< >

雨の八方尾根(>_<)


1960_✩何も見えない_convert_20170819074931


晴れていれば今日は八方池までと思っていたのにやっぱりお天気は今ひとつ。
今年の夏は登山には向かないなぁ。


1966_✩下って来た_convert_20170819074418


雨が小降りの時を狙って、
明日のご来光場所の下見を兼ねて山荘周辺の散策へ。
あとでこれが役に立つとは…


1968_✩雲_convert_20170819074538


山の日なのに山荘の部屋は上棚4人分を一人独占でした。
この天気では山小屋の経営も大変ですね。

明日は晴れてよ〜!


1976_テラス_雨_convert_20170819074757





乗鞍岳2日目。ご来光🌅そして3年振りの道へ!


1767_✩最後の星_convert_20170818055603


そして翌朝。
4時過ぎにお宿を出発。
大黒岳からご来光を…


1788_✩✩なんという美しさ_convert_20170818055812


浅間山上空の雲が眩しく輝きだし、
シルエットだった穂高と槍が次第に色付く。
剣ヶ峰が赤く染まり始める。


1789_✩歩いて行けそう_convert_20170818061314


そして東の雲が真っ赤に。
何という神々しさ。
言葉になりません…(T . T)


1796_見えた_convert_20170818062357


剣ヶ峰への道は、この3年間積み重ねてきた経験の証明。


1810_清々しい槍と穂高6_convert_20170818062537


3年ぶりに歩く同じ道。
成長の跡なのか、
3000mの薄い酸素でも3年前のように3歩で立ち止まることはなく、
何とか10歩くらいは続けて歩くことが出来ました(笑)


1811_✩燃える剣ヶ峰_convert_20170818062658


だけど今回もガス。
景色が見えたのはほんのちょっとだけ。


1813_✩懐かしい道へ_convert_20170818062958


3度目の正直が本当なのかを確認しにまた来なきゃです。
でもそれもまたなんか楽しい ♪♪


1852_✩_山頂2_convert_20170819073851





乗鞍岳へ…初登山のお山に戻ってきました!


1730_✩山頂_convert_20170817210627


思い起こせば3年前。
初心者でも超楽チンとの甘い言葉に惑わされ、
いきなり選んだ初登山が乗鞍岳。
3000mの薄い酸素に、歩き始め3歩で立ち止まる(>_<)

ところが今回はもっとひどいことに…


1726_✩もっと上から_convert_20170817205824


前日通過した台風5号の影響で乗鞍スカイラインが終日通行止め。
バスは全て運休。
歩き始める前に下界のバスターミナルで立ち止まる…


1750_✩夕日の雲海_convert_20170817210110


それでもなんとかせねば。
今日のお宿の畳平の山小屋の方にお願いして、
数少ない動いているタクシーを手配。
最後は歩いてなんとかお宿に到着。


1758_✩槍と奥穂_convert_20170817210235


そんなこんなで、
今日は畳平周辺のお山を足慣らしにお散歩。
夕陽と星空が見事でした〜 ♪


1754_✩夕陽3_convert_20170817210419




初めての尾瀬 後半 裏燧へ ♪♪


1565_✩至仏山_convert_20170722180744


今日も4時前に起床。
さっそく徒歩3分の尾瀬ヶ原へ。


1576_✩燧ケ岳_convert_20170722180917


おぉーっ!
木道の向こう、朝靄に浮かんでるのは至仏山☆
これが尾瀬。
思っていたそのまんま。


1577_✩朝靄の池塘_convert_20170722181237


振り向くと、見晴の山小屋の向こうにでっかい燧ケ岳☆
ここにいたのか〜!


1622_✩平滑の3_convert_20170722181615


原っぱからは湯気が立ち上る。
もやもやの中にポツポツと立つ木々が幻想的。


1634_三条の滝上部_convert_20170722182120


早朝の尾瀬ヶ原を十分に堪能。
いつまでも見ていたかった…


1643_✩滝壺_convert_20170722182230


今日は三条の滝経由で裏燧を御池まで戻ります。

平滑の滝から三条の滝までは、
クサリ、ハシゴのアドベンチャーを満喫。
おかげで三条の滝では今回唯一の達成感☆
歩きながらずーっと聞いていた滝の音が今でも耳を離れません。


1653_✩ワタスゲ田代_convert_20170722182748


その後は、小さな湿原を何個も巡る帰り道。
やっぱり溢れんばかりのワタスゲが、
いくつもいくつもゆれて待っていてくれました。


1657_✩吊り橋_convert_20170722182408


なごり惜しい燧ケ岳裾野1周のハイキングも、
最後の湿原を過ぎるとすぐに御池登山口。
とうとう戻って来てしまいました。


1668_✩ワタスゲを行く2人_convert_20170722182602


初めての尾瀬、
お天気にもまずまず恵まれて、
北半分を満喫することができました。


1686_✩溢れるワタスゲ2_convert_20170722182901


秋は南側を制覇、
そして至仏山と燧ケ岳はいつ登ろうかな…


1695_燧の湯_convert_20170722183026



初めての尾瀬 前半 尾瀬沼から見晴、竜宮へ ♪♪


1444_✩尾瀬沼へ_convert_20170722083557


梅雨の真っ只中。
それでも3連休はどこかには行かねば…


1432_✩大江湿原5_convert_20170722083441


と思っていた矢先、
"尾瀬に行きませんか?"
"はい、行きます!"…即食いつきました。


1450_✩ニッコウキスゲの道_convert_20170722083715


前日の仕事は余裕を持って切り上げ、山行の準備。
意外に手間取り、興奮して眠れないのも加わり、睡眠時間は不足気味。
なのに行きの道中もウキウキして眠れません。


1497_✩森_convert_20170722083958


雨の予報は見事にハズレ ♪♪
さぁ出発です!


1507_✩最初の尾瀬ヶ原_convert_20170722084111


沼山峠からスタートです。


1516_✩弥四郎小屋から尾瀬ヶ原_convert_20170722084215


大江湿原ではワタスゲが大勢でお出迎え☆
まるでパラダイス!みんな大喜びです。


1522_✩池塘_convert_20170722084347


同行者2名が腹が減ったとのことで、さっそく湖畔の休憩所でカレーライス。
燧ケ岳がデカすぎる〜


1533_✩離れる瞬間_convert_20170722084626


ポツポツと落ちて来た雨も樹林帯の中だったので、全く影響なし。
浅湖湿原では水芭蕉も待っていてくれて大感激。
池塘ではサンショウウオの姿も。


1544_✩至仏山方向_convert_20170722084817


沼尻を経てついに見晴に到着。
尾瀬ヶ原、広すぎる〜!
今までの湿原は子どもたちだったのか。


1545_✩分岐_convert_20170722084933


一休みした後で湿原を散策。
どこまでも続く木道。
湿原の中にポツリポツリと立つ白い木。
川ではイワナが飛び跳ねていました。


1550_✩湿原の木3_convert_20170722085043


曇り空で、燧ケ岳も至仏山もお星さまたちも雲の中。
だけど、それでもここは本当に天国。


1555_弥四郎小屋_convert_20170722085235


下界の灼熱地獄をよそに、薄着では寒い夜が更けていきました。


1563_✩夕暮れの尾瀬ヶ原_convert_20170722085331




ニッコウキスゲは今年もガスガス(>_<)


1924_きいろ6_convert_20170704065830


思い起こせば昨年の今日。
ガスの湿原のリベンジを果たすべく、2週続けて雄国へチャレンジ!
見事、山も沼も超気持ち良い、大満足の山行となりました。


そして1年後…

1335_✩もっと暗くなった_convert_20170703201857


1363_✩コバイケイソウ_convert_20170703201439


豪雪により季節は1週間後ろ倒し。
ようやく本日、ニッコウキスゲが見頃を迎え、湿原へLet's go!


1344_✩ニッコウキスゲとコバイケイソウ_convert_20170703201346


結果はタイトルのとおり、状況は写真をご覧ください。
来週、2年続けてのリベンジ山行は…ない予定です。


1388_✩ヤグルマソウ2_convert_20170703201727


1354_✩レンゲツツジとニッコウキスゲ_convert_20170703201416


なお、早朝の登山口到着5分前、道端で割と大きな子グマに遭遇しました。
皆さん、お気をつけくださいませ。


1331_✩ブナ林_convert_20170703201132


1394_土湯温泉_convert_20170703202831


もう一つのホームマウンテン ♪♪




1238_✩魔女の瞳2_convert_20170618212924


距離的に一番近いお山は実はこちら。
ただし登山口までの時間は2番目。
あともう一つ安達太良山とは大きな違いがありました…

てんくら予報は1日中A、明日もA。
朝起きると雲ひとつない青空が広がってる〜 ♪


1201_✩雪渓2_convert_20170618213056


絶好のコンディション…のはずが、
車の中からふと見上げると山頂だけが雲の中?
結局、今回もてんくらよりもwindyが正解でした。


1215_✩一切経へ_convert_20170618213153


半年ぶりの登山道は途中に雪渓が何度も登場。

気持ちの良い木道や見晴らし抜群の稜線。
砂礫の急登もあるもののそれほど苦もなく山頂へ。



1232_✩ところが青空2_convert_20170618213313


山頂直前までガスガスが濃くなる一方。
それでもやっぱり悪運が強い!

山頂広場に出た途端に青空〜 ♪♪
魔女の瞳にも3年振りの再会できました☆


1240_✩魔女の瞳4_convert_20170618213443


青空はわずか10分でまたガスの中へ。
それでも十分。


1264_✩鎌沼と東吾妻山2_convert_20170618213928


下山は鎌沼をぐるっと回って絶景を堪能。
お花もたくさん咲いていて最後はワタスゲの群生地を経由。
吾妻小富士は今日はパスしたけどここはお鉢巡りも可能。


1278_沼沿いの雪_convert_20170618214056


1228_✩イワカガミ4_convert_20170618214334


浄土平周辺のお山は絶景の連続で見どころ満載、
ホント良い山域だと思う。


1288_✩チングルマ群落_convert_20170618214448


でも、帰り道、
当然温泉に寄るつもりが、
途中の高湯温泉は日帰り立寄り湯、満車と時間切れで断念。
結局、自宅でシャワーとなりました。


1311_✩ワタスゲ7_convert_20170618214229




マイ ホームマウンテン、安達太良山 ♪♪


1079_アップ_convert_20170521081330


振り返ってみると去年も同じ5月の第3土曜日、
今年も山開きの前日に行って来ました。


1094_✩青空とモクレン_convert_20170521081551


昨年は雪の上を歩くということはありませんでしたが、
今年は残雪多し。
きれいな雪渓もまだ残っており、
雪道の登りやトラバースも。


1115_✩雪渓_convert_20170521081706


おかげでゴンドラの上の登山道は完全に沢と化し、
明日の山開きに登る人たちはおそらくビシャビシャと歩くしかなし。
泥もかなりひどい。


1128_✩雪の残る沼の平_convert_20170521081851


お花はショウジョウバカマとオオカメノキが満開。
小ぶりの水芭蕉は終わりかけ。
あとはスミレとモクレンorこぶし。
去年満開だったイワカガミは全然でした。


1143_✩地球が丸い_convert_20170521082000


沼の平を臨む稜線はやっぱりものすごい風。
おかげで裏磐梯のパノラマをきれいに見ることが出来ました。


1151_✩和尚山_convert_20170521082119



明日はさぞや賑やかなお山も、
それなりに人は多かったものの今日はまだ静か。
山頂でも余裕で写真を撮ることが出来ました。
やっぱり今日行って正解。


1157_✩雪を下る3_convert_20170521082243


ゴンドラ降りた後の延々と続く沢登り、
大行列で歩かなきゃの明日はきっと大変だろうなぁ…

転ばないように気をつけてくださいね!


1082_✩青空に新緑_convert_20170521081440





事件で始まったGWもつるつる温泉への下山で終了!


0922_✩いきなりの絶景_convert_20170509055416


お財布紛失事件でスタートしたGW3連戦も
お山は今日でおしまい。

陣場山へのリベンジをもう一度考えたものの、
最後は安心の”都内のコース+温泉”へ!


1052_✩見えた_convert_20170509062051


早朝の奥多摩行き電車は結構な乗車率で、
青梅からはそのうち98%が登山客。

ケーブルカーを降りると、そこはもう絶景。
青空に新緑が眩しく光る。


0979_✩眩しい緑_convert_20170509055623


人混みに揉まれながら長い階段を上る御岳山。

予想外の急勾配アップダウンだけど、
緑に癒やされるロックガーデン。

観光から離れて静かに歩く絶景の日の出山と、
混み過ぎて入場制限中のつるつる温泉。


0978_✩苔が深い2_convert_20170509060850


この連休中で初めて歩いたという実感を得て最後のゴールに到達。


1027_✩地球が丸い_convert_20170509061112


お騒がせいたしましたが、
なんとか挫けずにゴールデンウィークを終了させることができました。

今の心境ではしばらくお山はお休みかなと…
しばらくとは言っても2週間くらいですが(笑)



踏みとどまって大菩薩嶺…まさかの喜劇からの復調か?


0797_✩見えた3_convert_20170507131755


全てのやる気をなくす財布紛失事件。

GWはもう何もしないでじっとしてよう…
とも考えたものの、
それでは気持ちが地球の裏側まで落込んでしまう。
そんな気がして、紛失発覚から18時間後、
なんと次のお山にまたまた向かっていました(笑)


0804_✩隙間から富士山2_convert_20170507131931


昨日のリベンジで同じところへとも思いましたが、
うつむいて下を向いて歩き続ける、
落し物を探す山行になりはしないか。
気持ちもいまひとつ不安定。
ということで、
安全策をとって行ったことのある比較的苦しくないお山へ。


0808_✩大菩薩峠_convert_20170507132057


昨日は20時過ぎには寝たので暗いうちに目はぱっちり、
早朝の中央本線に乗車。

3年ぶりの大菩薩。
今日も良いお天気。

南アルプスの山々や富士山もくっきり。
富士山の存在感って凄過ぎる。

峠や雷岩は大賑わい。


0844_✩これから行く道_convert_20170507132242


絶景を十分堪能した後、
山頂はパスして降りてきました。
どうせ行っても眺望ないもんね。

少しは復活してきたかな。


0894_✩富士とダム24_convert_20170507132335



ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
blog list
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
検索フォーム
レース情報
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ