< >

ザ・サークル


361586_001_convert_20171118175334.jpg


ハズレ、つまらなかった。
あまり期待していなかったのにそれをも下回る。


M-063_Circle_06049R_convert_20171118175437.jpg


フィナーレもいかにも中途半端。
”えっ?終わったの”って感じ(笑)

ElCirculo_ES_MovieStill9_convert_20171118175415.jpg


img_0_m_convert_20171118175458.jpeg





ドリーム


1014156_02_convert_20171116172356.jpg


いつものハリウッド映画。
王道パターンそのままで安定感抜群。


640_convert_20171116172420.jpg


途中は涙で、見終わってスッキリ。


hf-gallery-03-gallery-image_convert_20171116172443.jpg


それににしてもこの酷い人種差別が、
ほんの50年前の出来事であることに胸が詰まる。


b133c8747382ef61_convert_20171116172527.jpg




マーラー5番


2848_ソニックシティホール_convert_20171112175246


日本フィルハーモニー交響楽団
第104回さいたま定期演奏会

指揮/山下一史
ヴァイオリン/木嶋真優

ブルッフ/ヴァイオリン協奏曲第1番
マーラー/交響曲第5番

ソニックシティホール


2849_ソニックシティホール2_convert_20171112175333


久々、今年ようやく3回目のコンサート。

こんな趣味があったなんてもう忘れていたくらい。

なのに、悪夢のような出来事の影響で、
今ひとつ集中出来なかった。


2850_アンコール_convert_20171112175422


ホールは大盛り上がりだったのに、残念。


104th-SSC-omote_convert_20171112175539.jpg




2017年10月の読書まとめ

10月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:874
ナイス数:55

インフェルノ(中) (角川文庫)インフェルノ(中) (角川文庫)感想
テンポが落ちて説明増えた。下巻は一気か?
読了日:10月07日 著者:ダン・ブラウン
インフェルノ (下) (海外文学)インフェルノ (下) (海外文学)感想
尻すぼみ。次々と起こる転換がいかにもって感じ。上巻が1番よかった。
読了日:10月21日 著者:ダン・ブラウン
速くなる!  栗村修のロードバイク「輪」生相談速くなる! 栗村修のロードバイク「輪」生相談感想
まぁまぁ面白かったけど時間つぶし。ネットで都度読んでる方が良い感じ。
読了日:10月21日 著者:栗村 修
パッとしない子 (Kindle Single)パッとしない子 (Kindle Single)感想
Amazonでタダだったので読みました。著者らしい怖い話。調子に乗って自分しか見てない奴は私も大嫌いです。
読了日:10月25日 著者:辻村 深月

読書メーター




2017年9月の読書まとめ


9月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1546
ナイス数:64

気がつけば100km走ってた気がつけば100km走ってた感想
ホント同感です。書いてあることほとんど肯けます。こんなに共感できる本に出会えて幸せです。昨年の8月、ロードバイクの入門雑誌をふと手にとり、そこからいろいろ悩んで3ヶ月。ようやく決断して12月に納車。今朝もひとっ走り汗をかいて来ました。まだそんなに乗れてなくて、レースもグランフォンドも参加したことはなく、輪行もしたことありませんが、ゆっくりハマっていこうと思っています。
読了日:09月03日 著者:鶴見 辰吾


僕のジロ・デ・イタリア僕のジロ・デ・イタリア感想
自転車ロードレースのノンフィクション。とても面白かった。同様の本でエスケープ、アタックは内部を取材して書いたものだが、本作は出場選手のインサイドレポート。先頭を走っている訳ではなくハラハラドキドキ感は薄いが、グランツールの内側の世界を覗くことができ非常に興味深かった。それにしてもまたこの表紙画像。本書の装丁は白い表紙にピンクの小さな文字でGiro d'Italia、その下に黒で少し大きめの文字でタイトルと著者名と非常に感じの良いものなのに読書メーターは台無しに…ブクログはちゃんとした表紙を表示してるのに。
読了日:09月05日 著者:山本元喜


インフェルノ(上) (角川文庫)インフェルノ(上) (角川文庫)感想
やっと読み終わった。とは言ってもまた上巻。次は下巻なの?中巻に続くって書いてあるけど⁇
読了日:09月06日 著者:ダン・ブラウン


落陽落陽感想
明治神宮創建を一つのエピソードとした、明治維新からその後の時代を生き抜いた人たちの物語。若き明治天皇の姿と、現代の我々とは全く異なる価値観を持つ当時の一般国民の生き方が胸を打つ。何百万人という国民を殺した反省もなく、ここに来て再び軍備増強を進める日本国政府。自国の尊厳を守るどころか、拉致や人質など他国に命を脅かされる自国民を助けることもなく、盲目的に米国に追随するだけの無能な為政者。この本に登場する人たちの思いを無にする昨今のこの国の現状を考えるにつけ、明治維新が本当に必要だったのか考えさせられてしまう。
読了日:09月17日 著者:朝井 まかて


それでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫)それでも、日本人は「戦争」を選んだ (新潮文庫)感想
我が国の現首相をはじめ政権与党議員の愚かさがよく理解出来る本。政治システムが機能不全となっている現在、懐古趣味の年寄りのポチに成り下がっている文科省の検定などやめて、本書を中学、高校の教科書に採用して欲しい。我が国の報道機関が取上げないため国内ではほとんど知られていないが、国際的に常識になりつつあるトランプの米国とその唯一の親友が率いる我が国の北朝鮮問題を契機とした世界的な孤立。そんなものに付き合わされたくないので、今回の総選挙では是非とも自民党を大敗させたいと思う。再読してさらに理解を深めたい。
読了日:09月24日 著者:加藤 陽子

読書メーター



ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
blog list
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
検索フォーム
レース情報
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ