< >

ダンケルク


160805dunkirk-w960_convert_20170917181133.jpg


久々の映画。
なんと3ヶ月ぶり。


Dunkirk_convert_20170917175821_convert_20170917175850.jpg


仕事の内容が変わって平日は無理。

休日も行きつけの映画館のサービスが低下して
足が向かなくなりました。


dunkirk-trailer_convert_20170917175805.jpg


さて、本作品。
臨場感がすごい。
というか、まさに自分が戦場にいる感じ。

今にも殺されそう。


201707181431843000_convert_20170917175744.jpg


ストーリーはなく、
ただ撤退作戦の遂行のみ。

それを陸海空軍と民間の立場から描く。


maxresdefault-2_convert_20170917175934.jpg


ドギツイ映像もないのに、
淡々と描く映像が恐怖感を煽る。

戦闘機のエンジン音に天井を見上げ、
銃撃の音に身をすくめる。


d2b21c9614ed383aeff6fd9b24d576fd.jpg


さすが英国軍、
バックに流れるニムロッドがとても良かった。


dunkirk2_convert_20170917181614.jpg


3万人の救出目標に対して成果は30万人。

国民が他国に拉致されたり人質に取られても知らん顔をする何処かの国と、
国民の命を最優先する国の違いなのでしょうか。


176-dunkirk-2_convert_20170917175647.jpg


ミサイルを連発するキチガイ国が調子に乗っている状況下の今、
自己保身のために国会を解散するとか言ってる発達障害のうつ病ジジイに見せてやりたい映画です。


5a93b6f5_convert_20170917181053.jpg


台風が来る前に!安達太良山でガイド登山 ♪♪


2176_✩空は白いよね…_convert_20170917095733


唐松岳リベンジを目論んでいた3連休。
またも台風直撃予報で断念。
本当に今年のお天気は最悪です。


2177_✩いつもの旧道_convert_20170917095857


2180_✩石ころの道へ_convert_20170917095959


同行予定の1名から土曜日近場なら行けるのでは?との要請。
家でじっとしていてもしょうがないのでモヤモヤを晴らしに出かけて来ました。


2187_✩ナナカマド_convert_20170917100231


2186_✩色づき始め_convert_20170917100112


同行した友人は安達太良山初登山。
なのでいつもの私のコースをご案内。
地球とは思えない爆裂火口の風景に言葉を失っていました。


2191_✩湿原は草紅葉_convert_20170917100345


2190_✩ガスってます_convert_20170917100454


ガイドに徹した私はそれだけで満足。
空が白いのは我慢しましょう。
山頂からの眺めが真っ白なのもガマンガマン。
ちんたら下山してるのに抜かさせてくれない大集団にもじっと我慢(-_-;)


2195_峰の辻_山頂はガス_convert_20170917100606


2199_✩沼の平2_convert_20170917100737


人が少なく、下山後の"奥岳の湯"も空いていて、
安達太良山フルコースを満喫していただきました。


2200_鉄山_convert_20170917100858


2202_✩山頂_convert_20170917101011


この後しばらくは週末の予定が混雑していて、
遠くのお山には今年はもう無理かも…
欲求不安が残る今シーズンになりそうです。


2208_✩山頂_convert_20170917101152


2210_✩山頂から広場_convert_20170917101258





2度目の月山 ♪


2147_✩三角点から日本海方面_convert_20170911221419


今日は日本中が晴れの日!
"どこかには行かなきゃ"
前日考えていたのは1番近場のホームマウンテンだったけど…


2081_✩降り口_convert_20170911220304


2098_✩月山湖と草紅葉_convert_20170911220424


"晴れ、きっと雲ひとつない晴れ。
もしかしてガス山も晴れ?こんなチャンスは滅多にない⁇"
…と妄想が膨らみ、ちょっと遠いけど2度目の月山へ。


2109_✩登り返し_convert_20170911220559


2133_✩南側_convert_20170911220741


天気予報どおり晴れました。
途中途中で雄大な眺めを満喫。
でもお山の周辺の低いところに雲が居座ってしまい、
楽しみにしていた鳥海山から海にかけての景色はお預けでした。


2138_✩来た道_convert_20170911220910


お天気とは違い身体の調子が今ひとつで大苦戦。
最後の急登はあくびが出て気持ちが悪くなってヘロヘロに。


2140_✩ほぼ到着_convert_20170911221025


キツかった〜(>_<)
おまけに脚がつって、しかも両足。


2144_✩弥陀ヶ原の方_convert_20170911221144


道端で座り込んでいたら"行き倒れかと思った"などど言われる始末。
最近あまり登っていないせいでしょうか?


2148_✩三角点から湯殿山_convert_20170911221302


リフトで降りた後はいも煮と玉コンで元気復活。
少し熱めの温泉も気持ちいい〜 ♪♪
やっぱり休日の本命はお山だなぁ✨


2173_✩芋煮_convert_20170911221943





2017年8月の読書まとめ


8月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1826
ナイス数:78

脱・初心者! もっと楽しむ山登り 山ガール先輩のクール・メソッド62脱・初心者! もっと楽しむ山登り 山ガール先輩のクール・メソッド62感想
購入後1時間半で一気読み。千穂さんの経験に基づく様々な工夫がなるほどって感じで、これから役に立ちそう。すでに分かっていたことも、今までは断片的だったのが体系的に整理されていて頭の中がスッキリ。山登りを始めて3年目、新しい登山靴とテントが欲しくなっているこの頃です。
読了日:08月05日 著者:小林 千穂


奔馬―豊饒の海・第二巻 (新潮文庫)奔馬―豊饒の海・第二巻 (新潮文庫)感想
1巻とは趣が異なるがそれぞれに素晴らしい。明治から昭和へ、純粋で一途、厳しくも美しい物語で、格調高く読み難い文章ながら引き込まれ一気読み。何たら大賞などがバカらしくなってしまう潔い内容。今風の流行作家には発想すらできないであろうこれぞ文学作品。
読了日:08月14日 著者:三島 由紀夫


新装版 ウランバーナの森 (講談社文庫)新装版 ウランバーナの森 (講談社文庫)感想
どちらかといえばお笑い系というよりはまじめ系寄りの作品でした。タオさんとの絡みは良かったけど、本文よりも二十年後のあとがきの方が面白かった。ドクターが伊良部先生だったら良かったのに。
読了日:08月20日 著者:奥田 英朗


自転車会議自転車会議感想
自転車後進国のニッポン。2009年から全く状況は変わらず進展ゼロ。情けない。
読了日:08月20日 著者:疋田 智,片山 右京,今中 大介,勝間 和代,谷垣 禎一


より速く、より遠くへ! ロードバイク完全レッスン 現役トップアスリートが教える市民サイクリストのトレーニング法 (SB新書)より速く、より遠くへ! ロードバイク完全レッスン 現役トップアスリートが教える市民サイクリストのトレーニング法 (SB新書)感想
なかなか面白く読めました。やっぱりどうせ走るなら早く遠くまで走りたいので、最後の体幹トレーニングに挑戦してみようかなと思います。もう少し涼しくなったらですが。
読了日:08月26日 著者:西 加南子


美しい星 (新潮文庫)美しい星 (新潮文庫)感想
難しかった。音楽で言えばまさに現代音楽、真剣に読み込まないと理解不能。大地震により東京電力の原子力発電所が大爆発し大量の放射性物資が全世界にぶちまけられたあの日、北朝鮮からミサイルが飛んできた今日、お父さんに守られて我々は生き延びているのであろうか?最後まで読み通すのが本当にしんどかった。
読了日:08月29日 著者:三島 由紀夫

読書メーター




土砂降りと雷の八方池…モヤモヤ解消に新しい登山靴 ♪♪


1979_✩テラスからの眺め_convert_20170821212355


翌日…
夜中は土砂降り、
朝も予想どおり厚い雲と小雨模様。
ご来光は断念。


1982_✩朝焼け_convert_20170821212901


お弁当を食べてぐずぐずしてると少し明るくなってきた。
じゃあちょっくら行ってみるか〜


1985_✩雲海_convert_20170821213017


濡れた蛇紋岩はすべるすべる。
でも、雨に濡れたお花はとてもきれい。
いろんなお花が満開でちょうど見ごろの時期でした。


1989_何も見えないけどとりあえず_convert_20170821213157


第2ケルンからはポツポツと雨が落ちてきて、
八方池では本降り、雨具を着込む。
そしてだんだん降りかたはひどくなる。


1997_✩雪渓登場_convert_20170821213332


高い尾根の方を見るとさらに厚い雲。
途中抜かしてきた団体さんたちは上を急ぐけど、どうしよう…
とその時、ゴロゴロゴロゴローっ!っと雷⚡️


2010_✩八方池発見_convert_20170821213430


こういう時に限って周りに誰もいない。
で、やめました。


2020_✩雨の八方池_convert_20170821213639


そそくさと下山。
山荘まで降りる頃には雨も止んで、
昨日下見したところでカップラーメン ♪


2032_✩全く見えなくなり雷ゴロゴロ_convert_20170821213756


その後またポツポツときて山荘に戻るといきなり土砂降り。
あとは止むことはありませんでした。


2013_✩雲海_convert_20170821213536


台風で予定を変更したにもかかわらず、
結局、達成感のない残念な夏休み。
また、リベンジの計画を立てないとです☆


2060_ジャンプ台_convert_20170821213923


で、帰り道…
ちょっと寄り道しておニューの登山靴をオーダー!
出来上がりは11月☆
待ち遠しい〜 ♪♪(*^^*)


2081_ゴロー_convert_20170821214014





ご訪問ありがとうございます!
プロフィール

andante

Author:andante
仕事一筋25年。そんな生活に疲労困憊。心機一転、プライベートを充実させようと思ったのに、家族には相手にされずひとりぼっち。クラシック音楽と温泉が大好き。楽器の演奏とフライフィッシングが上手になりたいよ〜♪♫

記念日♪♪
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
twitter
最新トラックバック
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
blog list
*takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩さんの読書メーター *takahiro✩の最近読んだ本
検索フォーム
レース情報
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ