< >

台風が来る前に!安達太良山でガイド登山 ♪♪


2176_✩空は白いよね…_convert_20170917095733


唐松岳リベンジを目論んでいた3連休。
またも台風直撃予報で断念。
本当に今年のお天気は最悪です。


2177_✩いつもの旧道_convert_20170917095857


2180_✩石ころの道へ_convert_20170917095959


同行予定の1名から土曜日近場なら行けるのでは?との要請。
家でじっとしていてもしょうがないのでモヤモヤを晴らしに出かけて来ました。


2187_✩ナナカマド_convert_20170917100231


2186_✩色づき始め_convert_20170917100112


同行した友人は安達太良山初登山。
なのでいつもの私のコースをご案内。
地球とは思えない爆裂火口の風景に言葉を失っていました。


2191_✩湿原は草紅葉_convert_20170917100345


2190_✩ガスってます_convert_20170917100454


ガイドに徹した私はそれだけで満足。
空が白いのは我慢しましょう。
山頂からの眺めが真っ白なのもガマンガマン。
ちんたら下山してるのに抜かさせてくれない大集団にもじっと我慢(-_-;)


2195_峰の辻_山頂はガス_convert_20170917100606


2199_✩沼の平2_convert_20170917100737


人が少なく、下山後の"奥岳の湯"も空いていて、
安達太良山フルコースを満喫していただきました。


2200_鉄山_convert_20170917100858


2202_✩山頂_convert_20170917101011


この後しばらくは週末の予定が混雑していて、
遠くのお山には今年はもう無理かも…
欲求不安が残る今シーズンになりそうです。


2208_✩山頂_convert_20170917101152


2210_✩山頂から広場_convert_20170917101258





2度目の月山 ♪


2147_✩三角点から日本海方面_convert_20170911221419


今日は日本中が晴れの日!
"どこかには行かなきゃ"
前日考えていたのは1番近場のホームマウンテンだったけど…


2081_✩降り口_convert_20170911220304


2098_✩月山湖と草紅葉_convert_20170911220424


"晴れ、きっと雲ひとつない晴れ。
もしかしてガス山も晴れ?こんなチャンスは滅多にない⁇"
…と妄想が膨らみ、ちょっと遠いけど2度目の月山へ。


2109_✩登り返し_convert_20170911220559


2133_✩南側_convert_20170911220741


天気予報どおり晴れました。
途中途中で雄大な眺めを満喫。
でもお山の周辺の低いところに雲が居座ってしまい、
楽しみにしていた鳥海山から海にかけての景色はお預けでした。


2138_✩来た道_convert_20170911220910


お天気とは違い身体の調子が今ひとつで大苦戦。
最後の急登はあくびが出て気持ちが悪くなってヘロヘロに。


2140_✩ほぼ到着_convert_20170911221025


キツかった〜(>_<)
おまけに脚がつって、しかも両足。


2144_✩弥陀ヶ原の方_convert_20170911221144


道端で座り込んでいたら"行き倒れかと思った"などど言われる始末。
最近あまり登っていないせいでしょうか?


2148_✩三角点から湯殿山_convert_20170911221302


リフトで降りた後はいも煮と玉コンで元気復活。
少し熱めの温泉も気持ちいい〜 ♪♪
やっぱり休日の本命はお山だなぁ✨


2173_✩芋煮_convert_20170911221943





土砂降りと雷の八方池…モヤモヤ解消に新しい登山靴 ♪♪


1979_✩テラスからの眺め_convert_20170821212355


翌日…
夜中は土砂降り、
朝も予想どおり厚い雲と小雨模様。
ご来光は断念。


1982_✩朝焼け_convert_20170821212901


お弁当を食べてぐずぐずしてると少し明るくなってきた。
じゃあちょっくら行ってみるか〜


1985_✩雲海_convert_20170821213017


濡れた蛇紋岩はすべるすべる。
でも、雨に濡れたお花はとてもきれい。
いろんなお花が満開でちょうど見ごろの時期でした。


1989_何も見えないけどとりあえず_convert_20170821213157


第2ケルンからはポツポツと雨が落ちてきて、
八方池では本降り、雨具を着込む。
そしてだんだん降りかたはひどくなる。


1997_✩雪渓登場_convert_20170821213332


高い尾根の方を見るとさらに厚い雲。
途中抜かしてきた団体さんたちは上を急ぐけど、どうしよう…
とその時、ゴロゴロゴロゴローっ!っと雷⚡️


2010_✩八方池発見_convert_20170821213430


こういう時に限って周りに誰もいない。
で、やめました。


2020_✩雨の八方池_convert_20170821213639


そそくさと下山。
山荘まで降りる頃には雨も止んで、
昨日下見したところでカップラーメン ♪


2032_✩全く見えなくなり雷ゴロゴロ_convert_20170821213756


その後またポツポツときて山荘に戻るといきなり土砂降り。
あとは止むことはありませんでした。


2013_✩雲海_convert_20170821213536


台風で予定を変更したにもかかわらず、
結局、達成感のない残念な夏休み。
また、リベンジの計画を立てないとです☆


2060_ジャンプ台_convert_20170821213923


で、帰り道…
ちょっと寄り道しておニューの登山靴をオーダー!
出来上がりは11月☆
待ち遠しい〜 ♪♪(*^^*)


2081_ゴロー_convert_20170821214014





雨の八方尾根(>_<)


1960_✩何も見えない_convert_20170819074931


晴れていれば今日は八方池までと思っていたのにやっぱりお天気は今ひとつ。
今年の夏は登山には向かないなぁ。


1966_✩下って来た_convert_20170819074418


雨が小降りの時を狙って、
明日のご来光場所の下見を兼ねて山荘周辺の散策へ。
あとでこれが役に立つとは…


1968_✩雲_convert_20170819074538


山の日なのに山荘の部屋は上棚4人分を一人独占でした。
この天気では山小屋の経営も大変ですね。

明日は晴れてよ〜!


1976_テラス_雨_convert_20170819074757





乗鞍岳2日目。ご来光🌅そして3年振りの道へ!


1767_✩最後の星_convert_20170818055603


そして翌朝。
4時過ぎにお宿を出発。
大黒岳からご来光を…


1788_✩✩なんという美しさ_convert_20170818055812


浅間山上空の雲が眩しく輝きだし、
シルエットだった穂高と槍が次第に色付く。
剣ヶ峰が赤く染まり始める。


1789_✩歩いて行けそう_convert_20170818061314


そして東の雲が真っ赤に。
何という神々しさ。
言葉になりません…(T . T)


1796_見えた_convert_20170818062357


剣ヶ峰への道は、この3年間積み重ねてきた経験の証明。


1810_清々しい槍と穂高6_convert_20170818062537


3年ぶりに歩く同じ道。
成長の跡なのか、
3000mの薄い酸素でも3年前のように3歩で立ち止まることはなく、
何とか10歩くらいは続けて歩くことが出来ました(笑)


1811_✩燃える剣ヶ峰_convert_20170818062658


だけど今回もガス。
景色が見えたのはほんのちょっとだけ。


1813_✩懐かしい道へ_convert_20170818062958


3度目の正直が本当なのかを確認しにまた来なきゃです。
でもそれもまたなんか楽しい ♪♪


1852_✩_山頂2_convert_20170819073851





乗鞍岳へ…初登山のお山に戻ってきました!


1730_✩山頂_convert_20170817210627


思い起こせば3年前。
初心者でも超楽チンとの甘い言葉に惑わされ、
いきなり選んだ初登山が乗鞍岳。
3000mの薄い酸素に、歩き始め3歩で立ち止まる(>_<)

ところが今回はもっとひどいことに…


1726_✩もっと上から_convert_20170817205824


前日通過した台風5号の影響で乗鞍スカイラインが終日通行止め。
バスは全て運休。
歩き始める前に下界のバスターミナルで立ち止まる…


1750_✩夕日の雲海_convert_20170817210110


それでもなんとかせねば。
今日のお宿の畳平の山小屋の方にお願いして、
数少ない動いているタクシーを手配。
最後は歩いてなんとかお宿に到着。


1758_✩槍と奥穂_convert_20170817210235


そんなこんなで、
今日は畳平周辺のお山を足慣らしにお散歩。
夕陽と星空が見事でした〜 ♪


1754_✩夕陽3_convert_20170817210419




初めての尾瀬 後半 裏燧へ ♪♪


1565_✩至仏山_convert_20170722180744


今日も4時前に起床。
さっそく徒歩3分の尾瀬ヶ原へ。


1576_✩燧ケ岳_convert_20170722180917


おぉーっ!
木道の向こう、朝靄に浮かんでるのは至仏山☆
これが尾瀬。
思っていたそのまんま。


1577_✩朝靄の池塘_convert_20170722181237


振り向くと、見晴の山小屋の向こうにでっかい燧ケ岳☆
ここにいたのか〜!


1622_✩平滑の3_convert_20170722181615


原っぱからは湯気が立ち上る。
もやもやの中にポツポツと立つ木々が幻想的。


1634_三条の滝上部_convert_20170722182120


早朝の尾瀬ヶ原を十分に堪能。
いつまでも見ていたかった…


1643_✩滝壺_convert_20170722182230


今日は三条の滝経由で裏燧を御池まで戻ります。

平滑の滝から三条の滝までは、
クサリ、ハシゴのアドベンチャーを満喫。
おかげで三条の滝では今回唯一の達成感☆
歩きながらずーっと聞いていた滝の音が今でも耳を離れません。


1653_✩ワタスゲ田代_convert_20170722182748


その後は、小さな湿原を何個も巡る帰り道。
やっぱり溢れんばかりのワタスゲが、
いくつもいくつもゆれて待っていてくれました。


1657_✩吊り橋_convert_20170722182408


なごり惜しい燧ケ岳裾野1周のハイキングも、
最後の湿原を過ぎるとすぐに御池登山口。
とうとう戻って来てしまいました。


1668_✩ワタスゲを行く2人_convert_20170722182602


初めての尾瀬、
お天気にもまずまず恵まれて、
北半分を満喫することができました。


1686_✩溢れるワタスゲ2_convert_20170722182901


秋は南側を制覇、
そして至仏山と燧ケ岳はいつ登ろうかな…


1695_燧の湯_convert_20170722183026



初めての尾瀬 前半 尾瀬沼から見晴、竜宮へ ♪♪


1444_✩尾瀬沼へ_convert_20170722083557


梅雨の真っ只中。
それでも3連休はどこかには行かねば…


1432_✩大江湿原5_convert_20170722083441


と思っていた矢先、
"尾瀬に行きませんか?"
"はい、行きます!"…即食いつきました。


1450_✩ニッコウキスゲの道_convert_20170722083715


前日の仕事は余裕を持って切り上げ、山行の準備。
意外に手間取り、興奮して眠れないのも加わり、睡眠時間は不足気味。
なのに行きの道中もウキウキして眠れません。


1497_✩森_convert_20170722083958


雨の予報は見事にハズレ ♪♪
さぁ出発です!


1507_✩最初の尾瀬ヶ原_convert_20170722084111


沼山峠からスタートです。


1516_✩弥四郎小屋から尾瀬ヶ原_convert_20170722084215


大江湿原ではワタスゲが大勢でお出迎え☆
まるでパラダイス!みんな大喜びです。


1522_✩池塘_convert_20170722084347


同行者2名が腹が減ったとのことで、さっそく湖畔の休憩所でカレーライス。
燧ケ岳がデカすぎる〜


1533_✩離れる瞬間_convert_20170722084626


ポツポツと落ちて来た雨も樹林帯の中だったので、全く影響なし。
浅湖湿原では水芭蕉も待っていてくれて大感激。
池塘ではサンショウウオの姿も。


1544_✩至仏山方向_convert_20170722084817


沼尻を経てついに見晴に到着。
尾瀬ヶ原、広すぎる〜!
今までの湿原は子どもたちだったのか。


1545_✩分岐_convert_20170722084933


一休みした後で湿原を散策。
どこまでも続く木道。
湿原の中にポツリポツリと立つ白い木。
川ではイワナが飛び跳ねていました。


1550_✩湿原の木3_convert_20170722085043


曇り空で、燧ケ岳も至仏山もお星さまたちも雲の中。
だけど、それでもここは本当に天国。


1555_弥四郎小屋_convert_20170722085235


下界の灼熱地獄をよそに、薄着では寒い夜が更けていきました。


1563_✩夕暮れの尾瀬ヶ原_convert_20170722085331




ニッコウキスゲは今年もガスガス(>_<)


1924_きいろ6_convert_20170704065830


思い起こせば昨年の今日。
ガスの湿原のリベンジを果たすべく、2週続けて雄国へチャレンジ!
見事、山も沼も超気持ち良い、大満足の山行となりました。


そして1年後…

1335_✩もっと暗くなった_convert_20170703201857


1363_✩コバイケイソウ_convert_20170703201439


豪雪により季節は1週間後ろ倒し。
ようやく本日、ニッコウキスゲが見頃を迎え、湿原へLet's go!


1344_✩ニッコウキスゲとコバイケイソウ_convert_20170703201346


結果はタイトルのとおり、状況は写真をご覧ください。
来週、2年続けてのリベンジ山行は…ない予定です。


1388_✩ヤグルマソウ2_convert_20170703201727


1354_✩レンゲツツジとニッコウキスゲ_convert_20170703201416


なお、早朝の登山口到着5分前、道端で割と大きな子グマに遭遇しました。
皆さん、お気をつけくださいませ。


1331_✩ブナ林_convert_20170703201132


1394_土湯温泉_convert_20170703202831


もう一つのホームマウンテン ♪♪




1238_✩魔女の瞳2_convert_20170618212924


距離的に一番近いお山は実はこちら。
ただし登山口までの時間は2番目。
あともう一つ安達太良山とは大きな違いがありました…

てんくら予報は1日中A、明日もA。
朝起きると雲ひとつない青空が広がってる〜 ♪


1201_✩雪渓2_convert_20170618213056


絶好のコンディション…のはずが、
車の中からふと見上げると山頂だけが雲の中?
結局、今回もてんくらよりもwindyが正解でした。


1215_✩一切経へ_convert_20170618213153


半年ぶりの登山道は途中に雪渓が何度も登場。

気持ちの良い木道や見晴らし抜群の稜線。
砂礫の急登もあるもののそれほど苦もなく山頂へ。



1232_✩ところが青空2_convert_20170618213313


山頂直前までガスガスが濃くなる一方。
それでもやっぱり悪運が強い!

山頂広場に出た途端に青空〜 ♪♪
魔女の瞳にも3年振りの再会できました☆


1240_✩魔女の瞳4_convert_20170618213443


青空はわずか10分でまたガスの中へ。
それでも十分。


1264_✩鎌沼と東吾妻山2_convert_20170618213928


下山は鎌沼をぐるっと回って絶景を堪能。
お花もたくさん咲いていて最後はワタスゲの群生地を経由。
吾妻小富士は今日はパスしたけどここはお鉢巡りも可能。


1278_沼沿いの雪_convert_20170618214056


1228_✩イワカガミ4_convert_20170618214334


浄土平周辺のお山は絶景の連続で見どころ満載、
ホント良い山域だと思う。


1288_✩チングルマ群落_convert_20170618214448


でも、帰り道、
当然温泉に寄るつもりが、
途中の高湯温泉は日帰り立寄り湯、満車と時間切れで断念。
結局、自宅でシャワーとなりました。


1311_✩ワタスゲ7_convert_20170618214229




ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
blog list
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
検索フォーム
レース情報
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ