ、バラ焼きで昼食。
心配してたけど、みんなの評価高し。
よかったよかった。

食後、現代美術館へ。
いきなりでっかいおばさんがいたり、
太った車があったり、楽しいところでした。
写真をたくさん撮りました。

下北半島までのドライブはあきらめて
まかど富士屋ホテルへ。
ここは全てがいまいち。
建物、風呂、部屋の空調、料理、
従業員はがんばってるのに、
経営陣が手を抜いてしまっている
料金以下のホテルでした。

まぁ、急に予約したからここしかとれなかったんだよね。
浅虫のいいところだったら良かったんだけど、
しょうがないね。



青森旅行・・・初日

今年は4人でか・・・とあきらめていたのですが
何とか5人で行くことができました。
なぁちゃんがフランスへの出発日が遅くなり
急遽参戦、11日に帰ってきました。

8月12日金曜日 8時25分出発
東北道は白石付近から渋滞が始まり、
一関ですでに11時半。
午前中予定していた中尊寺見学をあきらめ、
一気に盛岡ぴょんぴょん舎へ。
冷麺、ピビンバ、ちじみで昼食、おいしかった♪

その後、一路北へ。
発荷峠に3時前に到着。
十和田湖を見下ろす景色が素晴らしい!
絶景絶景、
そしてすご~く涼しい~!!
湖畔で遊んで、乙女の像で記念写真を撮って、
十和田湖プリンスホテルへ。
部屋はいまひとつだけど、
立地も建物もリゾートの趣が十分のグッドホテルです。
露天風呂もよかったです。

夕食は7時半から、フランス料理のコースです。
ところが、ここでママとさとくんが調子が悪くなり
食事途中でリタイア。
しょうがないなぁ・・・
パパとゆうくんはお風呂の後遅くまで
ロビーで本をながめたり携帯いじったりしてました。

翌朝は全員復帰、
朝食のりんごジャムがおいしかった♪
そして、本旅行メインの奥入瀬渓流へゴー!
ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2011/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
blog list
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
検索フォーム
レース情報
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ